生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

すぐイライラする(イライラする理由を考える)

ぺん子「最近イライラすることが増えたわ。ストレスが溜まっているのかしら。」

ぺんぺけ「おいしいものを食べに行って、怒りを鎮めるぺけ〜」

ぺん子「なんかこう根本からイライラしないコツを学びたいのよね!」






すぐイライラする意識を変えていこう。。。


人であれば、多かれ少なかれイライラすることは
あるものです。イライラをまったくゼロにすることは
不可能です。問題は過剰さです。

あなたはイライラしてしまう自分はダメな人間、
と思っていませんか?

イライラなどのネガティブな感情は、
「自分に改善するべきことがあるよ」
という無意識からのサインです。

あなたにとって、イライラすることにはどういう
意味がありますか?おそらく、「期待通りではない」
ということではないでしょうか。

「期待していたのに、期待しているのに、
期待通りにならない。なんでなんだよ!」
という気持ちです。

人にイライラすること
自分にイライラすること
物事にイライラすること

様々なことで人はイライラします。

イライラすることが多い、だからイライラしないように
するにはどうしたらよいか。いきなり結果を変える
ことを考えてもうまくいきません。

火事が起きたら、まず火を消しますよね。
火事が収まった後は原因と再発予防を考えます。
あなたが考えなければいけないのは、原因と
再発予防です。

私たちは1日3万回以上の思考、自問自答を
をしていると言われています。脳は発した問いに
素直に答えるだけです。

なんで私はこんなにイライラするんだろう、
と考えれば、その理由をはじき出します。

私の心が狭いから?と考えれば、
それを立証する答えをはじき出します。

ですので、「何が私をイライラさせているんだろう?」
と考えれば、イライラの原因を突き止めることができます。

体調が悪いからかもしれないし、期待通りになるのが
当たり前だからと思っているからかもしれません。

当たり前の反対はなんでしょう?
それは感謝です。

日本なら、お店で色々な物が買えるのは当たり前です。
日本なら当たり前ですが、当たり前でない国もあります。
私たちは日本に生まれたから、電車がほぼ定刻に来たり、
信号が正しく変わったり、ということを享受しています。

待ち合わせに遅れてきても、その人が生きていたから
会えた。ゴールが達成できなくても、生きているから
やり直しができる。嫌な会社だけど、お客さんが
お金を払ってくれているからお給料をもらえる。
嫌な人だけど、命までは取られない。

イライラしたら原因を突き止め、感謝できる点を
探しましょう。イライラできること自体、実は
幸せなことなのかもしれません。

イライラの波動が止んだ人にはニコニコの波動を
持つ人が近づいてきます。イライラの波動を
持つ人が遠ざかります。周りにイライラする人が
多いと、自分もそのようになってしまいます。

イライラする自分が嫌な人は、ニコニコしている
人とつきあいましょう。おおらかな人の考えを、
抵抗があったとしてもとりあえず真似してみましょう。

イライラしたら、時間が経ってからでもいいから、
感謝できるところを探しましょう。

そして自分本来の目的を意識する。

ちょっと面倒に感じるかもしれませんが、死ぬ前の日
まで今の状態でいるのと、今行動して少しずつでも
改善していくのとどちらがいいんでしょうね。

「本当はどうしたいの?」
そう自分に問いかけてみましょう。

感謝できるところを探すことで、幸せなマインド
持てる自分が築かれていきます。


スポンサーリンク



ぺん子「イライラしている自分を自覚して、原因を冷静に分析するのが大事ってことね。」

ぺんぺけ「毎日おいしいものを食べれば、イライラはしないぺけ〜」

ぺん子「ぺんぺけは何も考えてないので、イライラすることなんてないんじゃないの?」

は王「イライラの理由を考え、そして人に感謝する気持ちを常にもてば、今よりずっとイライラすることは減っていくであろうな。」



 

すぐイライラする(イライラする理由を考える)関連ページ

ポジティブシンキングをトライ(多くの幸せな人が持った思考)
何事も意識することから始まります。ポジティブシンキングを否定せずに、一度試してみてはいかがでしょうか。
怒りを鎮める(日々の心がけで大分収まります)
怒りの感情は自分自身で対処出来るように、日々から意識しておくと良いかもです。
自分に自信がない(自分を愛せるようになるためには)
人生が辛くなった時、生きるのが辛くなったとき。きっかけは色々あると思います。そのきっかけは何だったのでしょうか。仕事がうまくいかなかったのか。人づきあい、人間関係がうまくいかなかったのか。片想いに苦しくなったのか。失恋したのか。生きる希望を失ったのか。事業に失敗したのか。燃え尽きたのか。そんな時に、もしも文章を読む気力が残されているのなら、当サイトを覗いて見ていって下さい。
あなたも興味ない私も興味はない(興味はどこから抱くのか)
人は人に興味はない。自分も人に興味はない。しかし、興味がある人は確実にいたりします。その興味がある人は、いったい何に興味をもったのでしょうか。
自分を好きになる(人を愛して愛されて見よう)
自分を好きになることを考える時、何が原点となる考えになるのか。それはありきたりなプラス思考以外の所にあるかもしれません。
どの視点で見るか(相手なりの言い分があるのです)
人それぞれの視点で自分なりの意見があります。自分の意見を押し付けるか、相手の視点にたって考えるか。どの視点でものをみるかで劇的に人生は変わっていくのです。
やる気が出ない(人生やる気が起きない時は)
人生やる気がない時は往々にしてあるものです。長期的なスパンで物事を見て、最終地点を決めておくことで、ぐっと心は楽に慣れます。
元気が出ない時(落ち込むも元気も周期があります)
元気が出ない時は誰にでもあります。それが定期的にくるものなのか、何か他に原因があるのか。それによって対策も変わるので、客観的に原因を見て見よう。
現実逃避ばかり(まずは受け入れて見る)
したくないことをやらねばならない時、人は違うことをしてしまいがちです。そのような時に本来しなければならないことをいかにしていくかを考えて見よう。
へこみやすい(へこむ負のパターンから抜け出そう)
へこむ時は大体パターンが決まっています。今へこむパターンに入っていると思った時は、いつもと違う行動に無理にでも出て見ると、思考も変わって行くでしょう。
気分が安定しない(機嫌が悪い時に試して見よう)
常に気分が安定している人なんていません。出来るだけ気分が安定しない振り幅を減らすために、出来ることを試してみましょう。
気持ちがコロコロ変わる(人が行動する理由)
気持ちがコロコロ変わるのはある程度仕方ありませんが、行動する理由が分かると少しは気持ちを安定させることができるかもしれません。
自分が嫌い(人の良い所だけが見えている)
自分が嫌いな人は、嫌いな部分しか見えてないことがほとんどです。自分の好きな部分になるべく目を向けるようにしていきましょう。
一時的な感情に流される(人の判断方法)
人生は常に選択の連続であり、何によって判断しているかを知ることで、一時的な感情に流される頻度を減らせます。
できない理由ばかり(思考の転換)
出来ない理由ばかりを探していては、いつまでたっても状況は変わらないでしょう。思考を変えることで、出来る状態に持っていくことが大切です。
1人で寂しい(1人も大切にする)
ふとした時急に1人が寂しくなることがありますが、そんな1人の時間も大切にできるようになりたいものです。
勇気を持つ(本当の自分の声を聞こう)
本当の自分の声に耳を傾け、勇気を持つ。それができれば人生に後悔はしないでしょう。
自分を強く見せない(強がっても周りにはすぐにバレる)
自分を強く見せても、自分をだましきることはできないでしょう。
自分が本当にしたいこと(やっぱり紙に書くこと)
面倒ですが、紙に書きだすことで本当にしたいことが劇的に見えてきます。エクセルでもいいでしょう。
やりたいことを許してあげる(心の余裕を持とう)
忙しい人生を送っていては、何のための人生か分からなくなるでしょう。
嫌な気持ちになったとき(マントラ)
嫌な気持ちを切り替えられる、自分なりの方法を築いておくとよいでしょう。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール