生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

自分を強く見せない(強がっても周りにはすぐにバレる)

ぺん子「この弱肉強食の世界では、自分を強く見せないと生きていけない所があるわね。」

ぺんぺけ「焼肉定食を食べたくなったぺけ〜」

ぺん子「今どきそんな解答する人なんていたんだね…」

ぺんぺけ「味噌カツ定食も最近はまっているぺけ〜」





自然なままの魅力。。。


「自分を強く見せなきゃ」と、思ったことはありますか。
そう思った時のことを覚えていますか。

部活で試合に出場する時でしょうか。
会議で発言する時でしょうか。
企画や商品のプレゼンをする時でしょうか。
苦手な人の前に出る時でしょうか。

「自分を強く見せなきゃ」と思ってやってみたけれど、
ストレスを感じたり、疲れたり、泣きそうな気持ちに
なったりしたことはないでしょうか。

その気持ちの原因になるのは何でしょう。ひとことで
言ってしまえば、「自分に無理をしている」
ということです。

自分に無理をしている人を見てどう思いますか?

「痛々しい」と思うでしょうか。
「何あの人」と思うでしょうか。

いずれにしても、好ましい感情は持たないのではありませんか。

能ある鷹は爪を隠す。というように、本当に能力が
ある人というのは自分を強く見せたりしないものです。
むしろ普段は物静かにしていて、ここぞという時に
ズバッと意見を言ったりします。

自分を強く見せようとする人は嫌われます。
「じゃあ、1人でできるよね」と、
周りからも助けを得られなくなっていきます。

最初は大丈夫なように思えても、金魚が水面に
上がってくるように、アップアップになってしまうわけです。
その時に他人の助けを求めることができますか?

本当は自分を強く見せる必要なんてないのです。

ただ自然体で自分が苦手なところは素直に認めて、
人の助けを借りる。そういう人の方が好かれたり、
ストレスが少なかったりするものです。

人の助けを借りるのは…と思う時もあるかもしれません。
あなたは人に何かを教えるのは嫌いですか?

得意なことを人に教えるのは好きと言う人が多いのでは
ないでしょうか。自分が思うほど相手は迷惑を感じて
いないものです。

自分で精一杯やってみて、ダメなら他の人に
アドバイスをもらう。そのくらいのスタンスの方が
楽に生きていけます。

「この人できているな」

と思う人に聞いてみてください。

「自分を強く見せる」以外の答えが得られるはずです。

あんな方法がある、こんな方法もある。視野を
広く持つことです。「自分にはこれしかできない」
と思いつめないこと。

ライオンは強いけれど、自分は強いって言いませんよね。
「自分が強い」ということがわかっているからかもしれません。

「私はこういうところが強い」とわかっていたら、自分を
強く見せる必要はなくなります。
「自分は強い。でも見せない。」
ここから始めていきませんか。

自分に無理をせずに、自分を受け入れることができた時、
幸せマインドをまた1つ持てたと言えるでしょう。


スポンサーリンク



ぺん子「自分を強く見せようと思っても、周りから見たら単に見苦しいだけなのね。」

ぺんぺけ「定食系はどれもおいしそうで、迷いが生じるぺけ〜」

は王「自分を強く見せようと思っても何もいいことはない。そんなことよりも、ここぞという時に自分を出せる人間の方がいいだろう。あまりに自分をださないと舐められる元にもなるので、ここぞという時は自分を強く見せずに、自分を素直に出すようにすることだな。」



 

自分を強く見せない(強がっても周りにはすぐにバレる)関連ページ

ポジティブシンキングをトライ(多くの幸せな人が持った思考)
何事も意識することから始まります。ポジティブシンキングを否定せずに、一度試してみてはいかがでしょうか。
怒りを鎮める(日々の心がけで大分収まります)
怒りの感情は自分自身で対処出来るように、日々から意識しておくと良いかもです。
自分に自信がない(自分を愛せるようになるためには)
人生が辛くなった時、生きるのが辛くなったとき。きっかけは色々あると思います。そのきっかけは何だったのでしょうか。仕事がうまくいかなかったのか。人づきあい、人間関係がうまくいかなかったのか。片想いに苦しくなったのか。失恋したのか。生きる希望を失ったのか。事業に失敗したのか。燃え尽きたのか。そんな時に、もしも文章を読む気力が残されているのなら、当サイトを覗いて見ていって下さい。
あなたも興味ない私も興味はない(興味はどこから抱くのか)
人は人に興味はない。自分も人に興味はない。しかし、興味がある人は確実にいたりします。その興味がある人は、いったい何に興味をもったのでしょうか。
自分を好きになる(人を愛して愛されて見よう)
自分を好きになることを考える時、何が原点となる考えになるのか。それはありきたりなプラス思考以外の所にあるかもしれません。
どの視点で見るか(相手なりの言い分があるのです)
人それぞれの視点で自分なりの意見があります。自分の意見を押し付けるか、相手の視点にたって考えるか。どの視点でものをみるかで劇的に人生は変わっていくのです。
やる気が出ない(人生やる気が起きない時は)
人生やる気がない時は往々にしてあるものです。長期的なスパンで物事を見て、最終地点を決めておくことで、ぐっと心は楽に慣れます。
元気が出ない時(落ち込むも元気も周期があります)
元気が出ない時は誰にでもあります。それが定期的にくるものなのか、何か他に原因があるのか。それによって対策も変わるので、客観的に原因を見て見よう。
現実逃避ばかり(まずは受け入れて見る)
したくないことをやらねばならない時、人は違うことをしてしまいがちです。そのような時に本来しなければならないことをいかにしていくかを考えて見よう。
へこみやすい(へこむ負のパターンから抜け出そう)
へこむ時は大体パターンが決まっています。今へこむパターンに入っていると思った時は、いつもと違う行動に無理にでも出て見ると、思考も変わって行くでしょう。
気分が安定しない(機嫌が悪い時に試して見よう)
常に気分が安定している人なんていません。出来るだけ気分が安定しない振り幅を減らすために、出来ることを試してみましょう。
気持ちがコロコロ変わる(人が行動する理由)
気持ちがコロコロ変わるのはある程度仕方ありませんが、行動する理由が分かると少しは気持ちを安定させることができるかもしれません。
自分が嫌い(人の良い所だけが見えている)
自分が嫌いな人は、嫌いな部分しか見えてないことがほとんどです。自分の好きな部分になるべく目を向けるようにしていきましょう。
一時的な感情に流される(人の判断方法)
人生は常に選択の連続であり、何によって判断しているかを知ることで、一時的な感情に流される頻度を減らせます。
できない理由ばかり(思考の転換)
出来ない理由ばかりを探していては、いつまでたっても状況は変わらないでしょう。思考を変えることで、出来る状態に持っていくことが大切です。
1人で寂しい(1人も大切にする)
ふとした時急に1人が寂しくなることがありますが、そんな1人の時間も大切にできるようになりたいものです。
勇気を持つ(本当の自分の声を聞こう)
本当の自分の声に耳を傾け、勇気を持つ。それができれば人生に後悔はしないでしょう。
自分が本当にしたいこと(やっぱり紙に書くこと)
面倒ですが、紙に書きだすことで本当にしたいことが劇的に見えてきます。エクセルでもいいでしょう。
すぐイライラする(イライラする理由を考える)
単純にイライラするのではなく、少し考えることで、大分イライラは減るでしょう。
やりたいことを許してあげる(心の余裕を持とう)
忙しい人生を送っていては、何のための人生か分からなくなるでしょう。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール