生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

無償の愛(善行は忘れましょう)

ぺんぺけ「こんな山で寝てたら風邪ひくぺけ!家に帰るペけ〜」

おばあちゃん「山で遭難してしまって、もうどこにいっていいやら。まさに万事休す・・・」

ぺんぺけ「空から帰るぺけ!捕まっているぺけけ〜!」

ブオ〜〜(ジェット噴射の音)

おばあちゃん「おおなんと、お主空を飛べるのか!こんなことってあるのか!」

ぺんぺけ「どこに行ったらいいぺけか〜」

おばあちゃん「おお、あそこがわしの家。あそこまで届けてはくれないか!」

ぺんぺけ「おばあちゃんそれじゃあぺけ〜」

おばあちゃん「待ってくれ、せめてお礼を・・・って行ってしまわれた!おお神よ、あのペンギンにご加護あれ!」

ぺんぺけ「今日はカレーを食べに行くぺけけ〜」





善行は忘れましょう・・・


人に何かをする時、見返りを
求めたりしているでしょうか。

仕事を手伝った時、人の頼みを聞いた時、
どう思っているでしょうか。

あまりいい顔ばかりしていると、
断りきれないお人よしな印象を与えてしまいますが、
基本引き受けたからには、助けるからには
無償の提供が、心身ともに良いと思います。

恩を着せられるのを人はかなり嫌がります。
自分の身になって考えれば、分かりますが、
「恩着せがましい」くらいなら、何もしない方が
いい場合もあります。

人を助ける時は「無償の愛」を貫きましょう

この考えはそれほど難しくありません。
何かしても、何も返ってこないのが当然と思うと良いでしょう。

仮に何かが返ってきても、それは自分がその人を
助けたからだとか思わない方が良い関係を築けます。

自分の行った善行は忘れましょう。
車乗っている時も、譲ってあげる。
レジで割り込まれても、特に気にしない。

そうですか。

その一言だけ心の中に思っておけば十分です。
逆に自分が奉仕を受けた時も、それくらいの精神で
十分です。下手に恩返しとか、考えない方が
良いと思います。それより、他の人に無償の
愛を捧げましょう。巡り巡って自分に戻ってきます。
宇宙の振動、因果関係はよくできており、
そこに例外はないようになっています。

無償の愛は、無償だから価値があるのです。
そして、受けた愛は恩返ししないから価値があるのです。

人を助ける時、無償で人の為になる事をする時は、
そのことを忘れ、無償の愛を貫きましょう!
相手がお礼を言っても、

そうですか。それは良かったですね!

これくらいの気持ちでいて見ましょう。
無償の愛は必ず自分に返ってきます。
それはどんな形か分かりません。

自分の行った悪い行いも又必ず返ってきます。
それもどんな形か分かりません。

世の中には多くの生物が誕生しており、
無数に振動しあっていますので、
愛を授けた人から返ってくることより
他の所から返ってくることの方が多いでしょう。

だから無償の愛をただ続けるだけで、十分
幸せに近づけます。

見返りは考えない。無償の愛を捧げて見ましょう。
きっと、思っている以上に素敵な愛が返ってくるでしょう。


スポンサーリンク



おばあちゃん「おお、あの時のペンギンではないか!じいさんや、この方が命の恩人もとい、恩ぺんぎん様だよ」

ぺんぺけ「ぺけけ〜〜???」

おばあちゃん「おお、忘れられておられるのか!」

ぺんぺけ「今日はインド料理食べに行くから、失礼するぺけ〜!すたたたた〜」

おばあちゃん「おお、またも行ってしまわれた。本当に屈託のない顔をしておられる。世も捨てたもんじゃないな。」

ぺんぺけ「ぺけけ!先着千名様記念で、今日は無料になったぺけけ〜!ラッキーだぺけ〜!」

ぺん子「ぺんぺけって、なんか運を引き寄せてくるわよね!」

は王「無償の愛をそそぐ人は、幸運を引き寄せてくるものなんだよ。善行も悪行も結局は自分に巡ってくる。因果応報とはよく言った言葉だな!お主も運を引き寄せたいなら、何も考えない無償の愛をそそぐとよい!まあ、何も考えない無償の愛も難しいから、まずは見返りを求めない善行をしてみることだな!だまされたと思ってな!」



 

無償の愛(善行は忘れましょう)関連ページ

本当に幸せになるためには(幸せマインドを手に入れよう)
行動する自分を創るこができれば、幸せになることは簡単です。
言葉は魔法(自分に素敵な言葉をかけて見よう)
言葉を甘く見てはいけません。それは強大なパワーが宿った魔法なのかもしれません。
プラスの言葉を使おう(人間の順応性と習慣化の活用)
プラスの言葉を習慣化することにより、幸せなマインドが順応されていくでしょう。
見せかけの愛(有償の愛から無償の愛へ)
無償の愛。多くの人がこの道を進めますように。そう願って書かせて頂きました。
人生に失敗した(心の幸せを手に入れるには)
人生に失敗したのは、どの段階でそれを感じたからか。何を基準にそれを感じたのか。人生に成功するのも失敗するのもあなたが選べる選択肢なのです。
心の幸せ(今の環境をどう見るか)
現状をどう捉えるかで、幸福感は大きく異なります。人の欲は果てしないで、どこで足ることを知るかは重要です。
運の良さとは(それは身近にあったりします)
運がいい人も、運が悪い人もとなりあわせ。はたして両者の違いは何なのでしょうか。
苛立ちを減らして見ましょう(苛立ちの思考パターンを変えて見よう)
今あなたが怒っていることも、あなたの思考のパターンがそうさせているかもしれません。
ポジティブマインド(前向きに物事を捉えてみる)
ネガティブな思考を持っていますと、どうしても悪い方向へ物事を考えてしまいます。これは一種の防御本能でもあるのですが、同時に可能性を狭めていることもあります。ポジティブな思考が習慣化されれば、あなたの人生は一気に変わるかもしれません。
人生にときめきを与える(元気の源とは)
いつも元気でいる秘訣は、刺激を与え続けることかもしれません。
些細な日常に感謝(当たり前に感謝しよう)
些細な日常に感謝することを忘れていると、失った時のダメージが大きくなることでしょう。
幸せとは何か(満たす幸せと満たされる幸せ)
幸せについて考え始めるときりがありませんが、ちょっとしたヒントを知り、幸せを意識すると見えてくるものがあるかもしれません。
生きることと死ぬこと(死はみんなに訪れてくる)
どうせいつか死ぬなら、生きている時くらいいっぱいの幸せを感じてみませんか?
巡り巡って返ってくる(良くも悪くも返ってくる)
人が行ったことは波動を生じ、善い行いも悪い行いもすべてなんらかの形で自分に返ってくることになります。
感謝して愛する(愛することを諦めない)
感謝して愛することで、人をどんどん幸せにすると同時に、自分も幸せになっていきます。
関心を持つ(充実した生活を過ごすために)
色々なことに関心をもち、常にアンテナを高く張ることで、生活は充実するものです。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール