生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

自分を好きになる(人を愛して愛されて見よう)

ぺん子「私って何をやっても駄目だし、自分も嫌いだし…どうやったら自分を好きになることが出来るのかしら。」

ぺんぺけ「嫌いな食べ物がなくなったらいいぺけけ〜!好き嫌いをなくすぺけ〜」

ぺん子「食べ物じゃなくて、人の話だよ〜(`×´) プンプン!!」





真に自分を好きになる方法とは。。。


自分を好きになれない。

この悩みを持っている人はとても多いです。

自分を好きになれないから、
他人に対しても興味がなくなり、
人と深い関係になることが出来ません。

自分を好きになることを考えたと言うことは、
自分自身を好きになり大事にしたい気持ちが、
あるからだと思います。

自分を好きになるのは、その考えの少し先に
あるかもしれません。

そもそも、なぜ自分を好きになれないのか。

このことについてネットで調べて見ても、
多くの見解が飛び交ってますが、大体は前向きな
プラスの事が羅列されています。

例えば、自分の嫌なことも受け入れる。
自分を褒める。プチ達成感を得る。
人と比べるのをやめる。プラス思考を持つ。
常に笑顔でいるなどなど…

これらの事は、当サイトでも重要視していることですし、
わざわざ説明するまでもないことなのですが、
あまりにありきたりすぎて、読み流して終了のパターン
に陥ります。

人は行動することが大事と言いますが、
私のように記事を書く人にとって重要なのは、
「行動してみましょう」と言うことではなく、
行動したくなることを書く」ことだと思っています。

今回は私は、「自分を好きになる方法」を
書きたいと思っています。

私も随分と自分に自信がなく、自分を好きになれない
時期がありましたが、自分を好きになることが出来て、
はっきりと「これが理由」だと言えるものが1つあります。

それは「異性にモテるようになりたい」と思ったことでした。

私は自分に自信がなく、自分を好きになれず、
その結果異性にモテないどころか、同性すら
友達がほとんどいませんでした。

彼女を作ろうと思って、お見合いパーティーに行った時に、
全く見向きもされない状態でした。

異性にモテるようになる方法は色々ありますし、
私も語り始めますと、どんどんと話が広がってしまいますが、
1つだけしか言えないとなるなら、次のように言うようにしています。

とにかく相手に興味を持ってお話しましょう。

4つくらい言えるならこう言います。
  • とにかく笑顔。
  • 相手に心の底から興味をもってお話する。
  • 相手の話に大げさに興味を持ち、どんどんと掘り下げて聞く。
  • 絶対に自分の自慢話はしない。
これを実行するだけで、びっくりするくらい相手の反応は変わります。
異性だけでなく、同性をも心地よくさせることが出来ます。

人が自分に対して好意を持ってくれること。

これこそが最大に自分を好きになれることだと思います。

自分を好きになれないと、人を好きになれないと言う方は
多くいらっしゃいます。

なぜかその順序に固執する方は多いです。

しかし、人から愛された方が、はるかに自分を好きになるのは
容易なことだと私は思います。

最初は違和感あるかもしれませんが、初対面の人に
さっきのことを試してみましょう。
  • とにかく笑顔。
  • 相手に心の底から興味をもってお話する。
  • 相手の話に大げさに興味を持ち、どんどんと掘り下げて聞く。
  • 絶対に自分の自慢話はしない。
上記のことを実践してると、人が笑顔で自分に接してきます。
人から誘いを受けることも増えて行くでしょう。

人から必要とされた時、人が自分に寄ってきた時。

そのような状態の時は、きっと自分のことを好きになっていると思います。

自分を好きになるのは、そんなに難しいことではありません。

人に興味を持って、相手を心地よくさせることを考える。

あなたはきっと自然に自分を愛することが
出来るようになっているでしょう。

あなたの笑顔で相手が笑顔になった時、
その成功体験こそがあなた自身が、あなたを愛する瞬間なのです。


スポンサーリンク



ぺん子「好き嫌いをなくして、人に興味を持つことから始めることか〜」

ぺんぺけ「偏食はいけないぺけけ〜」

ぺん子「結局食べ物の話に戻るのね…」

は王「ありきたりなプラス思考ではなかなか実践出来ぬもの。人に興味を持って、愛される接し方をしていけば、自然と人から愛され、自分を好きになることも出来るようになってくるだろうな。」



 

自分を好きになる(人を愛して愛されて見よう)関連ページ

ポジティブシンキングをトライ(多くの幸せな人が持った思考)
何事も意識することから始まります。ポジティブシンキングを否定せずに、一度試してみてはいかがでしょうか。
怒りを鎮める(日々の心がけで大分収まります)
怒りの感情は自分自身で対処出来るように、日々から意識しておくと良いかもです。
自分に自信がない(自分を愛せるようになるためには)
人生が辛くなった時、生きるのが辛くなったとき。きっかけは色々あると思います。そのきっかけは何だったのでしょうか。仕事がうまくいかなかったのか。人づきあい、人間関係がうまくいかなかったのか。片想いに苦しくなったのか。失恋したのか。生きる希望を失ったのか。事業に失敗したのか。燃え尽きたのか。そんな時に、もしも文章を読む気力が残されているのなら、当サイトを覗いて見ていって下さい。
あなたも興味ない私も興味はない(興味はどこから抱くのか)
人は人に興味はない。自分も人に興味はない。しかし、興味がある人は確実にいたりします。その興味がある人は、いったい何に興味をもったのでしょうか。
どの視点で見るか(相手なりの言い分があるのです)
人それぞれの視点で自分なりの意見があります。自分の意見を押し付けるか、相手の視点にたって考えるか。どの視点でものをみるかで劇的に人生は変わっていくのです。
やる気が出ない(人生やる気が起きない時は)
人生やる気がない時は往々にしてあるものです。長期的なスパンで物事を見て、最終地点を決めておくことで、ぐっと心は楽に慣れます。
元気が出ない時(落ち込むも元気も周期があります)
元気が出ない時は誰にでもあります。それが定期的にくるものなのか、何か他に原因があるのか。それによって対策も変わるので、客観的に原因を見て見よう。
現実逃避ばかり(まずは受け入れて見る)
したくないことをやらねばならない時、人は違うことをしてしまいがちです。そのような時に本来しなければならないことをいかにしていくかを考えて見よう。
へこみやすい(へこむ負のパターンから抜け出そう)
へこむ時は大体パターンが決まっています。今へこむパターンに入っていると思った時は、いつもと違う行動に無理にでも出て見ると、思考も変わって行くでしょう。
気分が安定しない(機嫌が悪い時に試して見よう)
常に気分が安定している人なんていません。出来るだけ気分が安定しない振り幅を減らすために、出来ることを試してみましょう。
気持ちがコロコロ変わる(人が行動する理由)
気持ちがコロコロ変わるのはある程度仕方ありませんが、行動する理由が分かると少しは気持ちを安定させることができるかもしれません。
自分が嫌い(人の良い所だけが見えている)
自分が嫌いな人は、嫌いな部分しか見えてないことがほとんどです。自分の好きな部分になるべく目を向けるようにしていきましょう。
一時的な感情に流される(人の判断方法)
人生は常に選択の連続であり、何によって判断しているかを知ることで、一時的な感情に流される頻度を減らせます。
できない理由ばかり(思考の転換)
出来ない理由ばかりを探していては、いつまでたっても状況は変わらないでしょう。思考を変えることで、出来る状態に持っていくことが大切です。
1人で寂しい(1人も大切にする)
ふとした時急に1人が寂しくなることがありますが、そんな1人の時間も大切にできるようになりたいものです。
勇気を持つ(本当の自分の声を聞こう)
本当の自分の声に耳を傾け、勇気を持つ。それができれば人生に後悔はしないでしょう。
自分を強く見せない(強がっても周りにはすぐにバレる)
自分を強く見せても、自分をだましきることはできないでしょう。
自分が本当にしたいこと(やっぱり紙に書くこと)
面倒ですが、紙に書きだすことで本当にしたいことが劇的に見えてきます。エクセルでもいいでしょう。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール