生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

自己啓発もシンプルに(継続させよう)

ぺん子「自己啓発をして、女子力をアップさせたいところだわ。」

ぺんぺけ「自己啓発より団子だぺけ〜」

ぺん子「それを言うなら花より団子でしょ!」

ぺんぺけ「団子よりもあんまんがいいぺけけ〜」





自己啓発も継続が大切。。。


「引き寄せの法則」
「ありがとうを〇万回言うと奇跡が起きる」
「神社参りで開運効果」

など、世の中は自己啓発ブームですね。

ブームになる前からも、早起き、ジョギング、筋トレ、
読書、セミナー、食事の改善など、「自分を高める」
ことに興味のある人は多いです。

ですが、ブームだからこその落とし穴…
自己啓発ブームに踊らされてはいませんか?

これだけ情報があふれていると、実際に本を読んだり、
何かを始めてみたという人も多いでしょう。

毎日「ありがとう」を言い続けたり、朝5時に起きて
仕事のメールをチェックしてみたり、ネガティブシンキングは
ポジティブシンキングに切り替えて、いい呼吸法があれば
やってみて、手帳術の本を何冊も読んで、
お客様には感謝のはがきを書いてみる。

そして、どれもこれも中途半端でやめてしまった…
そんな経験はないでしょうか?

自己啓発はシンプルにすることが、長く続けるコツです。

どの方法にも一理あり、地道に続ければ効果が出てくると
思うのですが、あれもこれもと手を出してしまうと、
一つ一つにかける十分な時間がとれずに、中途半端に
なってしまうのです。

そして「やっぱり効果がないね」と、別の方法に手を
出してしまうのです。

これではどうしても、中級〜上級レベルの効果が
得られるわけはないのです。

自己啓発はシンプルにすること。

もともとゼロだったものを始めるわけですから、一度に
たくさんの方法を使っても、疲れてしまうだけでしょう。

そして何よりも、何が何やら分からなくなって、
どの効果が出たかもわからなくなるでしょう。

自己啓発を始める時は、できるだけシンプルにすることです。

「まずは、朝5時起きを3ヶ月続ける」
「まずは、1日100回のありがとうを1ヶ月続ける」
「まずは、その日のお客様に感謝のメールを出すことを1年続ける」

など、1つのことを期限を決めて始めてみましょう。

そしてそれがクリアできたら、回数を増やす、期限を
延ばす、などのハードルを上げてみる。

自己啓発をシンプルに始めると、落ち着いた気持ちで
続けることができます。

自己啓発をシンプルにすることで、できなかった時の
言い訳もしにくくなります。

自己啓発をシンプルにすることで、
自分の小さな変化にも気づきやすくなります。

自己啓発も、習い事と同じなのですね。

「武道と英会話と陶芸を始めるぞ!」と思っても、
全部を続ける時間を作ること、自宅で復習する
時間を持つことは難しいでしょう。

ある程度身について、自分自身が納得できたところで、
2つ目、3つ目と増やしていけばいいのです。

そして多すぎると思ったら、減らすことです。

自己啓発も、たくさんやればやるほど効果が出る、
というものではありません。自己啓発もシンプルに。

たった1つの方法でも、コツコツ続けていくことで、
あなたの人生は変わることでしょう。


スポンサーリンク



ぺん子「自分が継続できそうな自己啓発を選ぶことが大事ってことね。」

ぺんぺけ「継続してあんまんを食べるぺけ〜」

ぺん子「体に悪そうねそれ…」

は王「何事も欲張るとよくない。自己啓発は素直にシンプルに取り組むと良いだろうな。」



 

自己啓発もシンプルに(継続させよう)関連ページ

シンプルに考える(考え過ぎない)
あれこれ考えていたら、結局行動できません。まずは動いてみることがシンプルに考える原点かもしれません。
物を持たない生活(シンプルライフの基本)
物を持たない生活をすると考えることが減ってきます。考えることを減らすことで、より自分が好きなことに考える時間を使えるでしょう。
断捨離(どれか1つからでも始めよう)
必要な物しかないホテルや旅館などはとても気持ちよく過ごせます。家でも快適空間を作っていきましょう。
シンプルに生きる(考えることをなくす)
人は常に考えて選択しています。これらを減らすことで、グッとシンプルに生きることができます。
心の自由(自由はあなたが思うことで手に入る)
肉体的な自由ではなく、心の自由は誰にも邪魔されないのです。
ミニマリズム(精神的スペースも確保できる)
物を減らすことで物理的なスペースを確保するだけでなく、精神的なスペースも確保できるようになります。
空間に余裕を残す(好きなものに囲まれよう)
物に溢れた家で住むより、すっきりした家で住む方が、心も幸せな気分になれます。
情報断食しませんか?(情報の取捨選択)
巷にはいらない情報で溢れかえっています。つまらない情報で心の健康を振り回されるのではなく、自分が必要な情報を取得するようにしてみましょう。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール