生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

へこみやすい(へこむ負のパターンから抜け出そう)

ぺん子「ちょっと人にきつく言われただけで、私ってばすぐにへこんでしまうわ。このへこみやすい性格直せないかしら。」

ぺんぺけ「お菓子を常備していれば大丈夫だぺけ〜!チョコレート食べるぺけか?」

ぺん子「そもそもぺんぺけはへこんでない気がするんだけど…」





へこみやすい習慣を見つめて見よう。。。


こんにちは。お変わりはありませんか。

人にちょっと強く言われるとへこんじゃう。
ショックを受けちゃう。

打たれ強い人になりたい。

他人を言い負かしたり言われたことをばねにして、
もっと成長する人間になりたい。

そう思ったことがありますか。

本にも「ぐさっ」と来た一言をやり返すテクニックや
心理学、いろいろありますね。

「目には目を、歯には歯をでは何も生まれないし。
馬耳東風にすればいいよ」と言われても、
気になってしまうもの。

何を言われても気にならなくなる方法が1つあります。

それは、自分が夢中になれることを見つけること。
大好きで仕方がなくて、やっているうちは、ハッピーになること。

それがあったら、傷ついてへこんでいる時間や暇なんてありません。

またショックを受けてしまったり、かなり腹が立つ一言というのは、
「自分でもうすうす気がついているけど、直せていない欠点」
というのが多いようです。

それと、自分のことを棚に上げて言う言い方。

「あなたに言われる筋合いはない」
とはっきり言いたくなりますよね。

でも、上手に言い返したからと言って
成長があるかというと、ないんです。

また、
「自分ができないことを人にやるように言ってはいけない。」
というのは、日本独特の価値観のようです。

日本でもこの価値観を持っていない人はいます。

人はささいなことであっても、自分の信じていることに
反したことを言われると、へこんだり気分が悪くなったり
してしまうものなのです。

そんな時、どうしたらいいか。

冷静になること。
問題から離れること。

多くの悩みは、一瞬問題から離れると
すぐに忘れてしまうようなことです。

へこみやすい気持ちを早く切り替えてしまうことです。

へこんでしまうときは、へこむ行動パターンをしています。
その逆をすると、へこまなくなる、楽しくなる、とも言えます。

自分の行動パターンが思考を作っていることもあります。

いつもと違うことをすれば、違う結果がでる。

「心が変われば態度が変わる」というけれど、
「態度が変われば心が変わる」こともあるのです。

もっと思考を自由にしましょう。

どんどん見聞を広めましょう。
悩んでいる人の本を読んでみましょう。
あなたより深刻な困難を乗り切った人がいるはずです。

その人がどう乗り切ったのか、本を読むだけで
知ることができます。

愚者は自分の経験に学び、
賢者は他人の失敗に学ぶと言います。

他人の失敗から大いに学びましょう。
もう失敗を繰り返す必要はないのです。

また、自分がどんな人間になりたいのか。
どういう傾向があるのかを、よく知る必要があります。

自分を知ることは他人を知ることでもあります。

自分に優しくできれば、人にも優しくできます。

相手を傷つける言葉を言えば、それがそのまま返ってきます。

傷つける言葉を言わなくても、傷つくような一言が返ってくる
こともあります。
参考:傷つきやすい性格(自分に自信をもてるか)

へこみやすい人は時に、へこみやすいことを言わせる
原因を自ら作っていることもあります。

でもそれは、そうやってあなたに甘えている。
その人の自尊心を満たす行動であるかもしれません。
あなたの大きな愛で包んであげましょう。

本当に自分自身が今自信がなくてへこんでいる場合は、
自分に自信がない(自分を愛せるようになるためには)」の記事も
ご参考頂ければと思います。


スポンサーリンク



ぺん子「自分のへこむパターンを知り、その時の反応や行動を変えていけばいいんだね〜!」

ぺんぺけ「チョコレートもいいけど、クッキーも最近のブームだぺけ〜」

ぺん子「ぺんぺけにとっての行動を変えるのは、単に食べ物を変えただけのような…」

は王「食べるものを変えるなどでも普段と違う行動をとることで、普段と違う反応を得ることが出来る。どちらにしてもへこみ続けることもないので、へこみやすいことを気にしてばかりおらずに、人生長い目で楽しんでいけるようになることが、重要になってくるな。」



 

へこみやすい(へこむ負のパターンから抜け出そう)関連ページ

ポジティブシンキングをトライ(多くの幸せな人が持った思考)
何事も意識することから始まります。ポジティブシンキングを否定せずに、一度試してみてはいかがでしょうか。
怒りを鎮める(日々の心がけで大分収まります)
怒りの感情は自分自身で対処出来るように、日々から意識しておくと良いかもです。
自分に自信がない(自分を愛せるようになるためには)
人生が辛くなった時、生きるのが辛くなったとき。きっかけは色々あると思います。そのきっかけは何だったのでしょうか。仕事がうまくいかなかったのか。人づきあい、人間関係がうまくいかなかったのか。片想いに苦しくなったのか。失恋したのか。生きる希望を失ったのか。事業に失敗したのか。燃え尽きたのか。そんな時に、もしも文章を読む気力が残されているのなら、当サイトを覗いて見ていって下さい。
あなたも興味ない私も興味はない(興味はどこから抱くのか)
人は人に興味はない。自分も人に興味はない。しかし、興味がある人は確実にいたりします。その興味がある人は、いったい何に興味をもったのでしょうか。
自分を好きになる(人を愛して愛されて見よう)
自分を好きになることを考える時、何が原点となる考えになるのか。それはありきたりなプラス思考以外の所にあるかもしれません。
どの視点で見るか(相手なりの言い分があるのです)
人それぞれの視点で自分なりの意見があります。自分の意見を押し付けるか、相手の視点にたって考えるか。どの視点でものをみるかで劇的に人生は変わっていくのです。
やる気が出ない(人生やる気が起きない時は)
人生やる気がない時は往々にしてあるものです。長期的なスパンで物事を見て、最終地点を決めておくことで、ぐっと心は楽に慣れます。
元気が出ない時(落ち込むも元気も周期があります)
元気が出ない時は誰にでもあります。それが定期的にくるものなのか、何か他に原因があるのか。それによって対策も変わるので、客観的に原因を見て見よう。
現実逃避ばかり(まずは受け入れて見る)
したくないことをやらねばならない時、人は違うことをしてしまいがちです。そのような時に本来しなければならないことをいかにしていくかを考えて見よう。
気分が安定しない(機嫌が悪い時に試して見よう)
常に気分が安定している人なんていません。出来るだけ気分が安定しない振り幅を減らすために、出来ることを試してみましょう。
気持ちがコロコロ変わる(人が行動する理由)
気持ちがコロコロ変わるのはある程度仕方ありませんが、行動する理由が分かると少しは気持ちを安定させることができるかもしれません。
自分が嫌い(人の良い所だけが見えている)
自分が嫌いな人は、嫌いな部分しか見えてないことがほとんどです。自分の好きな部分になるべく目を向けるようにしていきましょう。
一時的な感情に流される(人の判断方法)
人生は常に選択の連続であり、何によって判断しているかを知ることで、一時的な感情に流される頻度を減らせます。
できない理由ばかり(思考の転換)
出来ない理由ばかりを探していては、いつまでたっても状況は変わらないでしょう。思考を変えることで、出来る状態に持っていくことが大切です。
1人で寂しい(1人も大切にする)
ふとした時急に1人が寂しくなることがありますが、そんな1人の時間も大切にできるようになりたいものです。
勇気を持つ(本当の自分の声を聞こう)
本当の自分の声に耳を傾け、勇気を持つ。それができれば人生に後悔はしないでしょう。
自分を強く見せない(強がっても周りにはすぐにバレる)
自分を強く見せても、自分をだましきることはできないでしょう。
自分が本当にしたいこと(やっぱり紙に書くこと)
面倒ですが、紙に書きだすことで本当にしたいことが劇的に見えてきます。エクセルでもいいでしょう。
すぐイライラする(イライラする理由を考える)
単純にイライラするのではなく、少し考えることで、大分イライラは減るでしょう。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール