生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

もの作りと人生(手を動かして作業する)

ぺん子「最近仕事ばかりで、物の整理とか全然できてないわね。」

ぺんぺけ「グルメ雑誌を整理したいぺけ〜」

ぺん子「情報は旬な方がよいしね!私はキッチン周りを片付けたいわ。」

ぺんぺけ「早速整理整頓だぺけ〜」





必要なものは作っていく。。。


あなたはものを作る事がありますか?

絵を描いたり、工作をしたりするのが
好きな人もたくさんいるでしょう。

また本格的なものでなくても、プラモデルを
作ったり、部屋に置く棚を組み立てたりと
いうように、ちょっとしたもの作りは、誰もが
普通に行っていますよね。

ですからものを作るとはどういう事なのか、
何となく理解できるでしょう。

そこで今回は、そんなもの作りの視点から
人生について考えてみたいと思います。

人は生きているだけで、たくさんの失敗をします。

中には忘れてしまいたい過去や、取り返しが
つかない(と思い込んでいる)失敗も、たくさん
あるでしょう。

そんなとき、
「あの出来事をなかった事にしたい…」
「あの時点に戻って、別の道を進みたい…」
「いっそのこと、人生そのものをやり直してしまいたい…」

そんな風に考える人も多いと思います。

ですが、人生もある意味ではもの作りと同じです。

一度始めた人生はなかった事にはできないし、
過去に起こってしまった失敗は、やり直す事が
できないのです。

たとえばあなたが、自分が住む部屋を
作っていると考えてみてください。

今までに作ってきた部屋がいくら気に入らなくても、
とりあえずそこに住まなければ生活はできません。

水道がなければ引かなければいけないし、
ガスが必要なら設置しなければいけません。

ソファが気に入らないなら、買い直す必要が
あるでしょう。

だけど、嘆いているだけでは少しも改善できません。

住み心地をよくするためには、
手を動かし続ける必要があるのです。

そうしないと、あなたは永遠に自分の部屋を
気に入る事ができないままでしょう。

過去に作った部屋からは、「これは失敗だった」
「こうするとうまくいかない」

あるいは、「この方法は良かった」
「この部分は結構気に入っている」

というような「経験」を学ぶ事ができるだけです。

部屋作りが終わる事はなく、あなたの希望や
成長に応じて、ずっと続けていく必要があるのです。

また逆に遠い未来を見過ぎても、よくありません。

「大金持ちになって、高層ビルの最上階に住みたい」
とか、
「仕事をやめて田舎で自給自足の生活をしたい」
というような願いばかりが大きくなってしまうと、

やはり、今、あなたが住んでいる部屋が、
とてもつまらないものに見えてしまうでしょう。

部屋作りをするあなたの手元はおろそかになって、
作業を続けるのが、虚しく思えてしまうのです。

ですからもの作りをするときは、
「今は、何の作業をするのが一番いいか」
を常に考えておく必要があります。

緊急に水道やガスが必要なら、取り付けをしましょう。

少し余裕があるなら、カーテンを変えて
イメージチェンジをするのもいいでしょう。

そして、将来は本気で高級住宅に住みたいと
思うなら、今の部屋づくりは最低限にして、
資金を貯めたり、新しく住む場所を探したり
するといいのです。

人生も、もの作りと同じです。

何が作りたいのか分からない状態で始めてしまうと、
よくわからないものができてしまいます。

「今はとにかく遊びたい」
「〇〇の資格がとりたいから勉強をしたい」
「結婚したいから相手が欲しい」

どんな小さな希望でも、あなたの望みが
はっきりしていれば、今は何をするべきとき
かが分かるでしょう。

あなたが満足できる人生を送るためには、実際に
手を動かして作業する事が不可欠なのですね。

そうすることで、あなたは自ら幸せを手にする
ことが出来るようになってくるのです。


スポンサーリンク



ぺん子「何をすべきか分かっていれば、行動もしやすくなるわね。」

ぺんぺけ「おいしいお店を見つけたいぺけ〜」

ぺん子「それなら自分の足で探すのが一番なんじゃない?」

は王「シンプルに考えて、自分の作りたい人生が分かっていなければ、行動できないってことだな。」



 

もの作りと人生(手を動かして作業する)関連ページ

シンプルに考える(考え過ぎない)
あれこれ考えていたら、結局行動できません。まずは動いてみることがシンプルに考える原点かもしれません。
物を持たない生活(シンプルライフの基本)
物を持たない生活をすると考えることが減ってきます。考えることを減らすことで、より自分が好きなことに考える時間を使えるでしょう。
断捨離(どれか1つからでも始めよう)
必要な物しかないホテルや旅館などはとても気持ちよく過ごせます。家でも快適空間を作っていきましょう。
シンプルに生きる(考えることをなくす)
人は常に考えて選択しています。これらを減らすことで、グッとシンプルに生きることができます。
心の自由(自由はあなたが思うことで手に入る)
肉体的な自由ではなく、心の自由は誰にも邪魔されないのです。
ミニマリズム(精神的スペースも確保できる)
物を減らすことで物理的なスペースを確保するだけでなく、精神的なスペースも確保できるようになります。
空間に余裕を残す(好きなものに囲まれよう)
物に溢れた家で住むより、すっきりした家で住む方が、心も幸せな気分になれます。
情報断食しませんか?(情報の取捨選択)
巷にはいらない情報で溢れかえっています。つまらない情報で心の健康を振り回されるのではなく、自分が必要な情報を取得するようにしてみましょう。
自己啓発もシンプルに(継続させよう)
色々な自己啓発に取り組むと、どれも中途半端になるでしょう。
当たり前のことを大切に(シンプルに生き考える)
当たり前だと思われている行動をとると、気持ちも方向も定まってくるものです。
種をまき、水をまく(育てるとは)
植物もまた精一杯生きているのです。
生活に地水風火を取り入れよう(自然と触れ合う)
生活の中に自然を取り入れると、心が安らいでくるものです。
臨機応変に対応する(流れに身を任せる)
何かトラブルや予定外のことが起こった時は、その時一番良いと思う行動を取ってみるとよいでしょう。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール