生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

自分が嫌い(人の良い所だけが見えている)

ぺん子「私って自分に甘いし、決めたことも守れないし、本当に自分が嫌になってくるわ。」

ぺんぺけ「おいしいもの食べて幸せな気持ちになれば、自分も好きになれるぺけ〜」

ぺん子「なんかものすごい発想だけど、幸せな気持ちになるのは自分を好きになるのに大事かもね…」





自分の良い所を見つめてみる。。。


あなたは自分のことが好きですか?
私は自分が嫌いでした。
今は好きかっていえばよくわかりませんが、
自分が嫌いって思いにとらわれなくなりました。

自分が嫌いって思うときはどんな時でしょうか。
あの子はどうしてあんなにキレイなの。
私の方が努力してるのに。
嫉妬してしまう。私って嫌な人間。

相手を褒めてあげることもできるのに、
自分をマイナスに評価してしまいます。
それは自分のいいところがわからないからだと思います。

つまり自分に自信がないということ。

私は私だけのいいところがあって、オリジナルな
オンリーワンの人間なんだと思うことができれば、
他人と比較しても落ち込まないわけです。

そんな、私には何もできない・・・などと思われるでしょうか。

今この画面を見ているあなたは、目が見えていたり、
耳が聞こえたり、理解する能力があったり…

え、「そんなの誰でも同じ。」ですって?

じゃあ、こんな人を見てどう思いますか。
ミスコンに選ばれた人が自分の足の小指の爪を見て、
「きれいじゃない…」と悩んでいます。

人は誰もが必ずコンプレックスを持っています。

有名な人も、そうでない人も、きれいな人も、
仕事ができる人も、ピアノが上手な人も・・・

誰もが例外なくです。

人をうらやむ人はその人のいい面を見つけています。
人のいいところを見つける名人なのです。

もしそれを褒めてあげられるなら、すごくないですか?

落ち込んでいる時に、あなたの言葉を聞いたら
どんなにか救われることでしょう。

考え方などであれば取り入れてしまえばいいのです。
どうすれば、あの人のように魅力的になれるのか。

自分が好きになれないのは、自分に自信がなく何もできないと
思っているからではないでしょうか。

なんでもいい、なにか目標を1つ立ててみましょう。

1日仕事をして無事に帰ってくる。
元気にあいさつをしてみる。
寄り道しないで帰ってみる。

達成できたら達成できた自分を褒めてあげる。

この小さな達成体験が、自分を好きになることにつながっていきます。
いつも途中であきらめていた。でも、今回はあきらめなかった。
そのことができたということが、自信につながるというわけです。

他の人と自分を比べると、自分の自尊心が引き裂かれてしまいます。
あなたは世界に一人しかいないのです。
その自分を自分で労わらなくて、誰がいたわってくれるのでしょう。

自分を大切にすること。自分が嫌いと思わないこと。
自分の気持ちを正直に認めること。そして、自分に語りかけてみましょう。
「がんばってるよね。今週もお疲れ様。」

自分が嫌いな状況ではいつまでたっても気持ち良く生活
できませんし、そこには幸せも訪れてきません。

ちょっとした意識で人生は変わりますので、自分を好きになる
方向へ意識を変えることを諦めないで欲しいと思います。


スポンサーリンク



ぺん子「嫌いな所ばかり見てたらそりゃ自分が嫌いになって行くわね。良い所見つけないと!」

ぺんぺけ「食べ物の好き嫌いがない所は良いところだぺけ〜」

ぺん子「それって良い所なのかしら…」

は王「誰しも自分の嫌いな所は持っているもの。人の良い所が見つけられるなら、自分の良い所もすぐに見つけられるはず。良い所を見つけていけば、自ずと自分を好きになり、愛せるようになっていくものだよ。」



 

自分が嫌い(人の良い所だけが見えている)関連ページ

ポジティブシンキングをトライ(多くの幸せな人が持った思考)
何事も意識することから始まります。ポジティブシンキングを否定せずに、一度試してみてはいかがでしょうか。
怒りを鎮める(日々の心がけで大分収まります)
怒りの感情は自分自身で対処出来るように、日々から意識しておくと良いかもです。
自分に自信がない(自分を愛せるようになるためには)
人生が辛くなった時、生きるのが辛くなったとき。きっかけは色々あると思います。そのきっかけは何だったのでしょうか。仕事がうまくいかなかったのか。人づきあい、人間関係がうまくいかなかったのか。片想いに苦しくなったのか。失恋したのか。生きる希望を失ったのか。事業に失敗したのか。燃え尽きたのか。そんな時に、もしも文章を読む気力が残されているのなら、当サイトを覗いて見ていって下さい。
あなたも興味ない私も興味はない(興味はどこから抱くのか)
人は人に興味はない。自分も人に興味はない。しかし、興味がある人は確実にいたりします。その興味がある人は、いったい何に興味をもったのでしょうか。
自分を好きになる(人を愛して愛されて見よう)
自分を好きになることを考える時、何が原点となる考えになるのか。それはありきたりなプラス思考以外の所にあるかもしれません。
どの視点で見るか(相手なりの言い分があるのです)
人それぞれの視点で自分なりの意見があります。自分の意見を押し付けるか、相手の視点にたって考えるか。どの視点でものをみるかで劇的に人生は変わっていくのです。
やる気が出ない(人生やる気が起きない時は)
人生やる気がない時は往々にしてあるものです。長期的なスパンで物事を見て、最終地点を決めておくことで、ぐっと心は楽に慣れます。
元気が出ない時(落ち込むも元気も周期があります)
元気が出ない時は誰にでもあります。それが定期的にくるものなのか、何か他に原因があるのか。それによって対策も変わるので、客観的に原因を見て見よう。
現実逃避ばかり(まずは受け入れて見る)
したくないことをやらねばならない時、人は違うことをしてしまいがちです。そのような時に本来しなければならないことをいかにしていくかを考えて見よう。
へこみやすい(へこむ負のパターンから抜け出そう)
へこむ時は大体パターンが決まっています。今へこむパターンに入っていると思った時は、いつもと違う行動に無理にでも出て見ると、思考も変わって行くでしょう。
気分が安定しない(機嫌が悪い時に試して見よう)
常に気分が安定している人なんていません。出来るだけ気分が安定しない振り幅を減らすために、出来ることを試してみましょう。
気持ちがコロコロ変わる(人が行動する理由)
気持ちがコロコロ変わるのはある程度仕方ありませんが、行動する理由が分かると少しは気持ちを安定させることができるかもしれません。
一時的な感情に流される(人の判断方法)
人生は常に選択の連続であり、何によって判断しているかを知ることで、一時的な感情に流される頻度を減らせます。
できない理由ばかり(思考の転換)
出来ない理由ばかりを探していては、いつまでたっても状況は変わらないでしょう。思考を変えることで、出来る状態に持っていくことが大切です。
1人で寂しい(1人も大切にする)
ふとした時急に1人が寂しくなることがありますが、そんな1人の時間も大切にできるようになりたいものです。
勇気を持つ(本当の自分の声を聞こう)
本当の自分の声に耳を傾け、勇気を持つ。それができれば人生に後悔はしないでしょう。
自分を強く見せない(強がっても周りにはすぐにバレる)
自分を強く見せても、自分をだましきることはできないでしょう。
自分が本当にしたいこと(やっぱり紙に書くこと)
面倒ですが、紙に書きだすことで本当にしたいことが劇的に見えてきます。エクセルでもいいでしょう。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール