生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

客観視する(良いイメージを持つ)

ぺん子「客観視しようと思っても、中々人のことまで考えることって難しいものよね。」

ぺんぺけ「食べすぎないように、客観視してみるぺけけ〜」

ぺん子「まあダイエットするにはそれも大事かもしれないね。」

ぺんぺけ「食べ物の誘惑には勝てないぺけ〜」





客観視するために注目すべきこととは。。。


「あなた、自分のことしか考えてないでしょ?」
「自分さえよければいいと思っている。」
「もうちょっと自分を客観的に見たほうがいいよ。」

ある時私はそう言われて、

「そもそも人間てみんな“自分さえよければいい”と、
思ってるんじゃないの?上から目線で、すっごい腹立つ。」

と思ったことがあります。

「自分さえよければいい。」そう思っていました。

ところで、生きていくためにはお金が必要です。
お金はどうやったらもらえますか?

基本的には働いたらもらえますよね。

つまり困っている誰かを助けて、その報酬として
お金をもらっています。

「そんなの当たり前じゃん」って言われそうですが、
お金をもらうためには他人のことを考えなければなりません。

だから「自分さえよければいい」というのは、
お金を遠ざけていると言えるかもしれません。

お金をいただくには、他人の困っていることを見つけて
解決することです。

そこで他人の立場に立つこと、つまり客観的な視点が
必要になってきます。客観的というのはいろいろな
立場に立って物事を見るということです。

例えばグランドキャニオンに行くとして、自分は
歩くのが一番いい方法だと思ったとします。

でもある人は馬に乗って見るのが最高だと言い、
またある人は、ヘリで上空から見るのが素晴らしい。
と言うのです。

自分を客観的に見る第一歩は、
「自分の考えがベストではないかもしれない。
ほかにもっといい方法があるかもしれない。」
と考えることです。

怒りに流されてしまったとき、
キツイ言い方をしてしまったとき、
「どうして、ああなってしまったのかな?」と、
考える時間を持つことです。

それは失敗から学ぶ、ということでもあります。
もしあなたが失敗から学んでいるとしたら、
自分の客観視はそれでOKです。

同じ失敗を繰り返してしまうのは、
失敗から学んでいないから。たとえば

「よし、これからはイライラしないようにしよう。」

と思ったとします。実はこの考え方が曲者です。

例えば、「お酒を飲んで酔っ払ったなんて、
絶対イメージしないでください。」と言われて、
あなたはイメージせずにいられますか?

イライラと言ったとたんに、イライラにフォーカス
されています。だからここは、「リラックスして物事に
取り組むには、どんな方法があるだろう?」
と考えるべきです。

さもないと同じ失敗をしたときに、自己嫌悪で
いっぱいになってしまいます。

車を運転するとき、どこを見ますか?進行方向に
視点を合わせていますよね。
見た方向に人は進むものです。

常にいい自分をイメージして、失敗してしまった
ときには客観視して修正を重ねていく。

それが成長の秘訣になります。

自分を客観視することができ、自分の理想へと
成長することで、本当に幸せな感情をもつことが
できるようになります。


スポンサーリンク



ぺん子「良くも悪くも、イメージが自分の行動を作り出すのね。」

ぺんぺけ「おいしいと思って食べるようにすれば、おいしくなるぺけか?」

ぺん子「それは客観視ではなくて、暗示な気もするわね。」

は王「極力悪いイメージを持たずに、良いイメージをすることで、自分を良い方向に客観視することができるようになっていくだろうな。」



 

客観視する(良いイメージを持つ)関連ページ

自分に自信を持つ(否定の言葉をスルーする)
否定する言葉を受け入れて行くとどんどん自分に自信がなくなります。言葉の力を信じ、どんどんと肯定な言葉を自分に使っていきましょう。
メンタルブロックの解除(意識を変える思考を身につけよう)
自分で自分をどう思うかによって、自分を制限してしまうことは多々あります。その制限を解除出来た時、あなたは自分の望んだ世界が手に入るのです。
理想の自分に近づける(強くイメージしましょう)
理想の自分に近付くには、なった状態を強くイメージできないといけません。その為の方法を今回は学んでみましょう。
すぐに感情的になる(同じレベルにならない)
感情的になる人に怒っても、同じレベルになるだけのこと。それではいつまでたっても、自分の心を穏やかにすることはできません。
自意識過剰を治す(自信をつけて克服しよう)
自意識過剰は生きていく上でマイナスなことが多いですので、治していく方法を知っていきましょう。
イメージが自分を作る(良いイメージを持とう)
自分が思っているイメージが自分をどんどん作っていきますので、どうせなら良いイメージを持ちたいものです。
芯がぶれる(ぶれない芯を持つためには)
人間決心しても、すぐに根付いたりはしないものです。
モチベーション(苦痛と快楽と意義でモチベーションを保つ)
人は苦痛を避けるために行動し、快楽を得るために行動し、何かの役に立ちたいために行動します。これらを上手に使うことで、モチベーションをコントロールすることができます。
自信をつける簡単な方法(出来ることに目を向ける)
全てにおいて自信がある人はいないでしょうが、そんな自分も大切にすることが出来れば、何にでも自信をもって挑めることになるでしょう。
ストレスとの付き合い方(敵と考えないようにして見よう)
ストレスはマイナスのものと考えられがちですが、物事には2面性があるようにプラスのこともあります。よい刺激に出来れば、飛躍的に人生は好転するでしょう。
本気になれない(本気の出し方とは)
常日頃から本気でしたら疲れてしまいますが、それでも本気を意識することは、よりよい人生に導いてくれます。
心が穏やか(常に心を落ち着けるためには)
人間ですから常に心穏やかは難しいですが、できる限り穏やかに過ごせるようにしてみましょう。
人生は自分が主人公(自分の人生をどう企画するか)
人生は自分が主人公であり、また監督でもあります。自分の人生をどうするかは、自分で決めてよいのです。
生活を整える(幸せの基本は生活リズム)
長期休みやダラダラした生活が続いている時に、一旦自分の生活を整えてみましょう。
自分を信じる(自分を信じて、自分を愛する)
自分を信じることは、同時に自分を愛することにもつながります。
見返りを求めない(いいこと貯金)
見返りを求めない人生を習慣化すると、人生もっと気楽に幸せに生きられるでしょう。
自分に呪いをかけない(マイナスな言葉は使わない)
マイナスな言葉を使い続けていると、呪いにかかったかのように、どんどん悪い方向に引き込まれてしまいます。
先入観をなくす(偏見は損をする)
先入観は身を守るためには必要ですが、視野を広げるためには妨げとなります。
誰も大事にしてくれない…(目を向ける場所)
満たされない部分ばかりに目を向けていては、いつまでたっても満たされない気持ちになります。
自分の限界を知ってしまった(できることはまだまだある)
自分の限界は自分で作るものではありません。できることは、まだまだいくらでもあるのです。
変えられるのは自分だけ(それぞれの立場)
自分が不満に思っていても、相手側の視点で見るとまた、意見が変わってくるものです。
迷った時は「やる」(決断の指針)
迷った時は「やる」と定義づけていると、人生で多くの時間が節約されるかもしれません。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール