生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

トラブルに対応する(幸せの指針をどこにもつか)

ぺん子「ああ〜!!友達の大事な結婚式にまにあわない!どうしよう!!」

ぺんぺけ「ぺけけ〜!あんまんでも食べて落ちつくぺけ〜」

ぺん子「それどころじゃないのよ〜!急いで支度しなきゃ!って着ていく服が穴あいてるよ〜。゜゜(´□`。)°゜。ワーン!!」

ぺんぺけ「ストールつけたら見えないぺけけ〜。ちょっとくらい遅れてもばれないぺけけ〜」

ぺん子「大分遅れちゃうよ〜」

ブオ〜〜!(ジェット噴射の音)

ぺん子「ぺんぺけ空飛んで送ってくれてありがとう。。でも、やっぱりちょっと遅刻しちゃった…」





アクシデントに振り回されない人生とは。。。


生きているうちにアクシデントはつきものです。

例えば楽しみに計画していた旅行の前日に、
一緒に行くはずだった人が骨折して歩けなくなった場合。

どういった気持ちになりますでしょうか。

卒業式の日に、交通事故にあって、
参加できなかった場合。

どういった気持ちになりますでしょうか。

すぐには受け入れられないことと思います。
しかし、受け入れなければならない状況でもあります。

こういった時に、人生を長い視野で見られるかどうかは、
とても重要になってきます。

卒業式や修学旅行に参加できなかった場合や、
楽しみにしていたイベントに参加できなかった場合、
すぐにはその事態を受け入れられないことがあります。

こんな時に、気持ちの切り替えが早く出来る人と
そうでない人は何に差があるのでしょうか。

その1つに「許容の範囲」があるのかも知れません。
例えば、水をこぼされただけでパニックに陥る人もいれば、
交通事故にあっても落ち着いている人もいます。

どこまで許容できるかによって、心の持ち方は随分と
変わってくるようです。

小さなことならそれほど差は出ません。

私も震災を経験していますが、家族を失ってでも、
立ち直りが早い人はまたいるものなのです。

人生をどの規模で見ていくか

今日、明日のスパンで考えていたら、1つ1つのアクシデントに
振り回されることになるでしょう。

一生のスパンで物事を見るなら、
人が死ぬなどの大きな事件が起きない限り、
平常心を保つこともできるでしょう。

大抵のことは数年もたてば、過去の話のネタになります。

その時その時のトラブルに振り回されていては、
人生が窮屈になっていきます。

ある程度年齢がいけば、そこそこのトラブルには、
振り回されることはないのですが、
それでも未経験のトラブルは対応しきれない時があります。

ここでこういったアクシデントに対して、どうやったら
動揺しないように対処できるか、ヒントを掴んで
頂けたらと思っています。

それは、指針を人生においてもつことなのかも知れません。

たとえば、何が起こっても冷静に強制的にでも、プラス思考
考えられるように指針を持つ。

急に病気になってイベントに参加できなかったとしても、
思い出の大事にしていた食器や物を壊してしまったとしても、

命に別条はなかった

楽しいイベントはいくらでもある。
食器は又買いなおせばいい。
過去に振り回されず、思い出は又築いていけばいい。

生きていられただけで幸せと言う指針を持てれば、
かなりのことに対して、平常心を保てるかもしれません。

人生は色々なことがあり、最終的に分かっていることは、
死を迎えることだけです。

そのスパンで物事を見た時に、悪いことも当然起こってきます。
私は阪神大震災で身内も失いました。

それでも、今は十分幸せな人生を送っています。

毎日食べられるものがあります。
外に行けば、お店で数百円で食べたい物を食べさせて
頂いています。毎日寝る場所もあります。

どんな時でも、いま生きていることが幸せであると思えれば、
大抵の一時的なトラブルは乗り越えられるかもしれません。

借金や、異性の問題などの長期的なトラブルは、
簡単にはいかないかもしれませんが、
どうか「人生の幸せの指針」だけはぶれないように、
心の中で保って頂けばと思っています。

幸せの指針を固め、幸せを掴んでみたい方は、
本当に幸せになるためには(幸せマインドを手に入れよう)
もご参考下さいませ。


スポンサーリンク



ぺん子「写真撮影などバタバタで、遅れてもなんとかなって助かった!ぺんぺけ色々ありがとう!」

ぺんぺけ「結婚式のフランス料理はやっぱり格別だぺけ〜!」

ぺん子「ぺんぺけも結婚式参加する予定だったの?って私と一緒にでたなら、同じく遅刻ってわかっていたはずなのに、何でそんなに落ち着いていたのよ〜!!」

ぺんぺけ「ちょっと開始時刻忘れていただけだぺけ〜!朝、あんまん食べている時に思い出したぺけ〜!」

ぺん子「人によってトラブルの受けとめかたが違うのね。私一人で慌てて恥ずかしくなってきたよ…」

は王「人生経験によってトラブルに対する強さはもちろん変わってくるが、未知のトラブルに追われた時に、一番でてくるものが、”何を人生で一番大事においているか”にかかっているかもしれないな。その指針がはっきりしていないなら、1つ人生の”強い指針”を考えて見るのも良いかもしれないな。」



 

トラブルに対応する(幸せの指針をどこにもつか)関連ページ

宇宙の法則(現状を変えるには)
今の現状を変えたいなら、法則に従って行動してみましょう。
引き寄せの法則(あらゆる願いはかなえられるもの)
マスターすれば、あなたの願いは全て叶う。それだけに取扱注意の、最強の法則の1つです。
人生を変える方法(マインドを変える事が一番重要です)
意識することは3つだけです。そして、それを実践するにおいて重要になってくる要素こそまさにマインドなのです。
人生で大切なこと(欲に振り回されない生き方)
人生の「柱」となる指針を決めれば、人生に振り回されることは減ります。その「柱」となる考えこそが、人生で大切なことでしょう。
与えっぱなしの愛(愛のエネルギーの威力とは)
与えっぱなしの愛の提供。そのエネルギーの行く末とは。
運命を受け入れる(コンプレックスとどう向き合うか)
どんな人でもコンプレックスを持っているものです。それとどうやって上手に付き合っていくのか。運命を受け入れるためには、考え方を変える必要があるかもしれません。
エネルギー(驚異の力を活用しよう)
この世には様々なエネルギーが存在します。その流れを少しでも取り込む事が出来れば、通常考えられないパワーを手にする事が出来ます。
時間を買う(色々な時間を買って見よう)
時間は意識しないとただただ過ぎてしまいます。一口に時間と言っても色々あります。辛い時間、楽しい時間、有意義な時間、無駄な時間。無駄な時間を省いて、有意義な時間を買って見ましょう。
人生の重要な決断(あなたが納得いく選択)
あなたが選びたい道は、その他大勢から外れる道かも知れません。しかし、それに恐れていては、人生を楽しめないかもしれません。
休みの日に起きられない(生活リズムを保つには)
休みの日はどうしても朝は寝てしまうもの。仕事や普段の疲れがたまっている場合1週間のペース配分を考えてみるのもいいでしょう。
集中力が続かない(集中できない4つの原因)
人間である以上思った通りに集中したり熱中したりは出来ません。そんな時は出来ない理由を1つずつなくすことで、集中するきっかけになるでしょう。
だらだらしない方法(この瞬間を大事にする)
なんとなく生きていれば、後で時間の経過に後悔するかもしれません。だらだら過ごさないためにも、未来のなりたい自分を意識してみましょう。
悩んでも仕方ない(悩んでも答えはでてきません)
悩んでばかりいても一向に出口は見つからないものです。悩んでも仕方がない時もありますので、考えることをしたり、時間の経過を待つことをして見ると良いかもしれません。
思考は実現する(全てはイメージから始まる)
想いがあるから世界は作られていきます。あなたの想いも具体性を持って実現すると思えば、あなたの思考は必ず実現するのです。
感謝の気持ちを持つ(無償のありがとう)
何も考えずに素直に感謝の気持ちを持つことで、自分の心も気持ち良くなれるのは自然な流れなのです。
つらい状態から抜け出す(3つの意識)
生きている中で辛い状態に陥ることはそれほど珍しいことではありません。そんな時にその状態から抜け出す方法をしっておけば、つらい期間は自然と減っていくでしょう。
変化を恐れる(恐れて行動しないを避ける)
変化を恐れることをしていては、いつまでたっても新しい思考をとりいれられず、時代に残されていくでしょう。
時間の使い方(自己投資)
何に人生時間をかけるかで、その後の人生が大きく変わってきます。どういった未来を描いていて、どうなりたいか。今から時間の使い方を見つめなおしてみましょう。
その他大勢から抜け出す(好奇心を満たそう)
その他大勢から抜け出すことで、あなたの人生はもっと自分らしく幸せに生きることが出来るでしょう。
無限の可能性(何歳になってもチャレンジする)
本当にもったいないことは、人生を年齢などで諦めてしまうことかもしれません。
刺激と反応の間のスペース(刺激即反応を考える)
刺激を受けて即反応をしていれば、人生損することになるでしょう。反応は選べるのですから、一旦スペースを置くことが大切です。
まじめな性格(不真面目な性格と真面目な性格は表裏一体)
まじめな性格の人も一面では不真面目な部分ももっています。どこに価値観を置くかは人それぞれかもしれません。
常識は変わっていく(時代に柔軟になろう)
常識は時代とともに変わっていきますから、年をとっても現代に合わせて柔軟に対応したい所です。
成功する人(行動できる人)
行動を恐れていては、成功することができません。行動しないことこそが最大の失敗です。
第3者の視点(広く高い視点を持とう)
第3者の視点で物事を見れるようになれば、喜怒哀楽を減らしていくことが出来るでしょう。
色々なことを意識する(意識することで人生は変わる)
色々なことを意識することで、見える世界は変わってきます。どうせならいい所を意識すると、よりよくなるでしょう。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール