生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

モチベーション(苦痛と快楽と意義でモチベーションを保つ)

ぺん子「仕事も生活もマンネリ化してきて、イマイチモチベーションを保てないわ。」

ぺんぺけ「お腹がすいて、モチベーションが低下気味だぺけ〜」

ぺん子「さっき昼食食べたばかりじゃないの!」

ぺんぺけ「3時のおやつがいるぺけけ〜」





短期的なモチベーションと長期的なモチベーション。。。


あなたはどうやってモチベーションを維持していますか?

時間ギリギリにならないとモチベーションが上がらない人、
好きなことではモチベーションが上がるのに、ある業務
ではさっぱりな人。

何かを続けるのにも、モチベーションは不可欠です。
モチベーションの根底にあるのは感情です。

嫌いなことをいくら知識で説得しようとしても、
心から納得しなければモチベーションが下がるのは
当然のことです。

突然ですが、あなたはなぜ会社に行くのでしょう。

お給料をもらうため?
責任を果たすため?
行かないと怒られるから?

人は喜びを得るため(給料をもらう…など)、
痛みを避けるため(上司から怒られる)、
に行動します。

朝、「遅刻をすると怒られるから間に合うようにでかけよう」
というように、短期的にモチベーションを保ちたいなら、
痛み(怒られること)を避けることをモチベーションに
すれば、すぐに行動できます。

ギリギリになると思わぬ底力が発揮される経験が
ある人はいませんか。

人は痛みを避けることをモチベーションとした方が行動
できます。生物としての本能がそうさせているのです。

問題は続けているとストレスがたまってくることです。

長期的にモチベーションを保ちたいのなら、
喜びを得ることにフォーカスすることです。

登山家が高い山に到達できたり、マラソンを走る人が
最後まで走れたりするのは、周りからの応援があったり
ゴールした時の喜びをイメージできているからです。

この2つのモチベーション維持法を使えば、
モチベーションを維持することができます。

馬が走るにはニンジンが必要なのです。
人が続けるには報酬が必要です。
行動を取ったら100円を貯金箱に入れたり、日記に
書いたり、自分にちょっとしたご褒美を与えることです。

「そんなことをするとご褒美がないとやらない人に
なってしまうのではないか?」と思うかもしれません。

褒美をもらわずに意味のない作業を続けることほど
苦しいことはありません。

「バケツの中いっぱいに入った水を、隣にある空のバケツに
ティースプーンで水を移しなさい」と言われたら、
褒美なしでは発狂してしまうかもしれません。

それがバケツではなく、小さな苗木だったとしたら
どうでしょう。抵抗なくできると思いませんか。
人は誰かの役に立ちたいのです。

モチベーションが落ちた時、
「これはだれのためになっているだろう」
と考えることも大切です。

痛みと快楽、誰のため。この3つを考えることが、
モチベーションを保つ秘訣になります。

こうしてモチベーションを自由にコントロールできる
ようになれば、また一つ幸せマインドを手に入れたと
言えるでしょう。


スポンサーリンク



ぺん子「苦痛を避けるためと、喜びのためと、モチベーションを得る時間によって使い分けるのが大切ってことね。」

ぺんぺけ「おいしいものの供給は、常に必要だぺけ〜」

は王「一時的に一気にモチベーションを保ちたいなら苦痛を避ける行動、長期でのモチベーションを保ちたいなら、成功や誰かのために役立つ行動。上手に使い分けることで、必要な時にモチベーションをあげることが出来るようになるだろう。」



 

モチベーション(苦痛と快楽と意義でモチベーションを保つ)関連ページ

自分に自信を持つ(否定の言葉をスルーする)
否定する言葉を受け入れて行くとどんどん自分に自信がなくなります。言葉の力を信じ、どんどんと肯定な言葉を自分に使っていきましょう。
メンタルブロックの解除(意識を変える思考を身につけよう)
自分で自分をどう思うかによって、自分を制限してしまうことは多々あります。その制限を解除出来た時、あなたは自分の望んだ世界が手に入るのです。
理想の自分に近づける(強くイメージしましょう)
理想の自分に近付くには、なった状態を強くイメージできないといけません。その為の方法を今回は学んでみましょう。
すぐに感情的になる(同じレベルにならない)
感情的になる人に怒っても、同じレベルになるだけのこと。それではいつまでたっても、自分の心を穏やかにすることはできません。
自意識過剰を治す(自信をつけて克服しよう)
自意識過剰は生きていく上でマイナスなことが多いですので、治していく方法を知っていきましょう。
イメージが自分を作る(良いイメージを持とう)
自分が思っているイメージが自分をどんどん作っていきますので、どうせなら良いイメージを持ちたいものです。
芯がぶれる(ぶれない芯を持つためには)
人間決心しても、すぐに根付いたりはしないものです。
自信をつける簡単な方法(出来ることに目を向ける)
全てにおいて自信がある人はいないでしょうが、そんな自分も大切にすることが出来れば、何にでも自信をもって挑めることになるでしょう。
ストレスとの付き合い方(敵と考えないようにして見よう)
ストレスはマイナスのものと考えられがちですが、物事には2面性があるようにプラスのこともあります。よい刺激に出来れば、飛躍的に人生は好転するでしょう。
本気になれない(本気の出し方とは)
常日頃から本気でしたら疲れてしまいますが、それでも本気を意識することは、よりよい人生に導いてくれます。
心が穏やか(常に心を落ち着けるためには)
人間ですから常に心穏やかは難しいですが、できる限り穏やかに過ごせるようにしてみましょう。
客観視する(良いイメージを持つ)
客観視するために重要なことは、悪いイメージは極力排除することになります。
人生は自分が主人公(自分の人生をどう企画するか)
人生は自分が主人公であり、また監督でもあります。自分の人生をどうするかは、自分で決めてよいのです。
生活を整える(幸せの基本は生活リズム)
長期休みやダラダラした生活が続いている時に、一旦自分の生活を整えてみましょう。
自分を信じる(自分を信じて、自分を愛する)
自分を信じることは、同時に自分を愛することにもつながります。
見返りを求めない(いいこと貯金)
見返りを求めない人生を習慣化すると、人生もっと気楽に幸せに生きられるでしょう。
自分に呪いをかけない(マイナスな言葉は使わない)
マイナスな言葉を使い続けていると、呪いにかかったかのように、どんどん悪い方向に引き込まれてしまいます。
先入観をなくす(偏見は損をする)
先入観は身を守るためには必要ですが、視野を広げるためには妨げとなります。
誰も大事にしてくれない…(目を向ける場所)
満たされない部分ばかりに目を向けていては、いつまでたっても満たされない気持ちになります。
自分の限界を知ってしまった(できることはまだまだある)
自分の限界は自分で作るものではありません。できることは、まだまだいくらでもあるのです。
変えられるのは自分だけ(それぞれの立場)
自分が不満に思っていても、相手側の視点で見るとまた、意見が変わってくるものです。
迷った時は「やる」(決断の指針)
迷った時は「やる」と定義づけていると、人生で多くの時間が節約されるかもしれません。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール