生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

ワクワク出来る生き方(ワクワクをイメージしよう)

ぺん子「何だか毎日変わらない人生だし、ワクワク出来るような生き方はないかしら。」

ぺんぺけ「アバンチュールを求めるぺけ〜」

ぺん子「ぺんぺけアバンチュールなんて言葉知ってるの?」

ぺんぺけ「ぺけ〜だぺけけ〜」





ワクワクを手に入れていこう。。。


毎日がイベントの前日のようなワクワク出来る生き方
でいられたら、どんなに素敵でしょう。

もし、ワクワクを習慣化できたら。
そんな風に思ったことはありませんか?

週末になると、新聞のイベント欄やインターネットで
「何か面白そうなイベントはないかな」
と、ワクワクできそうなところへ出かける方も多いと思います。

ワクワクすることを見落としたくない!
そんな時は自分に対する質問が大切です。

受動的に
「何かワクワクすることないかなー」
と考えるのではなく、
私をワクワクさせるものはある!と仮定してしまいます。

「ここにワクワクできることがあるとしたらなんだろう?」
「私はどんなふうにワクワク出来る生き方がしたいんだろう?」

そう自分に問いかけてみましょう。
不思議とワクワクできることが見つかります。

ワクワクというのは期待の一種です。
ワクワクするためには、ワクワクできるイメージが必要です。

どんなところで、周りには誰がいて、どんな音が聞こえて、
どれくらいうれしく、楽しくなるのか思いっきりイメージして
頬の筋肉が痛くなるくらいにやけちゃいましょう!

例えばどこかへ旅行に行くならどの店に行って、
どのホテルに泊まってホテルの部屋でどのように楽しみ、
くつろぎ、誰かと一緒ならどんな会話をするのか
綿密にイメージします。

行き当たりばったりが楽しみな人もいると思いますが、
それならどんな人とどんな出会い方をして、どんな会話を
したいのかイメージしておくことをお勧めします。

そして、1日数分時間を取ってイメージします。

予定の日まで続けます。新しいアイディアが思いついて、
もっとワクワクできるかもしれません。

失敗すると思ってやったら失敗した。
成功すると思ってやったらうまくいった。
そんな経験はありませんか。

思考は現実するようにできています。

イメージしたことが実現すれば
「次はどんなことにわくわくしようかな」
と、自分の力になるはずです。

そしてワクワクすることが習慣化するはずです。

仕事や日々の出来事にワクワクを感じるのは難しいと
思う人もいるでしょう。しかし、可能性は0ではありません。

もしかしたら、理想の恋人に出会えるかもしれません。
宝くじが当たるかもしれません。
プロジェクトがうまくいくかもしれません。
新しいアイディアがひらめくかもしれません。

「今日もワクワクに出会えるかもしれない」
そんな期待が期待を引き寄せます

考えるだけでなく、紙に書き出してみたり、声に出してみたり、
イメージに近い画像を部屋に貼ってみたり、
ワクワクしている時のポーズをとってみたり、
ワクワクすることを習慣化させましょう。

私は毎日ワクワクするんだと脳に覚えさせましょう。

そして、今期待を持って人生を歩んでいる自分を
第三者の視点から見てみましょう。

あなたの目の前に、ワクワクしているあなたがいます。
そんな自分を見て、
「おっ、なんか、頼もしいじゃん。これから期待できそうだな」
と思うこと。

つまり、ワクワクしている自分にワクワクする

こうしていくことでワクワク出来る生き方を
歩めるようになるでしょう。

その結果大きく幸せマインドへと近付いていくと思います。


スポンサーリンク



ぺん子「ワクワク出来る生き方をするには、常に周りにワクワクアンテナを張ってなきゃダメってことね。」

ぺんぺけ「常においしい食べ物のアンテナなら張ってるぺけ〜」

は王「ワクワク出来る生き方も、楽しくなる生き方も、幸せになる生き方もなんでもそうだが、常にそう言ったものは心の中に存在する。自分自身がそれらをイメージして引き寄せることを意識すれば、自然となりたい心を持てるようになるだろうな。」



 

ワクワク出来る生き方(ワクワクをイメージしよう)関連ページ

楽しく生きる(幸せを呼ぶ言葉の習慣化)
楽しく生きるために4つの言葉を意識してみましょう。
刺激がない毎日(日常のマンネリを抜け出すには)
刺激がない日々は退屈で人生嫌になってきます。活力を手に入れるためにも新しいことに、今動き出して見ましょう。
楽しいことだけを考える(シンプルな思考を持ちましょう)
なぜいつもいつも、わざわざネガティブなことばかり考えて、行動するのでしょうか。素直にシンプルに楽しいことだけを考えると、普通に幸せは訪れてきます。
1度きりの人生(どの人生を選択するか)
人生は1度きりです。その人生をポジティブに生きるのか、ネガティブに生きるのかはあなたが選択出来るのです。
非日常を楽しむ(気分転換は非日常から)
毎日同じような生活をしていると、刺激もうすれ人生が辛くなってきます。意図的に非日常を過ごすことで、人生楽しくもなるでしょう。
忙しい毎日(どう感じるか)
20歳を超えると忙しい人は多くなります。その中で、自分がどう忙しく生きるかは、自分で決められます。
今を生きる(今を楽しむ)
今を生きることは今を楽しむことが大切であります。
人生を楽しむ(楽しい日々を過ごすには)
人生を楽しむためには楽しいことを考える癖をつけることが大切です。
面白いことがない(主体的になる)
面白いことも面白くないことも、あなたの脳で自由に決められるのです。
幼少のころ(本当に歩みたい人生)
本当にしたい人生とは、幼少のころにヒントが隠されているかもしれません。
休日にやることがない(人生を充実させるために)
休日にやることがないのなら、とりあえず一歩外へでることをしてみましょう。
無趣味な人(趣味を探すことを趣味にする)
趣味は人生をより豊かにし、健康を保つ秘訣になります。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール