生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

当たり前のことを大切に(シンプルに生き考える)

ぺん子「どうやったら気持ちのいい毎日が送れるのかしら。」

ぺんぺけ「毎日おいしいものを食べて、いっぱい寝るぺけ〜」

ぺん子「朝早く起きて朝日を浴びるとかの発想はないのかしら。」

ぺんぺけ「食が健康の基本だぺけ〜」





シンプルな生活は気持ちがいい。。。


人と会ったらあいさつをする。時間を守る。
「いただきます」をしてからご飯を食べる。
夜、寝る前にはお風呂に入る。などなど…

あなたは、当たり前のことを大切にしていますか?

同僚が用意してくれた書類を「ありがとう」と受け取ったり、
仕事に遅れないように、まだ眠いのに早起きをしたり、
寝癖を直してから玄関のドアをあける。

「そんなの当たり前だよ」と思われるかもしれませんが、
当たり前すぎて、ついつい適当に済ませてしまうことも
多いですよね。

仕事や用事があれこれたまってくると、あまりの忙しさに、
人は文字通り「心を亡くし」ます。

当たり前のこと、シンプルで簡単なことほど、大切に
できなくなってくるのです。

当たり前のことを大切に。

夜更かしして眠い朝、出会った人に挨拶をしないで、
不機嫌に通りすぎたりしていませんか?

当たり前のことを大切に。
テレビをつけたまま食事をして、
「いただきます」の一言を忘れていませんか?

当たり前のことを大切に。
ついダラダラとスマホをいじっているうちに、
仕事の納期に遅れてしまったりしていませんか?

当たり前のことを大切にしていくと、
生活はどんどんシンプルになっていきます。

生活がシンプルになることで、あなたの悩みや迷いも
なぜかどんどんクリアになっていくのです。

そして当たり前のことがきちんとできている人を、
人は信用します。

遅刻癖のある人よりは、時間にきっちりした人の方が
信用されます。

嘘をつく人よりは、正直で誠実な人の方が信頼されます。

不愛想に通りすぎる人よりは、笑顔であいさつ
してくれる人の方が好かれますし、

お風呂に入らない人よりは、身だしなみのきちんとした、
清潔感のある人に人は集まるのです。

当たり前のことを大切にしていくと、あなたの周囲には
自然と気持ちのいい人たちが集まってきます。

類は友を呼ぶという言葉の通り、気持ちのいいあなた
には、気持ちのいい人たちが集まってくるのです。

そして気持ちのいい人になれるかどうかは、
「当たり前のことができているかどうか」にかかっています。

1日中気をつけているのも疲れますので、お茶の時間や
お風呂の時間など、少しのんびりできる時にはあなたの
行動を振り返ってみませんか?

仕事で疲れ切っている時にも、家に戻る時だけは、
気持ちよく「ただいま」と言ってみる。

人と話している時は、少しの間だけスマホを手放してみる。

老人や妊婦さんには座席を譲る。

当たり前のことを大切にしていくだけで、
生活に疲れたギスギスした雰囲気が少なくなってきます。

ただシンプルに当たり前のことに気をつけていくだけで、
他の人ともスムーズに付き合えるようになるのです。

完全にできなくてもいいのです。

当たり前のことに気をつけているだけで、
なぜかあなたの人生は、格段に気持ちの良いもの
なっていくのです。

そうしてまた1つ、当サイトが目指す「幸せマインド」を
手に入れることが出来ることになるでしょう。


スポンサーリンク



ぺん子「早寝早起きや、適度に運動、基本的なことをするだけでも生活は大分良くなっていくわね。」

ぺんぺけ「よく噛んで食べることが大切だぺけ〜」

ぺん子「まあ、確かにそれも大切だけど、本当にシンプルなことね。」

は王「当たり前のこと、原則を中心に生きることで、どんどん健康な生活を手に入れることができるだろうな。」



 

当たり前のことを大切に(シンプルに生き考える)関連ページ

シンプルに考える(考え過ぎない)
あれこれ考えていたら、結局行動できません。まずは動いてみることがシンプルに考える原点かもしれません。
物を持たない生活(シンプルライフの基本)
物を持たない生活をすると考えることが減ってきます。考えることを減らすことで、より自分が好きなことに考える時間を使えるでしょう。
断捨離(どれか1つからでも始めよう)
必要な物しかないホテルや旅館などはとても気持ちよく過ごせます。家でも快適空間を作っていきましょう。
シンプルに生きる(考えることをなくす)
人は常に考えて選択しています。これらを減らすことで、グッとシンプルに生きることができます。
心の自由(自由はあなたが思うことで手に入る)
肉体的な自由ではなく、心の自由は誰にも邪魔されないのです。
ミニマリズム(精神的スペースも確保できる)
物を減らすことで物理的なスペースを確保するだけでなく、精神的なスペースも確保できるようになります。
空間に余裕を残す(好きなものに囲まれよう)
物に溢れた家で住むより、すっきりした家で住む方が、心も幸せな気分になれます。
情報断食しませんか?(情報の取捨選択)
巷にはいらない情報で溢れかえっています。つまらない情報で心の健康を振り回されるのではなく、自分が必要な情報を取得するようにしてみましょう。
自己啓発もシンプルに(継続させよう)
色々な自己啓発に取り組むと、どれも中途半端になるでしょう。
種をまき、水をまく(育てるとは)
植物もまた精一杯生きているのです。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール