生きるのが辛い・しんどい・疲れた時 生きるのがしんどい

シンプルに考える(考え過ぎない)

ぺん子「何かやろうと思っていてもあれこれ考えて結局何もできずに1日が終わってしまったわ〜」

ぺんぺけ「ネットでふぐ料理を探していたら、時間が終わってしまったぺけ〜」

ぺん子「ぱって行動する何かいい方法はないのかしら。」





シンプルに行動してみよう。。。


例えば、あなたが痩せたいとします。
食事を減らすのか、運動をするか、ジムに行くか、
考えた結果、ジムに行くことに決めたとします。

そこでどのジムがいいかなあ、と調べるわけです。

でもそのジムの人が厳しかったらどうしようとか、
サービスいいかなとか、ジムを続けることができるかなとか、
そこで迷ってばかりいると前に進まないわけです。

とにかく体験してみる。不満なら別の方法を考える。
そうシンプルに考えるだけです。

行動できない原因の1つに、
プロセスにフォーカスしている事が挙げられます。

朝起きるときも、今日1日、どう行動するか
「起きて顔洗って、歯を磨いて、朝食を食べて…」
とプロセスばかりに気を取られていると二度寝してしまうわけです。

時間になったら、何も考えずに行動する。
そういうシンプルな考えが必要なこともあります。

誰もが人生で後悔することがあります。
自分の後悔した数を数えてみて、やった後悔と
やらなかった後悔どちらが多いでしょうか。

「なぜ、あれをやってしまったのだろう」という後悔より
「なぜ、あの時やらなかったのだろう」という後悔の方が
多かったり、悔いが残っていませんか。

イメージトレーニングも必要ですが、
それは行動が伴わなければ無意味です。

行動して行動して行動して修正すればいいのです。

本ばかり読んでいても1つも行動に移さないのなら、
それは時間の無駄です。

今直面している問題は本当に答えを探す必要があるものなのか、
自分が影響を与えられるものなのか、
それとも自分の力では変えられないものなのか、
見極める必要があります。

すぐには解決できないと思うような問題でも、
行動していくうちにヒントが見つかるはずです。

にっちもさっちも行かなくなったら仕切り直すことも必要です。
わかる人に聞く、調べる。やり方を変えることです。

考える時間が無駄、と言っているのではありません。

しかしダラダラと考える時間を取りすぎるのも良くありません。
ある程度考えた後は行動に移した方が進捗するものです。
そういったこともシンプルに考える1つと言えるでしょう。

今行動できない自分がいるとしたら、
達成したい結果にはっきりフォーカスすることです。

達成するために何をする必要があるのか?
達成すれば何を得て何を失うのか?
達成しなかったら何を得て何を失うのか?

これらを検証するだけでもずいぶんとスッキリします。

最初から完ぺきにできる人はいません。
完ぺきを目指して進捗が遅れたのでは本末転倒です。

動きながらよりよい方法を探してやってみる。
いつもより良い方法を探すためのアンテナを立てておく。
行き詰ってしまったら、シンプルに考えるようにしましょう。

シンプルに考えることで幸せも案外シンプルに見つかる
かもしれません。


スポンサーリンク



ぺん子「とにかく行動しながら詰まった時に考えていくのが、シンプルな考えということね。」

ぺんぺけ「シンプルに食べに行くよ〜」

ぺん子「どっちにしても食べに行くんだしね…」

は王「シンプルに考えるとは、結局どういう結果になりたいかということにフォーカスを置いて、まずは深く考えずに動いてみるということかも知れないな。」



 

シンプルに考える(考え過ぎない)関連ページ

物を持たない生活(シンプルライフの基本)
物を持たない生活をすると考えることが減ってきます。考えることを減らすことで、より自分が好きなことに考える時間を使えるでしょう。
断捨離(どれか1つからでも始めよう)
必要な物しかないホテルや旅館などはとても気持ちよく過ごせます。家でも快適空間を作っていきましょう。
シンプルに生きる(考えることをなくす)
人は常に考えて選択しています。これらを減らすことで、グッとシンプルに生きることができます。
心の自由(自由はあなたが思うことで手に入る)
肉体的な自由ではなく、心の自由は誰にも邪魔されないのです。
ミニマリズム(精神的スペースも確保できる)
物を減らすことで物理的なスペースを確保するだけでなく、精神的なスペースも確保できるようになります。
空間に余裕を残す(好きなものに囲まれよう)
物に溢れた家で住むより、すっきりした家で住む方が、心も幸せな気分になれます。
情報断食しませんか?(情報の取捨選択)
巷にはいらない情報で溢れかえっています。つまらない情報で心の健康を振り回されるのではなく、自分が必要な情報を取得するようにしてみましょう。
自己啓発もシンプルに(継続させよう)
色々な自己啓発に取り組むと、どれも中途半端になるでしょう。
当たり前のことを大切に(シンプルに生き考える)
当たり前だと思われている行動をとると、気持ちも方向も定まってくるものです。
種をまき、水をまく(育てるとは)
植物もまた精一杯生きているのです。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール