生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

気分が安定しない(機嫌が悪い時に試して見よう)

ぺん子「私ってば機嫌に左右されるので、どうも気分が安定しないのよね〜。」

ぺんぺけ「おいしいもの食べていれば、気分も常に安定するぺけ〜」

ぺん子「確かにおいしいものを食べている時って幸せだよね!もうちょっと幸せの基準を下げて見ようかしら。」





人の気分はそもそも機嫌に左右されるもの。。。


どうも最近、気分が安定しない。
一時安定しても続かない。
無性に食べてしまう。

理由もないのにむしゃくしゃする。
あの人が来るとうまくいかなくなる。
嫌な気分になる。

このような経験をした方、いらっしゃいますか。

できることなら気分を安定させて、いつも効率
よく仕事がしたい。物事に取り組みたい。

誰もが思うことではないでしょうか。

誰でも気分が安定しない状態より、いい気分で仕事に
プライベートに取り組みたいものです。

その助けになる考え方をご紹介します。

1 気分が安定しないのは当たり前

空を見上げてみましょう。
全く同じ天気が二度とないように、
1日の流れも全く同じ1日はありません。

加齢、睡眠時間、天気、周りの人の状態によって
気分は左右されてしまいます。

そもそも気分は安定しないものなのです。

だからといって、何もしなければ退屈してしまいます。
気分の安定にとらわれすぎないようにしましょう。
「こんなものだ」と割り切ってみてはどうでしょうか。

2 気分が安定しないのは周りに流されてるから?

隣の人がイライラしているのを見て、つい自分も
イライラしてしまった経験はありませんか。

その時隣の人が悪いと思ってしまいがちです。

でも全員が全員同じ反応をするかというと、そうではないはずです。
イライラしてしまうのは実は自分が選択しているのです。

そんな時は、あの人の何が原因でイライラしてしまうのだろう。
あの人がどうだったら、自分はいいと思うのだろう。
そして、人を指摘する自分はそのような行動をとれているだろうか?

と自己を振り返る機会にしてしまいます。

そうすると、嫌な感情から離れ自分を成長させることができます。
イライラしていたのに、それを成長の機会にしてしまう自分を
ほめてあげましょう。

3 気分を安定させるために誰かにいいことをしてみる

誰かにありがとう、と言われるとうれしくなります。
もし言われなくても、自分ができたことを褒めてあげましょう。

人は他人から評価されたいもの。
でも他人からの評価は安定しません。

だから自分で自分をジャッジすることです。
ジャッジした自分が外面に現れてきます。

あなたは自分をどうみなしていますか。
誰かにいいことをして、さらに自分をほめてみましょう。

4 気分がいい時の顔をしてみる

ディズニーランドへは毎日のように行けないけれど
ディズニーランドへ行った時の思い出は、何度も
心の中から取り出してくることができます。

思い出したら、その時のしぐさ、表情をしてみましょう。
もちろん部屋でこっそりです!

うれしい気分はうれしい出来事を引き寄せます。
参考:本当に幸せになるためには(幸せマインドを手に入れよう)

落ち込んだ気分は、落ち込むような出来事を引き寄せます。

要は自分に自信を持つことです。
心掛けると、不思議と気分が安定してきます。

人はその時の機嫌によって、ある程度気分が安定しない
のは当たり前のことです。


宝くじで1千万円当たった時に、自転車でぶつけられても
大抵の人は許してしまうでしょう。

機嫌がいい時は機嫌がいい。機嫌が悪い時は機嫌が悪い。

ですので、ある程度気分が安定しないのは、許容するようにし、
気分が良くない時は、今回の記事で書かれたようなことを
実践していくと良いでしょう。


スポンサーリンク



ぺん子「常にご機嫌でいられることなんて不可能だもんね。でも出来る限り、穏やかな気分でいたいものではあるよね。」

ぺんぺけ「そんな時のためにお菓子を常備しておくと良いぺけけ〜」

は王「気分の安定は人によってばらつきはあるであろう。しかし気分が安定しにくい人が、自分でそこに気づくのはとても素晴らしいことだ。まずは自分を客観的に眺めることが自己啓発の基本でもあるので、気分が安定してない時は、どうやったらよい状態にもっていけるのかをまずは考えることが重要になってくるんだな。その上で楽しいことを想像するといいだろう。」



 

気分が安定しない(機嫌が悪い時に試して見よう)関連ページ

ポジティブシンキングをトライ(多くの幸せな人が持った思考)
何事も意識することから始まります。ポジティブシンキングを否定せずに、一度試してみてはいかがでしょうか。
怒りを鎮める(日々の心がけで大分収まります)
怒りの感情は自分自身で対処出来るように、日々から意識しておくと良いかもです。
自分に自信がない(自分を愛せるようになるためには)
人生が辛くなった時、生きるのが辛くなったとき。きっかけは色々あると思います。そのきっかけは何だったのでしょうか。仕事がうまくいかなかったのか。人づきあい、人間関係がうまくいかなかったのか。片想いに苦しくなったのか。失恋したのか。生きる希望を失ったのか。事業に失敗したのか。燃え尽きたのか。そんな時に、もしも文章を読む気力が残されているのなら、当サイトを覗いて見ていって下さい。
あなたも興味ない私も興味はない(興味はどこから抱くのか)
人は人に興味はない。自分も人に興味はない。しかし、興味がある人は確実にいたりします。その興味がある人は、いったい何に興味をもったのでしょうか。
自分を好きになる(人を愛して愛されて見よう)
自分を好きになることを考える時、何が原点となる考えになるのか。それはありきたりなプラス思考以外の所にあるかもしれません。
どの視点で見るか(相手なりの言い分があるのです)
人それぞれの視点で自分なりの意見があります。自分の意見を押し付けるか、相手の視点にたって考えるか。どの視点でものをみるかで劇的に人生は変わっていくのです。
やる気が出ない(人生やる気が起きない時は)
人生やる気がない時は往々にしてあるものです。長期的なスパンで物事を見て、最終地点を決めておくことで、ぐっと心は楽に慣れます。
元気が出ない時(落ち込むも元気も周期があります)
元気が出ない時は誰にでもあります。それが定期的にくるものなのか、何か他に原因があるのか。それによって対策も変わるので、客観的に原因を見て見よう。
現実逃避ばかり(まずは受け入れて見る)
したくないことをやらねばならない時、人は違うことをしてしまいがちです。そのような時に本来しなければならないことをいかにしていくかを考えて見よう。
へこみやすい(へこむ負のパターンから抜け出そう)
へこむ時は大体パターンが決まっています。今へこむパターンに入っていると思った時は、いつもと違う行動に無理にでも出て見ると、思考も変わって行くでしょう。
気持ちがコロコロ変わる(人が行動する理由)
気持ちがコロコロ変わるのはある程度仕方ありませんが、行動する理由が分かると少しは気持ちを安定させることができるかもしれません。
自分が嫌い(人の良い所だけが見えている)
自分が嫌いな人は、嫌いな部分しか見えてないことがほとんどです。自分の好きな部分になるべく目を向けるようにしていきましょう。
一時的な感情に流される(人の判断方法)
人生は常に選択の連続であり、何によって判断しているかを知ることで、一時的な感情に流される頻度を減らせます。
できない理由ばかり(思考の転換)
出来ない理由ばかりを探していては、いつまでたっても状況は変わらないでしょう。思考を変えることで、出来る状態に持っていくことが大切です。
1人で寂しい(1人も大切にする)
ふとした時急に1人が寂しくなることがありますが、そんな1人の時間も大切にできるようになりたいものです。
勇気を持つ(本当の自分の声を聞こう)
本当の自分の声に耳を傾け、勇気を持つ。それができれば人生に後悔はしないでしょう。
自分を強く見せない(強がっても周りにはすぐにバレる)
自分を強く見せても、自分をだましきることはできないでしょう。
自分が本当にしたいこと(やっぱり紙に書くこと)
面倒ですが、紙に書きだすことで本当にしたいことが劇的に見えてきます。エクセルでもいいでしょう。
すぐイライラする(イライラする理由を考える)
単純にイライラするのではなく、少し考えることで、大分イライラは減るでしょう。
やりたいことを許してあげる(心の余裕を持とう)
忙しい人生を送っていては、何のための人生か分からなくなるでしょう。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール