生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

物を持たない生活(シンプルライフの基本)

ぺん子「最近は便利なものが増えたけど、部屋の中が物で埋まってしまった感じがするわね。」

ぺんぺけ「食材と調理器具は必須だぺけ〜」

ぺん子「何が何でも少なすぎでしょ…」





選択する時間を減らしていく。。。


あなたは物を持たない生活にあこがれる方ですか?

世界を旅する番組を見ると、途上国の子供たちは
目が輝いていて、元気いっぱいな感じがします。

もしかしたらそれは、物がないからかもしれません。

人生がときめく片付けの魔法、
「フランス人は10着しか服を持たない」など、
書店には片付けの方法で一つの本棚を使ってしまうくらい、
たくさんの「片付け本」が出版されています。

なぜ、昔に比べてこの手の本が増えたのでしょう。

それはおそらく、私たちの持ち物や選択肢が
多くなったからではないでしょうか。

持ち物が多いと迷います

例えばクローゼットいっぱいに服が入っているのに、
「今日はどれを着ようか」と悩んでしまったりします。

またレストランに行ってメニューが多いと、決めるまでに
時間がかかってしまう。思い当たりがありませんか?

あなたにとって、人生で大切なことはなんですか。
選ぶことでしょうか。

例えば結婚式のドレスをあれこれ悩みながら選ぶのは、
楽しいひと時でもありますが本当は、
「どうしたらゲストにもっと楽しんでもらえるかしら?」とか、
そういうことに時間を割いた方が有意義ではないでしょうか。

Simple is best!

実はある程度選択肢が限られていた方が、
本来すべきことにより多くの時間を使うことができます。

Appleの創始者、スティーブジョブスはいつも同じ服装をしていました。
洗濯していないのではなく、同じ服を何着も持っていたのです。

洋服を選ぶのに使う時間をもっとクリエイティブなことに使いたい、
そう考えていたのでしょう。

シンプルに生活するにはどうしたらいいのでしょう。
なぜ、シンプルな生活ができないのでしょう。

  1. 時間がないからでしょうか。
  2. 習慣になっていないからでしょうか。
  3. 方法がわからないからでしょうか。
  4. 片付けが面倒だと思っているからでしょうか。
  5. 「私は物が捨てられない人間だ」と思っているからでしょうか。

もしあなたが「私は片付けが苦手。捨てられない人なの。」
と思っているなら、片付けの本を買っても効果は一時的です。

1〜5の順に取り組むことは難しくなります。
人は、アイデンティティに沿った行動しかしないからです。

アイデンティティとは、「私は○○だ」のように、自分は何者であるか
を表す言葉です。

物を必要以上に持たない生活をしている人で
憧れの対象となる人はいるでしょうか。

持ち物は思考の反映であると言われています。

その人がどのような考えで物を買っているのか、
捨てているのか、理解し、真似してみることです。

物を持たないことが自分にどんな利益をもたらしてくれるか
イメージしながら、シンプルライフへ近づいてきましょう。

そうすれば、もっと幸せマインドを持てることと思います。


スポンサーリンク



ぺん子「油断しているとどんどん物が増えていくから、気をつけていかないとダメね!」

ぺんぺけ「やっぱり布団はいるぺけけ〜」

ぺん子「ぺんぺけはもう少し増やした方がいいかもね…」

は王「物を減らしていくことで、心もすごく軽くなってくる。シンプルライフは10年前くらいから水面化でブームになっているので、少しずつ物を減らす習慣をつけるといいだろう。意識するだけでも大分変わってくるな。」



 

物を持たない生活(シンプルライフの基本)関連ページ

シンプルに考える(考え過ぎない)
あれこれ考えていたら、結局行動できません。まずは動いてみることがシンプルに考える原点かもしれません。
断捨離(どれか1つからでも始めよう)
必要な物しかないホテルや旅館などはとても気持ちよく過ごせます。家でも快適空間を作っていきましょう。
シンプルに生きる(考えることをなくす)
人は常に考えて選択しています。これらを減らすことで、グッとシンプルに生きることができます。
心の自由(自由はあなたが思うことで手に入る)
肉体的な自由ではなく、心の自由は誰にも邪魔されないのです。
ミニマリズム(精神的スペースも確保できる)
物を減らすことで物理的なスペースを確保するだけでなく、精神的なスペースも確保できるようになります。
空間に余裕を残す(好きなものに囲まれよう)
物に溢れた家で住むより、すっきりした家で住む方が、心も幸せな気分になれます。
情報断食しませんか?(情報の取捨選択)
巷にはいらない情報で溢れかえっています。つまらない情報で心の健康を振り回されるのではなく、自分が必要な情報を取得するようにしてみましょう。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール