生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

変化を恐れる(恐れて行動しないを避ける)

ぺん子「新しいことをやってみたいものの、変化を恐れるのがやっぱり常だね。」

ぺんぺけ「新しいお店に行くことは、ワクワクだぺけ〜」

ぺん子「そりゃぺんぺけの思考の大半がご飯だからね…」





変化を恐れて幸せを逃さないように。。。


こんな話を聞いたことがあります。

ある、心療内科医院の話です。
その病院には、何人かうつ病で入院している
患者さんがいました。

会社員で40代の男性Yさん。
仕事のストレスからうつ病と診断されました。

数ヶ月入院しましたが、明日いよいよ退院です。

「よくなったね。これでもう大丈夫」
「はい、ありがとうございました。」

お医者さんもすっかり明るい表情になった
Yさんに一安心、肩の荷が下りた気分です。

ところが…

Yさんはその日、病院の屋上から飛び降りて
自ら命を絶ってしまいます。

Yさんが特別なのではなく、毎年同様の例が
あるそうです。

なぜ体調がよくなり、働ける状態になったのに
自ら命を絶ってしまうのでしょうか。

それは、
「仕事に戻ったらまた、嫌な上司に会わなければならない」
「以前と同じように働けるだろうか」
「皆に何を言われるだろう」
「またうつ病になってしまったら…」

という心配に押しつぶされてしまうからなのだそうです。

入院して誰にも会わなかった状態から人に会うようになる。
働き始める。つまり、変化を恐れているのです。

Yさんのような形でなくとも、
変化を恐れて、自分の殻に閉じこもってしまう、
というのは私も含めてよくある話です。

でも、変化を恐れて何もしない人生は
果たして楽しい人生と言えるでしょうか。

例えば、
「事故を起こしてしまうかもしれないから、車の免許は取りたくない。」
「中学校のころはモテなかったから、私には彼なんかできっこない。」

あなたの周りにこんな人たちがいたら
「車を運転しても、事故を起こすとは限らないよ。
ドライブして、いろいろなところに行くのは楽しいよ。」

「世の中には何億人も男性がいるんだよ。
絶対あなたを好きになってくれる人がいるから、大丈夫だよ。」

などと言って、励まさないでしょうか。

反対に、あなたが励まされる立場で
「そうかな…じゃあ、やってみてもいいかな。」
という気持ちになった経験はありませんか。

なぜ、気持ちに変化が起きるのでしょうか。

それは脳が「変化することでいい結果が得られる。」
または、「変化することで、嫌な状況を避けられる」
と判断したからです。

生物には、変化を求める本能と
変化を避ける本能の両方があります。


例えば、シカがライオンに襲われそうになる時。

確実に安全なところがあれば、決まってそこへ逃げるでしょう。
でも、ライオンがその逃げ場を学習したら
シカは逃げる場所を変えなければなりません。

変化することも、変化しないことにもメリットとデメリットがあります。

それぞれがどのような結果を生むのか前向きにイメージし、
行動していくことが変化を恐れない第一歩となりそうです。

その第一歩を踏み出すことにより、当サイト推奨の
幸せマインドを身に着けて頂ければと思います。


スポンサーリンク



ぺん子「変化を恐れずに、いい結果を想像するようにしないといけないわね。」

ぺんぺけ「毎回おいしいお店に巡りあいたいぺけ〜」

は王「ポジティブ思考をもつことで、ポジティブを引き寄せられるものだから、変化を恐れることなく、どんどん色々なことにポジティブなイメージをしてチャレンジしていくと、人生楽しくなるだろうな。」



 

変化を恐れる(恐れて行動しないを避ける)関連ページ

宇宙の法則(現状を変えるには)
今の現状を変えたいなら、法則に従って行動してみましょう。
引き寄せの法則(あらゆる願いはかなえられるもの)
マスターすれば、あなたの願いは全て叶う。それだけに取扱注意の、最強の法則の1つです。
人生を変える方法(マインドを変える事が一番重要です)
意識することは3つだけです。そして、それを実践するにおいて重要になってくる要素こそまさにマインドなのです。
人生で大切なこと(欲に振り回されない生き方)
人生の「柱」となる指針を決めれば、人生に振り回されることは減ります。その「柱」となる考えこそが、人生で大切なことでしょう。
与えっぱなしの愛(愛のエネルギーの威力とは)
与えっぱなしの愛の提供。そのエネルギーの行く末とは。
運命を受け入れる(コンプレックスとどう向き合うか)
どんな人でもコンプレックスを持っているものです。それとどうやって上手に付き合っていくのか。運命を受け入れるためには、考え方を変える必要があるかもしれません。
トラブルに対応する(幸せの指針をどこにもつか)
人生にトラブルはつきもの。多くのトラブルが発生する人生に全て対応しきることは不可能です。そんな状況でも平常心を保つコツをここで見つけてみましょう。
エネルギー(驚異の力を活用しよう)
この世には様々なエネルギーが存在します。その流れを少しでも取り込む事が出来れば、通常考えられないパワーを手にする事が出来ます。
時間を買う(色々な時間を買って見よう)
時間は意識しないとただただ過ぎてしまいます。一口に時間と言っても色々あります。辛い時間、楽しい時間、有意義な時間、無駄な時間。無駄な時間を省いて、有意義な時間を買って見ましょう。
人生の重要な決断(あなたが納得いく選択)
あなたが選びたい道は、その他大勢から外れる道かも知れません。しかし、それに恐れていては、人生を楽しめないかもしれません。
休みの日に起きられない(生活リズムを保つには)
休みの日はどうしても朝は寝てしまうもの。仕事や普段の疲れがたまっている場合1週間のペース配分を考えてみるのもいいでしょう。
集中力が続かない(集中できない4つの原因)
人間である以上思った通りに集中したり熱中したりは出来ません。そんな時は出来ない理由を1つずつなくすことで、集中するきっかけになるでしょう。
だらだらしない方法(この瞬間を大事にする)
なんとなく生きていれば、後で時間の経過に後悔するかもしれません。だらだら過ごさないためにも、未来のなりたい自分を意識してみましょう。
悩んでも仕方ない(悩んでも答えはでてきません)
悩んでばかりいても一向に出口は見つからないものです。悩んでも仕方がない時もありますので、考えることをしたり、時間の経過を待つことをして見ると良いかもしれません。
思考は実現する(全てはイメージから始まる)
想いがあるから世界は作られていきます。あなたの想いも具体性を持って実現すると思えば、あなたの思考は必ず実現するのです。
感謝の気持ちを持つ(無償のありがとう)
何も考えずに素直に感謝の気持ちを持つことで、自分の心も気持ち良くなれるのは自然な流れなのです。
つらい状態から抜け出す(3つの意識)
生きている中で辛い状態に陥ることはそれほど珍しいことではありません。そんな時にその状態から抜け出す方法をしっておけば、つらい期間は自然と減っていくでしょう。
時間の使い方(自己投資)
何に人生時間をかけるかで、その後の人生が大きく変わってきます。どういった未来を描いていて、どうなりたいか。今から時間の使い方を見つめなおしてみましょう。
その他大勢から抜け出す(好奇心を満たそう)
その他大勢から抜け出すことで、あなたの人生はもっと自分らしく幸せに生きることが出来るでしょう。
無限の可能性(何歳になってもチャレンジする)
本当にもったいないことは、人生を年齢などで諦めてしまうことかもしれません。
刺激と反応の間のスペース(刺激即反応を考える)
刺激を受けて即反応をしていれば、人生損することになるでしょう。反応は選べるのですから、一旦スペースを置くことが大切です。
まじめな性格(不真面目な性格と真面目な性格は表裏一体)
まじめな性格の人も一面では不真面目な部分ももっています。どこに価値観を置くかは人それぞれかもしれません。
常識は変わっていく(時代に柔軟になろう)
常識は時代とともに変わっていきますから、年をとっても現代に合わせて柔軟に対応したい所です。
成功する人(行動できる人)
行動を恐れていては、成功することができません。行動しないことこそが最大の失敗です。
第3者の視点(広く高い視点を持とう)
第3者の視点で物事を見れるようになれば、喜怒哀楽を減らしていくことが出来るでしょう。
色々なことを意識する(意識することで人生は変わる)
色々なことを意識することで、見える世界は変わってきます。どうせならいい所を意識すると、よりよくなるでしょう。
常識にとらわれない(色々な経験をする)
色々な経験をすることで視野が広がり、常識も変わっていくことになります。
羅針盤のない時代(依存心と不安)
何かの指針がなければ、人は脆いものなのです。
人生にはタイムラグがある(努力が無駄になることはない)
人生の結果は分かりやすい形だけにはなりません。
人は見たいものしか見ていない(思考はやわらかく)
自分の視点が絶対だと思うと、思考はどんどん固くなっていきます。
人生は物語(脇役になることは決してない)
あなたの人生はあなたがテーマを決めてよいのです。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール