生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

ミニマリズム(精神的スペースも確保できる)

ぺん子「物を持たないミニマリズムの生活って、これだけ便利なものがあると難しいよね。」

ぺんぺけ「食器と器具はなかなか手放せないぺけ〜」

ぺん子「まあ、それくらいはあってもいいんじゃないの?」

ぺんぺけ「それを保存する棚や冷蔵庫もいるぺけけ〜」





ミニマリズムで得られるもの。。。


シェアオフィスやシェアハウス、カーシェア。
ここ数年で「シェア」が加速してきたようです。
「必要なものだけ持ちたい」というのは、
誰もが持っている思いなのかもしれません。

必要最低限のものだけで暮らす。
ミニマリズムという考え方があります。

ミニマリズムを実践している人は、とにかく持っている
物が少なく、厳選されています。
ミニマリズムを実践しようとすると、8割、9割の物を
捨てることになるそうです。

あなたは捨てることや片付けは得意ですか?

頭の中がいろんな考えでごちゃごちゃしてきた時や、
集中力が途切れそうになってきた時、片付けを
始めると頭の中がすっきりするそうです。

物を決めてあるところに戻したり、不要なものを
捨てたりすると、頭の中も同時に整理される
のかもしれません。

一流ホテルの部屋はとてもシンプル。
シンプルで上質です。上質な空間にいると
上質なアイディアも生まれてきそうです。

本気の片付けをしていくと、
何が自分に必要かがわかってきます。
ほとんどの人の物欲が減ると言われています。

片付けるということは「片を付ける」つまり、「決断する」
ということ。捨てる/捨てないの決断を下していくことで
いざと言う時の決断ができることにもつながります。

気を使って、なんとなく一緒にいるだけの人間関係。
また使えるからと取っておいてある服や雑貨。
物を所有するには物理的スペースが必要です。
人間関係には精神的スペースが必要です。

なかなか使わないものに大事な居住スペースや
精神的スペースを使うのは、無駄なものに
エネルギーと家賃を浪費していることかもしれません。

自分に必要なところだけにスペースを使うのが
ミニマリズム。使わないものを取っておくことは、
あなたを新しいものと人との出会いから
遠ざけている
かもしれません。

本当に必要なものだけに囲まれると、
本当に必要なことだけを考えるようになります。
迷う選択肢が減るわけですから、本当に必要なことに
時間を使うようになります。

本当に必要なものだけを持っていて迷いが無くなったら、
どれだけの時間を節約することができるでしょう。
どれだけの時間を有意義に使えるでしょう。

現実は私たちを誘惑するもので溢れかえっています。

それで経済活動が行われている、経済が発展するからでは
ありますが、周りの流行に乗ることだけが全てではありません。

ミニマリズムの実践と考え方は、あなたが本当に
欲しいものや生きたい人生にフォーカスさせてくれます。

ミニマリズムをいきなり徹底することは難しいですが、
少しずつ物を減らしていくと、新しい幸せなエネルギーを
呼び込むこと
ができるでしょう。


スポンサーリンク



ぺん子「本当に必要なものだけを残すことで、思考もすっきりするってことね。」

ぺんぺけ「食べ物と布団しか残らなくなるぺけ〜」

ぺん子「そこまでいくと原始時代ね…」

は王「自分が好きなものだけに囲まれて、あとはばっさり切る。これをすることで、本当に自分が好きなことが見えてきて、生きる方向性も見えてくるというもの。物を捨てるミニマリズムも、少しは考えてみるといいかもしれないな。」



 

ミニマリズム(精神的スペースも確保できる)関連ページ

シンプルに考える(考え過ぎない)
あれこれ考えていたら、結局行動できません。まずは動いてみることがシンプルに考える原点かもしれません。
物を持たない生活(シンプルライフの基本)
物を持たない生活をすると考えることが減ってきます。考えることを減らすことで、より自分が好きなことに考える時間を使えるでしょう。
断捨離(どれか1つからでも始めよう)
必要な物しかないホテルや旅館などはとても気持ちよく過ごせます。家でも快適空間を作っていきましょう。
シンプルに生きる(考えることをなくす)
人は常に考えて選択しています。これらを減らすことで、グッとシンプルに生きることができます。
心の自由(自由はあなたが思うことで手に入る)
肉体的な自由ではなく、心の自由は誰にも邪魔されないのです。
空間に余裕を残す(好きなものに囲まれよう)
物に溢れた家で住むより、すっきりした家で住む方が、心も幸せな気分になれます。
情報断食しませんか?(情報の取捨選択)
巷にはいらない情報で溢れかえっています。つまらない情報で心の健康を振り回されるのではなく、自分が必要な情報を取得するようにしてみましょう。
自己啓発もシンプルに(継続させよう)
色々な自己啓発に取り組むと、どれも中途半端になるでしょう。
当たり前のことを大切に(シンプルに生き考える)
当たり前だと思われている行動をとると、気持ちも方向も定まってくるものです。
種をまき、水をまく(育てるとは)
植物もまた精一杯生きているのです。
生活に地水風火を取り入れよう(自然と触れ合う)
生活の中に自然を取り入れると、心が安らいでくるものです。
臨機応変に対応する(流れに身を任せる)
何かトラブルや予定外のことが起こった時は、その時一番良いと思う行動を取ってみるとよいでしょう。
もの作りと人生(手を動かして作業する)
満足のいく人生を送るには手を動かす必要があります。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール