生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

空間に余裕を残す(好きなものに囲まれよう)

ぺん子「放っておくとすぐに部屋の中が物で溢れてしまうよね〜」

ぺんぺけ「放っておくと、すぐにグルメ系の雑誌がたまっていくぺけ〜」

ぺん子「なんとか上手に空間に余裕を残すことはできないものかしら。」

ぺんぺけ「空間に余裕を残すってなんだぺけ〜?」





整理整頓を意識づける。。。


愛着があるものは捨てたくないもの。もったいない。
いつか使うかもしれないから、と思って捨てずに
とっておくと、部屋が物でいっぱいになってしまいます。

ここに2つのペン立てがあるとします。

1つはぎっしりペンが入ったペン立てで、もう1つは
適度に5,6本ペンが入っているペン立てです。

ぎっしりペンが入っている方のペン立ては、倒した時に
片付けるのが大変です。1本引き出したとき、
他のペンもつられてでてくるかもしれません。

反対にスペースに余裕があるペン立てはどうでしょう。
取りやすく、また新しく買ったペンを入れるスペースもあります。

どちらが効率よく使えそうですか。

ペン立てのような例だと、「空間に余裕があるほうが
使いやすいし、気分もいい」ことはすぐわかります。

ですが部屋全体、家全体となると、徐々に物がいっぱいに
なっていくせいか「いつの間にか物であふれていた」という
人も多いようです。

あなたは、大好きなものに囲まれた部屋で過ごしたいですか?
それとも、大好きなものと、そうでないものがごちゃごちゃに
なった部屋で過ごしたいですか?

大好きなものが埋もれて、見えなくなっている部屋で
過ごしたいですか?

もし長年探し続けていた大好きなものが、自分が死ぬ前日に
なってやっとでてきたら、としたらどんな気持ちになるでしょう。

「こんなところにあったんだ!」とうれしくなる半面、
「どうしてもっと早く見つけられなかったんだろう」と
悔やむかもしれません。

大好きなものはいつも見えるところに置いておきたいですよね。

日本人が一生のうち探し物に何時間使っているか、
という調査があります。それによると、日本人は1年間で
912分(15時間12分)時間を使っているのだそうです。

これが人生80年となると、約52日間も探し物に
時間を費やすことになります。

探すのをあきらめて新しいものを買って、あとになってから
同じものが出て来た、という経験はありませんか。

空間に余裕がない、ということは見つけにくくなるという
ことであり、またそれは余計な時間とお金を使ってしまう、
ということを意味します。

やる気になれない、やってもまた散らかる、と言い訳を
していないで、まずは行動することによって気持ちも
変わってくるものです。

一気にやろうとしないで、1か所ずつ終わらせていけば
自信も持てるようになるでしょう。

そしていつのまにか、「あれ、最近頭の回転が速くなったかも。
探し物が見つかるようになったかも。」と感じるようになるはずです。

どうしても苦手な人は、プロにお願いするというのも1つの方法です。
苦手な部分は人に助けてもらい、自分の得意なことを伸ばし
可能性を広げていくのもいいですね。

常日頃から物を減らし、空間に余裕を残すことで、人生に
ゆとりが出てきます。

ゆとりある人生を歩むことで、また1つ幸せマインド
手に入れたと言えるでしょう。


スポンサーリンク



ぺん子「物に溢れたこの日本では、やはり出来る限り片付けられるかがポイントになってくるってことね。」

ぺんぺけ「食べ物系以外はほとんどないのに、物が増えるのは不思議だぺけ〜」

は王「ちなみに整理整頓の”整理”は不要な物を捨てること、”整頓”は分かりやすいように(例えば五十音順で並べたり、インデックスをつけたり、捨てる日を決めたり、物の定位置を決めたりなど)物を整った状態にすることである。これを意識付けてすることができれば、常に快適な空間で過ごすことが出来るようになるだろうな。理想はホテルの部屋のような快適な空間をイメージするといいだろう。」



 

空間に余裕を残す(好きなものに囲まれよう)関連ページ

シンプルに考える(考え過ぎない)
あれこれ考えていたら、結局行動できません。まずは動いてみることがシンプルに考える原点かもしれません。
物を持たない生活(シンプルライフの基本)
物を持たない生活をすると考えることが減ってきます。考えることを減らすことで、より自分が好きなことに考える時間を使えるでしょう。
断捨離(どれか1つからでも始めよう)
必要な物しかないホテルや旅館などはとても気持ちよく過ごせます。家でも快適空間を作っていきましょう。
シンプルに生きる(考えることをなくす)
人は常に考えて選択しています。これらを減らすことで、グッとシンプルに生きることができます。
心の自由(自由はあなたが思うことで手に入る)
肉体的な自由ではなく、心の自由は誰にも邪魔されないのです。
ミニマリズム(精神的スペースも確保できる)
物を減らすことで物理的なスペースを確保するだけでなく、精神的なスペースも確保できるようになります。
情報断食しませんか?(情報の取捨選択)
巷にはいらない情報で溢れかえっています。つまらない情報で心の健康を振り回されるのではなく、自分が必要な情報を取得するようにしてみましょう。
自己啓発もシンプルに(継続させよう)
色々な自己啓発に取り組むと、どれも中途半端になるでしょう。
当たり前のことを大切に(シンプルに生き考える)
当たり前だと思われている行動をとると、気持ちも方向も定まってくるものです。
種をまき、水をまく(育てるとは)
植物もまた精一杯生きているのです。
生活に地水風火を取り入れよう(自然と触れ合う)
生活の中に自然を取り入れると、心が安らいでくるものです。
臨機応変に対応する(流れに身を任せる)
何かトラブルや予定外のことが起こった時は、その時一番良いと思う行動を取ってみるとよいでしょう。
もの作りと人生(手を動かして作業する)
満足のいく人生を送るには手を動かす必要があります。
流行りものに流されやすい(上手に付き合う)
流行をおうのもいいですが、時には傍観してみることも大切です。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール