生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

現実逃避ばかり(まずは受け入れて見る)

ぺん子「仕事の報告書もしなきゃだし、部屋も片付けなきゃだし、資格の勉強もしたいのに、全く手がつかないわ。」

ぺんぺけ「まずは休憩するぺけけ〜」

ぺん子「いつもそれで、結局何も出来ずじまいなんだよね…」





なぜ行動出来ないのかの理由を知る。。。


やらなければいけないことがあるのに
ついテレビを見たり、スマホをいじったり、
何かを食べたり…

現実逃避をしたことがない人はいないでしょう。

休憩なしに何かを続けることはできません。

仕事の合間におやつを食べる。同僚とおしゃべりする。
気分転換だって、ある意味ちょっとした現実逃避です。

ですが現実逃避は悪いことだと思い、
「私って、現実逃避ばかりでダメ人間だ・・・・」
と落ち込んでしまう人もいるようです。

日常生活に支障が出ないなら、現実逃避はむしろいいことです。
現実逃避がエネルギーになり、また元気に働けるサイクルを
作っている人もいます。

「自分はダメ人間だ。」
そう思うことが問題なのです。

自分はダメだ、という言葉は強力です。
→参照:言葉は魔法(自分に素敵な言葉をかけて見よう)

「自分はダメだ」と思った瞬間、脳はその根拠となる理由を
過去の経験や記憶から引っ張り出してくるからです。

現実逃避ばかりしている人は、果たしてダメな人間なのでしょうか。

例えば映画プロデューサーや小説家は頭の中は空想だらけでしょう。
現実逃避でも極めると映画や小説など立派な作品になるわけです。

パチンコやギャンブルでも本を出せるようになれば、
現実逃避行動ではなくなってきます。

あまりにも現実逃避してしまってそれが止まらないのなら、
外に表現する方法を考えましょう。意外と楽しいかもしれません。

ですが、現実逃避で社会生活に影響が出ているとやはり困りますね。
遅刻した、無断欠勤してしまった、指示を忘れてミスしてしまった…。

現実逃避を減らしたい人もいるかもしれません。

何かを改善する時には測定することが有効です。

お金を貯めたいなら、家計簿をつけますよね。
測定することで理由がはっきりして、対処法が見えてくるのです。

現実逃避も同じです。

仕事に行きたくないなら、どういう理由で行きたくないのか。

誰かが怖いのか。怖いのだとしたら、いつ、どんな時に
怖いと感じるのか。原因は何なのか考える必要があります。

責任のある仕事から逃れたいのか。

理想の自分になれないから、一時的な快楽でごまかしているのか。
心の底で抱えている悩みがあるのかもしれません。

現実逃避している間も、刻々と時間は流れていきます。

人生を80年とすると70万800時間です。
1年は8760時間です。意外と少ないですね。

現実逃避した後現実に直面して渋々やっていく道を選ぶのか、
それとも

現実逃避を効果的に利用して、自分の人生を高めていくのか。

世の中は誰かのせいで回っていると思うかもしれませんが、
誰かのせいにしているうちは人生が豊かになりません。

選ぶのはあなた自身です。そして、どちらを選んだとしても
あなたは正しいのです。

幸せマインド」を生活に取り入れ、少しでも心豊かな
人生を歩んで頂ければと思います。


スポンサーリンク



ぺんぺけ「おいしいお店のリストアップをして、さらなる味を求めて行くぺけ〜」

ぺん子「ぺんぺけの場合は食に現実逃避しているというより、趣味の領域になってるわね。」

は王「やらねばならないことが多い時、つい漫画を読んだりテレビを見たり、だらだらネットをしたりやスマホをいじったりしてしまう。これは至って自然なことだが、何でも行動には理由があるので、メモに書いて言葉に残す習慣をつけることがまずは大事かもしれないな。」



 

現実逃避ばかり(まずは受け入れて見る)関連ページ

ポジティブシンキングをトライ(多くの幸せな人が持った思考)
何事も意識することから始まります。ポジティブシンキングを否定せずに、一度試してみてはいかがでしょうか。
怒りを鎮める(日々の心がけで大分収まります)
怒りの感情は自分自身で対処出来るように、日々から意識しておくと良いかもです。
自分に自信がない(自分を愛せるようになるためには)
人生が辛くなった時、生きるのが辛くなったとき。きっかけは色々あると思います。そのきっかけは何だったのでしょうか。仕事がうまくいかなかったのか。人づきあい、人間関係がうまくいかなかったのか。片想いに苦しくなったのか。失恋したのか。生きる希望を失ったのか。事業に失敗したのか。燃え尽きたのか。そんな時に、もしも文章を読む気力が残されているのなら、当サイトを覗いて見ていって下さい。
あなたも興味ない私も興味はない(興味はどこから抱くのか)
人は人に興味はない。自分も人に興味はない。しかし、興味がある人は確実にいたりします。その興味がある人は、いったい何に興味をもったのでしょうか。
自分を好きになる(人を愛して愛されて見よう)
自分を好きになることを考える時、何が原点となる考えになるのか。それはありきたりなプラス思考以外の所にあるかもしれません。
どの視点で見るか(相手なりの言い分があるのです)
人それぞれの視点で自分なりの意見があります。自分の意見を押し付けるか、相手の視点にたって考えるか。どの視点でものをみるかで劇的に人生は変わっていくのです。
やる気が出ない(人生やる気が起きない時は)
人生やる気がない時は往々にしてあるものです。長期的なスパンで物事を見て、最終地点を決めておくことで、ぐっと心は楽に慣れます。
元気が出ない時(落ち込むも元気も周期があります)
元気が出ない時は誰にでもあります。それが定期的にくるものなのか、何か他に原因があるのか。それによって対策も変わるので、客観的に原因を見て見よう。
へこみやすい(へこむ負のパターンから抜け出そう)
へこむ時は大体パターンが決まっています。今へこむパターンに入っていると思った時は、いつもと違う行動に無理にでも出て見ると、思考も変わって行くでしょう。
気分が安定しない(機嫌が悪い時に試して見よう)
常に気分が安定している人なんていません。出来るだけ気分が安定しない振り幅を減らすために、出来ることを試してみましょう。
気持ちがコロコロ変わる(人が行動する理由)
気持ちがコロコロ変わるのはある程度仕方ありませんが、行動する理由が分かると少しは気持ちを安定させることができるかもしれません。
自分が嫌い(人の良い所だけが見えている)
自分が嫌いな人は、嫌いな部分しか見えてないことがほとんどです。自分の好きな部分になるべく目を向けるようにしていきましょう。
一時的な感情に流される(人の判断方法)
人生は常に選択の連続であり、何によって判断しているかを知ることで、一時的な感情に流される頻度を減らせます。
できない理由ばかり(思考の転換)
出来ない理由ばかりを探していては、いつまでたっても状況は変わらないでしょう。思考を変えることで、出来る状態に持っていくことが大切です。
1人で寂しい(1人も大切にする)
ふとした時急に1人が寂しくなることがありますが、そんな1人の時間も大切にできるようになりたいものです。
勇気を持つ(本当の自分の声を聞こう)
本当の自分の声に耳を傾け、勇気を持つ。それができれば人生に後悔はしないでしょう。
自分を強く見せない(強がっても周りにはすぐにバレる)
自分を強く見せても、自分をだましきることはできないでしょう。
自分が本当にしたいこと(やっぱり紙に書くこと)
面倒ですが、紙に書きだすことで本当にしたいことが劇的に見えてきます。エクセルでもいいでしょう。
すぐイライラする(イライラする理由を考える)
単純にイライラするのではなく、少し考えることで、大分イライラは減るでしょう。
やりたいことを許してあげる(心の余裕を持とう)
忙しい人生を送っていては、何のための人生か分からなくなるでしょう。
嫌な気持ちになったとき(マントラ)
嫌な気持ちを切り替えられる、自分なりの方法を築いておくとよいでしょう。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール