生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

迷った時は「やる」(決断の指針)

ぺん子「何かをやろうとしても、動くのが面倒な時ってあるわよね。」

ぺんぺけ「行ってみたいお店があっても、雨が降ってると悩むぺけ〜」

ぺん子「ぺんぺけが食で悩むなんて珍しいわね。」

ぺんぺけ「自宅でも美味しいもの食べられるぺけ〜」





迷ってる時間がもったいないのか。。。


あなたは決断が早い方ですか?それとも、優柔不断で
ぐずぐずと迷っているタイプでしょうか?

人生には大きいこと、小さいこと、数えきれないくらい、
どちらかを選ばなければいけない場面があります。

そんな時、時間をかけていつまで悩んでいても、結果が
どうなるかは運しだい。悩んだ時間 = 良い結果、
ではないところが人生の面白いところです。

ですから、迷った時は「やる」と決めてしまうのも、人生を
スムーズにしていく一つの方法なのではないでしょうか。

迷った時は「やる」と決めるだけで、人生に勢いがつくのです。

たとえば今日は部屋に掃除機をかけようか、どうしようか…
見た目は汚れていないけれど、見えない汚れはかなり
あるはず…だけど面倒くさいしなぁ…
でも、掃除機をかけるとスッキリするよね…

なんて迷っている間に、掃除機くらいかけられてしまうもの。
そしてもちろん、掃除機をかけた後には100%スッキリ
した気分になりますね。

だったら、迷った時は「やる」。その方がほとんど
あなたにとってお得です。

また、大きな決断を迫られている場合…

たとえば大きな仕事を頼まれてしまったけれど、
自分の能力的に荷が重い…
だけど断ったら上司の評価は下がるだろう…
でも自分にできるとは思えないし…
だからといって断れる立場にもないんだよなぁ…

なんていう時も、迷った時は腹をくくって「やる」と
決めてしまうと、気分が楽になります。

確かに結果の保証はできません。

プロジェクトはうまくいくかもしれないし、うまくいかない
かもしれない。上司の評価は上がるかもしれないし、
下がるかもしれない。

でも悩んで迷っているのなら、「たぶん、やった方が
いいんだよな…」という気持ちも強いはず。

だとしたら、迷った時は「やる」。

「やる」と決めて全力を尽くしたら、
結果はどうなっても仕方がないことなのです。

失敗することで、「自分にはこういう仕事は向いて
いない」とわかるかもしれない。

「こういう方法では失敗するのだ」と理解できることも学び
だし、仕事の成果には結びつかなくても、頑張っても
失敗する人の気持ちが分かるようになるかもしれない。

結果まですべて責任を取る、と決めてしまえば、
あなたにとっては全てが学びとなります。

だとしたら、ぐずぐず悩んでいるうちにタイムオーバー…
なんていうのは、あまりにももったいないことです。

迷った時は「やる」。

少なくとも、あなたは一つ、行動を起こします。
少なくとも、あなたは一つ、何かを得るでしょう。
少なくとも、あなたは一つ、成長できることでしょう。


スポンサーリンク



ぺん子「迷ってる時間があったらやった方が良いってことも多いってことね。」

ぺんぺけ「焼肉かステーキかで悩んだら両方食べるぺけ〜」

ぺん子「ブーデー 一直線ってやつね…」

は王「決断するのに毎回時間を使うのも考え物なので、試しに迷った時はやるようにしてみるのも、いいアイデアだと思うな。」



 

迷った時は「やる」(決断の指針)関連ページ

自分に自信を持つ(否定の言葉をスルーする)
否定する言葉を受け入れて行くとどんどん自分に自信がなくなります。言葉の力を信じ、どんどんと肯定な言葉を自分に使っていきましょう。
メンタルブロックの解除(意識を変える思考を身につけよう)
自分で自分をどう思うかによって、自分を制限してしまうことは多々あります。その制限を解除出来た時、あなたは自分の望んだ世界が手に入るのです。
理想の自分に近づける(強くイメージしましょう)
理想の自分に近付くには、なった状態を強くイメージできないといけません。その為の方法を今回は学んでみましょう。
すぐに感情的になる(同じレベルにならない)
感情的になる人に怒っても、同じレベルになるだけのこと。それではいつまでたっても、自分の心を穏やかにすることはできません。
自意識過剰を治す(自信をつけて克服しよう)
自意識過剰は生きていく上でマイナスなことが多いですので、治していく方法を知っていきましょう。
イメージが自分を作る(良いイメージを持とう)
自分が思っているイメージが自分をどんどん作っていきますので、どうせなら良いイメージを持ちたいものです。
芯がぶれる(ぶれない芯を持つためには)
人間決心しても、すぐに根付いたりはしないものです。
モチベーション(苦痛と快楽と意義でモチベーションを保つ)
人は苦痛を避けるために行動し、快楽を得るために行動し、何かの役に立ちたいために行動します。これらを上手に使うことで、モチベーションをコントロールすることができます。
自信をつける簡単な方法(出来ることに目を向ける)
全てにおいて自信がある人はいないでしょうが、そんな自分も大切にすることが出来れば、何にでも自信をもって挑めることになるでしょう。
ストレスとの付き合い方(敵と考えないようにして見よう)
ストレスはマイナスのものと考えられがちですが、物事には2面性があるようにプラスのこともあります。よい刺激に出来れば、飛躍的に人生は好転するでしょう。
本気になれない(本気の出し方とは)
常日頃から本気でしたら疲れてしまいますが、それでも本気を意識することは、よりよい人生に導いてくれます。
心が穏やか(常に心を落ち着けるためには)
人間ですから常に心穏やかは難しいですが、できる限り穏やかに過ごせるようにしてみましょう。
客観視する(良いイメージを持つ)
客観視するために重要なことは、悪いイメージは極力排除することになります。
人生は自分が主人公(自分の人生をどう企画するか)
人生は自分が主人公であり、また監督でもあります。自分の人生をどうするかは、自分で決めてよいのです。
生活を整える(幸せの基本は生活リズム)
長期休みやダラダラした生活が続いている時に、一旦自分の生活を整えてみましょう。
自分を信じる(自分を信じて、自分を愛する)
自分を信じることは、同時に自分を愛することにもつながります。
見返りを求めない(いいこと貯金)
見返りを求めない人生を習慣化すると、人生もっと気楽に幸せに生きられるでしょう。
自分に呪いをかけない(マイナスな言葉は使わない)
マイナスな言葉を使い続けていると、呪いにかかったかのように、どんどん悪い方向に引き込まれてしまいます。
先入観をなくす(偏見は損をする)
先入観は身を守るためには必要ですが、視野を広げるためには妨げとなります。
誰も大事にしてくれない…(目を向ける場所)
満たされない部分ばかりに目を向けていては、いつまでたっても満たされない気持ちになります。
自分の限界を知ってしまった(できることはまだまだある)
自分の限界は自分で作るものではありません。できることは、まだまだいくらでもあるのです。
変えられるのは自分だけ(それぞれの立場)
自分が不満に思っていても、相手側の視点で見るとまた、意見が変わってくるものです。
イエスマンになってみる(行動を変える)
NOから入る否定的な考えより、YESから入る肯定的な考えの方が、人生は幸せに向かうでしょう。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール