生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

元気が出ない時(落ち込むも元気も周期があります)

ぺん子「なんだか最近特に何かがあったわけでもないけど、元気が出ないのよね。」

ぺんぺけ「そんな時は焼き肉を食べにいくに限るぺけ〜」

ぺん子「ぺんぺけはそんな時でなくても、しょっちゅう食べに行ってるでしょ!」

ぺんぺけ「細かいことは気にしないぺけけ〜」

ぺん子「ほんと、へこむことないんだから!」





元気がない時も受け入れましょう。。。


人生いい天気の時もあれば、曇りの日もあります。
雨の日もあれば、嵐の日だってあるでしょう。

生きていれば、元気が出ない時もあるものです。
そんな時、元気を出さなければならない、と
躍起にならないようにしましょう。

たまには休息をとることに集中するのもいいし、
ぼーっと、ただ何も考えずに休むこともいいでしょう。

でも、それが続くならちょっと問題。

元気が出ない時には、元気が出るのを待つのではなく
元気が出る行動を取る必要があります。

自分はどんな時、元気なのか。
そのことを覚えておいて、
メモしておくといいでしょう。


元気がなくなることは自分のせいではなく、
周期的なことかもしれません。

元気がなくなった時、そこを知っていれば、早く立ち直れます。

また元気が出ない時、今とっている姿勢を
注意深く観察してみてください。

頬杖を突き、ため息をつき、下を向く。

元気がある時にその姿勢をしてみると
たちまち元気が失われます。

心が塞げば体が元気がなくなるように
体が心をふさぐ姿勢を取れば、心も塞いでしまいます。

反対に、元気がある人はどんな外見でしょう。

おそらく、視線はうえ。胸を張っていて・・・
堂々とした姿勢で誇らしげにしている。

ためしに、そのような姿勢を取ってみましょう。
不思議とその姿勢では前向きな考えになるはずです。

体が心を明るくする姿勢を取れば、心も明るくなってしまいます。

どうしたって、元気が出ない時はあります。
元気が出ない自分は、何の役にも立たないと思うこともあるでしょう。

でも、元気が出ないときの気持ちがわかるあなたは、
同じ境遇にある人を励ます存在になれるのです。

人は話を聞いてもらいたいもの。
元気でない時もあるよね…
そうだよね…
私もそんなことあったよ…

極端にいえば何も言わなくても、
わかってくれる人がそばにいるだけで
人は癒されるものなのです。

あなたのつらい経験や、やりどころのない気持ちが
同じ境遇を持つ人の慰めになるのです。

元気が出ない時は、ちょっとその世界から抜け出してみましょう。

映画を見たり、本を読んだり…。
人はリアリティを強く感じるものに影響を受けます。

テレビを見ていたら、ちょっと頭が整理された。
という経験がある人もいるでしょう。

それは、テレビのリアリティに支配され、自分の
悩んでいるリアリティから距離をおくことができたからです。

元気が出ないあなたはおそらく、試練に直面しているのでしょう。
誰かに慰めてもらいたいと思うかもしれません。

でも、それを自分の中で折り合いをつけて、
また一歩踏み出していけるようにするステップが、
自分を大きくしていくことを忘れないようにしましょう。

良いことも、悪いことも、
人生の最後になってみないとわからないのですから。

ならば、元気が出ないこともよいこと、
必要なことと捉えて見るのもよいと思います。


スポンサーリンク



ぺん子「私の今は周期的な元気のなさだよね。ぺんぺけのような元気な人と焼き肉でも行って、元気チャージもらうのもありだよね。」

ぺんぺけ「食べると元気が出て来るぺけけ〜」

は王「常に元気でいることもなければ、へこみ続けることもない。周期的に元気がでないのは別に珍しくもなく、大抵の人はそんなものなんだな。どんな時も客観視することが大事なので、まずは今の元気がない出所が何なのかを探ってみることだな。」



 

元気が出ない時(落ち込むも元気も周期があります)関連ページ

ポジティブシンキングをトライ(多くの幸せな人が持った思考)
何事も意識することから始まります。ポジティブシンキングを否定せずに、一度試してみてはいかがでしょうか。
怒りを鎮める(日々の心がけで大分収まります)
怒りの感情は自分自身で対処出来るように、日々から意識しておくと良いかもです。
自分に自信がない(自分を愛せるようになるためには)
人生が辛くなった時、生きるのが辛くなったとき。きっかけは色々あると思います。そのきっかけは何だったのでしょうか。仕事がうまくいかなかったのか。人づきあい、人間関係がうまくいかなかったのか。片想いに苦しくなったのか。失恋したのか。生きる希望を失ったのか。事業に失敗したのか。燃え尽きたのか。そんな時に、もしも文章を読む気力が残されているのなら、当サイトを覗いて見ていって下さい。
あなたも興味ない私も興味はない(興味はどこから抱くのか)
人は人に興味はない。自分も人に興味はない。しかし、興味がある人は確実にいたりします。その興味がある人は、いったい何に興味をもったのでしょうか。
自分を好きになる(人を愛して愛されて見よう)
自分を好きになることを考える時、何が原点となる考えになるのか。それはありきたりなプラス思考以外の所にあるかもしれません。
どの視点で見るか(相手なりの言い分があるのです)
人それぞれの視点で自分なりの意見があります。自分の意見を押し付けるか、相手の視点にたって考えるか。どの視点でものをみるかで劇的に人生は変わっていくのです。
やる気が出ない(人生やる気が起きない時は)
人生やる気がない時は往々にしてあるものです。長期的なスパンで物事を見て、最終地点を決めておくことで、ぐっと心は楽に慣れます。
現実逃避ばかり(まずは受け入れて見る)
したくないことをやらねばならない時、人は違うことをしてしまいがちです。そのような時に本来しなければならないことをいかにしていくかを考えて見よう。
へこみやすい(へこむ負のパターンから抜け出そう)
へこむ時は大体パターンが決まっています。今へこむパターンに入っていると思った時は、いつもと違う行動に無理にでも出て見ると、思考も変わって行くでしょう。
気分が安定しない(機嫌が悪い時に試して見よう)
常に気分が安定している人なんていません。出来るだけ気分が安定しない振り幅を減らすために、出来ることを試してみましょう。
気持ちがコロコロ変わる(人が行動する理由)
気持ちがコロコロ変わるのはある程度仕方ありませんが、行動する理由が分かると少しは気持ちを安定させることができるかもしれません。
自分が嫌い(人の良い所だけが見えている)
自分が嫌いな人は、嫌いな部分しか見えてないことがほとんどです。自分の好きな部分になるべく目を向けるようにしていきましょう。
一時的な感情に流される(人の判断方法)
人生は常に選択の連続であり、何によって判断しているかを知ることで、一時的な感情に流される頻度を減らせます。
できない理由ばかり(思考の転換)
出来ない理由ばかりを探していては、いつまでたっても状況は変わらないでしょう。思考を変えることで、出来る状態に持っていくことが大切です。
1人で寂しい(1人も大切にする)
ふとした時急に1人が寂しくなることがありますが、そんな1人の時間も大切にできるようになりたいものです。
勇気を持つ(本当の自分の声を聞こう)
本当の自分の声に耳を傾け、勇気を持つ。それができれば人生に後悔はしないでしょう。
自分を強く見せない(強がっても周りにはすぐにバレる)
自分を強く見せても、自分をだましきることはできないでしょう。
自分が本当にしたいこと(やっぱり紙に書くこと)
面倒ですが、紙に書きだすことで本当にしたいことが劇的に見えてきます。エクセルでもいいでしょう。
すぐイライラする(イライラする理由を考える)
単純にイライラするのではなく、少し考えることで、大分イライラは減るでしょう。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール