生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

怒りを鎮める(日々の心がけで大分収まります)

ぺん子「まったくも〜(`×´) プンプン!!」

ぺんぺけ「どうしたぺけか〜?」

ぺん子「私悪くないのに、仕事で理不尽に怒られて、ひどいよまったく!」

ぺんぺけ「あんまんでも、食べて落ち着くぺけけ〜」

ぺん子「どこから一体そんなものが出てくるのかしら、いつも…」





怒りの感情はコントロール出来る。。。


「私が先に並んでいたのに、割り込まれた」
「ムカつく言い方をされた」
「上から目線で言われた」

上記の事がらに対して、即反応をしてしまいがちです。
しかし、言われたから言い返したでは、
負の感情しか生まれません。

負の感情をもったままでは、他のことにも
影響が出てしまい、幸せとは程遠い
考えになってしまいます。

「笑い」や「涙」をこらえることは、人間の
性質上かなり難しいですが、こと
「喜び」や「怒り」の感情をコントロールするのは
普段の習慣でも十分出来そうな感じはします。

よく深呼吸するように言われますが、人と喋っている
ときに深呼吸する訳にもいきません。

ここは何か自分に対して、負の刺激が訪れた時に
「イラっ」てくることを言われた時に、
「間を置く」ことを心かけてみましょう。

書籍「7つの習慣」の教えにもありますが、
刺激→反応 ではなく
刺激→スペース→反応
を常に心がけ、習慣化出来ると
負の感情に対しても落ち着いて対応出来る
ことが多くなります。

何か「イラッ」ってすることを言われた時は
そのまま言い返すのではなく、「間を置き」
一旦落ち着いてから、怒りの感情を
コントロールして見ましょう。


そして、もっと根本的に解決したいのなら、
なぜそれに対して、「イラッ」としたのかを
考えるとよいかもしれません。

なぜにそれに対して「イラッ」としたのかが
分かれば、そもそも「イラッ」としないように
考えをシフトすることも出来るからです。

それはものの受け止め方にあるのかも知れません。
それについて関心がなければ、
それに対する感情も湧きにくいものです。

例えば「パチプロ」の人に
パチンコやらない人や、あまり詳しくない人から、
「パチプロ」って出る台わかるからいいよね〜
って言われても

「何も知らない癖に何を言っているんだ。
そもパチンコは確率論で、1000円当たりの
回転数が、期待値を上回り、つまり
釘のいい台に座りひたすら回せば、
負ける日が来ても、長期的には
必ずプラスになる、数学なんだよ〜」

って思うかも知れませんが、
パチプロに興味ない人がパチプロを
どう言われても、なんとも反応しないものでしょう。

つまりそれに大して、関心が強ければ強い程、
そこに触れられれば、感情的になってしまう
ものだと思います。

上記考えになりますと、関心をなくせば、そもそも
怒りの感情の発生自体が、かなり軽減されるのでは
ないかと思います。

関心をなくすことはある種、情熱のないドライな印象を
受けますが、別に情熱のある人生が、素晴らしい訳でも
幸せに生きられる訳でもありません。

逆に情熱が強すぎても日々ストレスが強くなるだけかも知れません

色々な事に大して興味をもつのもいいですが、それに対する
関心を強くしすぎず、その関心も多くの関心の中の1つだな〜
くらいに留めておけば、感情的になる場面も減って行き、
結果的に幸せな日々が送れるかもしれません。

それに加えて上記の、「間をとる」を有効活用し、

「一方的な関心を薄め」
「間をとり」
「怒りをコントロールする」

を意識すれば、大分穏やかな日を過ごせれるのでないかと
思います。

穏やかな日々が訪れてこそ、当サイトが推奨する
幸せマインド」も持ちやすくなります。

苛立つことが日々多いと感じられてらっしゃるなら、
是非上記の事も頭に入れておいて見て下さい。


スポンサーリンク



ぺん子「とりあえず一旦深呼吸して、気持ちを落ちつけよっと!もちろん、あんまんも食べて☆」

ぺんぺけ「食べているだけで、気分が落ち着くぺけけ〜」

は王「出来るだけ怒りの感情を減らせれば、穏やかな生活に一歩近づけるだろうな。」



 

怒りを鎮める(日々の心がけで大分収まります)関連ページ

ポジティブシンキングをトライ(多くの幸せな人が持った思考)
何事も意識することから始まります。ポジティブシンキングを否定せずに、一度試してみてはいかがでしょうか。
自分に自信がない(自分を愛せるようになるためには)
人生が辛くなった時、生きるのが辛くなったとき。きっかけは色々あると思います。そのきっかけは何だったのでしょうか。仕事がうまくいかなかったのか。人づきあい、人間関係がうまくいかなかったのか。片想いに苦しくなったのか。失恋したのか。生きる希望を失ったのか。事業に失敗したのか。燃え尽きたのか。そんな時に、もしも文章を読む気力が残されているのなら、当サイトを覗いて見ていって下さい。
あなたも興味ない私も興味はない(興味はどこから抱くのか)
人は人に興味はない。自分も人に興味はない。しかし、興味がある人は確実にいたりします。その興味がある人は、いったい何に興味をもったのでしょうか。
自分を好きになる(人を愛して愛されて見よう)
自分を好きになることを考える時、何が原点となる考えになるのか。それはありきたりなプラス思考以外の所にあるかもしれません。
どの視点で見るか(相手なりの言い分があるのです)
人それぞれの視点で自分なりの意見があります。自分の意見を押し付けるか、相手の視点にたって考えるか。どの視点でものをみるかで劇的に人生は変わっていくのです。
やる気が出ない(人生やる気が起きない時は)
人生やる気がない時は往々にしてあるものです。長期的なスパンで物事を見て、最終地点を決めておくことで、ぐっと心は楽に慣れます。
元気が出ない時(落ち込むも元気も周期があります)
元気が出ない時は誰にでもあります。それが定期的にくるものなのか、何か他に原因があるのか。それによって対策も変わるので、客観的に原因を見て見よう。
現実逃避ばかり(まずは受け入れて見る)
したくないことをやらねばならない時、人は違うことをしてしまいがちです。そのような時に本来しなければならないことをいかにしていくかを考えて見よう。
へこみやすい(へこむ負のパターンから抜け出そう)
へこむ時は大体パターンが決まっています。今へこむパターンに入っていると思った時は、いつもと違う行動に無理にでも出て見ると、思考も変わって行くでしょう。
気分が安定しない(機嫌が悪い時に試して見よう)
常に気分が安定している人なんていません。出来るだけ気分が安定しない振り幅を減らすために、出来ることを試してみましょう。
気持ちがコロコロ変わる(人が行動する理由)
気持ちがコロコロ変わるのはある程度仕方ありませんが、行動する理由が分かると少しは気持ちを安定させることができるかもしれません。
自分が嫌い(人の良い所だけが見えている)
自分が嫌いな人は、嫌いな部分しか見えてないことがほとんどです。自分の好きな部分になるべく目を向けるようにしていきましょう。
一時的な感情に流される(人の判断方法)
人生は常に選択の連続であり、何によって判断しているかを知ることで、一時的な感情に流される頻度を減らせます。
できない理由ばかり(思考の転換)
出来ない理由ばかりを探していては、いつまでたっても状況は変わらないでしょう。思考を変えることで、出来る状態に持っていくことが大切です。
1人で寂しい(1人も大切にする)
ふとした時急に1人が寂しくなることがありますが、そんな1人の時間も大切にできるようになりたいものです。
勇気を持つ(本当の自分の声を聞こう)
本当の自分の声に耳を傾け、勇気を持つ。それができれば人生に後悔はしないでしょう。
自分を強く見せない(強がっても周りにはすぐにバレる)
自分を強く見せても、自分をだましきることはできないでしょう。
自分が本当にしたいこと(やっぱり紙に書くこと)
面倒ですが、紙に書きだすことで本当にしたいことが劇的に見えてきます。エクセルでもいいでしょう。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール