生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

芯がぶれる(ぶれない芯を持つためには)

ぺん子「思い立ってもすぐに芯がぶれてしまって、なかなか思い通りの自分になれないわ。」

ぺんぺけ「あんまんの方がおいしいと思ってたけど、今は肉まんの方に心が流されてるぺけ〜」

ぺん子「同レベルにされたくはないけど、ぶれない芯を持つのって大変だよね…」





芯がぶれないようにするには意志だけでは難しい。。。


偉人伝や仕事のドキュメンタリー番組、
努力して賞を取った人のインタビュー、
年をとっても頑張っている人。
そのような番組を見るたびに思うのです。

芯がぶれることがないようになりたい。
自分の好きなことを続けられる人になりたい。
自分の使命があるならそれを見つけたい。

充実した人生を歩みたいと思うのは、
私たち一人一人の願いです。

でもつい飲みすぎたり、ネットゲームやSNS
で時間を取られたり、楽な方に流されて、

「ああ、今日も何もしなかった」
「やっぱり、自分は努力するタイプじゃないし。」

と思ったり、

その一方で心の奥底では、やっぱり芯がぶれる
ことのない自分になることを求めていて、
そのような人を見るとうらやましくなったり
する人は多いのではないでしょうか。

芯がぶれることのない人には、どのような
共通点があるのでしょうか。

積極的で熱意がある。
継続する力がある。
自分のやるべきことをはっきり理解している。
好きなことをやっている。
自信にあふれている。
逆境に負けない。

芯がぶれることのない人になりたいけれど、
自分の努力だけでこれらを身に着けるのは
ちょっと大変そうですよね。

芯がぶれない人は生まれつき決まっているのでしょうか?

同じ人間、同じ脳のシステムを持っているのですから、
内面的な部分は同じレベルになれるはずです。

ロッキーという映画をご存知ですか。
主人公が練習を重ね、ボクシングのチャンピオンに
なる成功物語です。

映画を観終わって出てくる人を見ると、なぜか
ファイティングポーズをしている人が多いのだそうです。
映画の主人公の影響を受けたのですね。

映画でもこれほどの影響を与えることができるのです
から、やる気のある人になりたいのなら、やる気が
ある人のグループに入るのが一番早い方法です。

加えて、やる気のない人とは距離を置く必要が
あります。どちらも同じくらい重要です。

友達が少なくなるような気がするかもしれません。
最も信頼している人があなたの邪魔をする
かもしれません。でもできるだけ自分がそうなりたい、
と思う人だけ付き合うようにします。

以前の仲間は、
「こっちの方が楽だよ。前みたいに遊ぼうよ。」
と誘うかもしれません。あなたが変化すると、その人たちも
変化せざるを得ません。ある意味であなたは脅威なのです。

これを克服して初めて「芯がぶれない心を持つ人」に
なることができます。そして芯がぶれない自分を持った
仲間ができます。

なりたい人物を見つけ、考え方、ものの見方を学び、
真似をする。学ぶことは真似ることからの語源で
あるともいいます。

手本となる人から大いに学び、自分を成長させましょう。

そうすることで、より豊かで幸せな人生を歩むことが
できるでしょう。


スポンサーリンク



ぺん子「付き合う人を変えることは確かに重要なことかもしれないわね。」

ぺんぺけ「あんまん派と肉まん派とどっちの人と仲良くするか迷うぺけ〜」

ぺん子「両方派の人とつきあったらいいんじゃないの?」

は王「人間自分の意志で芯を変えられるほど強くはできていない。付き合う人を変え、習慣を変えていくことがぶれない芯を持つためには重要になってくるな。」



 

芯がぶれる(ぶれない芯を持つためには)関連ページ

自分に自信を持つ(否定の言葉をスルーする)
否定する言葉を受け入れて行くとどんどん自分に自信がなくなります。言葉の力を信じ、どんどんと肯定な言葉を自分に使っていきましょう。
メンタルブロックの解除(意識を変える思考を身につけよう)
自分で自分をどう思うかによって、自分を制限してしまうことは多々あります。その制限を解除出来た時、あなたは自分の望んだ世界が手に入るのです。
理想の自分に近づける(強くイメージしましょう)
理想の自分に近付くには、なった状態を強くイメージできないといけません。その為の方法を今回は学んでみましょう。
すぐに感情的になる(同じレベルにならない)
感情的になる人に怒っても、同じレベルになるだけのこと。それではいつまでたっても、自分の心を穏やかにすることはできません。
自意識過剰を治す(自信をつけて克服しよう)
自意識過剰は生きていく上でマイナスなことが多いですので、治していく方法を知っていきましょう。
イメージが自分を作る(良いイメージを持とう)
自分が思っているイメージが自分をどんどん作っていきますので、どうせなら良いイメージを持ちたいものです。
モチベーション(苦痛と快楽と意義でモチベーションを保つ)
人は苦痛を避けるために行動し、快楽を得るために行動し、何かの役に立ちたいために行動します。これらを上手に使うことで、モチベーションをコントロールすることができます。
自信をつける簡単な方法(出来ることに目を向ける)
全てにおいて自信がある人はいないでしょうが、そんな自分も大切にすることが出来れば、何にでも自信をもって挑めることになるでしょう。
ストレスとの付き合い方(敵と考えないようにして見よう)
ストレスはマイナスのものと考えられがちですが、物事には2面性があるようにプラスのこともあります。よい刺激に出来れば、飛躍的に人生は好転するでしょう。
本気になれない(本気の出し方とは)
常日頃から本気でしたら疲れてしまいますが、それでも本気を意識することは、よりよい人生に導いてくれます。
心が穏やか(常に心を落ち着けるためには)
人間ですから常に心穏やかは難しいですが、できる限り穏やかに過ごせるようにしてみましょう。
客観視する(良いイメージを持つ)
客観視するために重要なことは、悪いイメージは極力排除することになります。
人生は自分が主人公(自分の人生をどう企画するか)
人生は自分が主人公であり、また監督でもあります。自分の人生をどうするかは、自分で決めてよいのです。
生活を整える(幸せの基本は生活リズム)
長期休みやダラダラした生活が続いている時に、一旦自分の生活を整えてみましょう。
自分を信じる(自分を信じて、自分を愛する)
自分を信じることは、同時に自分を愛することにもつながります。
見返りを求めない(いいこと貯金)
見返りを求めない人生を習慣化すると、人生もっと気楽に幸せに生きられるでしょう。
自分に呪いをかけない(マイナスな言葉は使わない)
マイナスな言葉を使い続けていると、呪いにかかったかのように、どんどん悪い方向に引き込まれてしまいます。
先入観をなくす(偏見は損をする)
先入観は身を守るためには必要ですが、視野を広げるためには妨げとなります。
誰も大事にしてくれない…(目を向ける場所)
満たされない部分ばかりに目を向けていては、いつまでたっても満たされない気持ちになります。
自分の限界を知ってしまった(できることはまだまだある)
自分の限界は自分で作るものではありません。できることは、まだまだいくらでもあるのです。
変えられるのは自分だけ(それぞれの立場)
自分が不満に思っていても、相手側の視点で見るとまた、意見が変わってくるものです。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール