生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

面白いことがない(主体的になる)

ぺん子「仕事ばかりで休日はゴロゴロで、全然面白いことがないわね。」

ぺんぺけ「毎晩違うものを食べると面白いぺけ〜」

ぺん子「もっとこうぱ〜っと楽しいことがないかしら。」





面白いかどうかは自分で決められる。。。


誰だってつまらないよりは面白い方がいいものです。
現実は普通に過ごしていても、そうそう面白いことなど
訪れてくれないもの。

上司には怒られるし、仕事はつまらないし、
人にぶつかりそうになるし、変な人には会うし、
かと思ったら楽しみにしてた約束がドタキャンされ
ちゃったり、ほんっとに面白くない…

そんな風に思ったことはありませんか。

面白くないのは人や周りのせいではありません。
面白い出来事というのもありません。

ある出来事をあなたが面白いとか、つまらないとか
解釈しているに過ぎないのです。

今面白くないのは自分が選んだ結果なのです。
つまらなくなる考え方を選んできたのが原因です。

不愉快なことがあるとしたら、それは行動を変える
必要がある、ということです。

友達に会えなくてつまらないと感じるなら、
友達に会えない時はつまらないというルールを
持っているということになります。

つまらないか、面白くなるかを決定するのを自分以外に
ゆだねてしまうと周りの出来事に振り回されるようになります。

このことには気づいていない人の方が多いので、
周りに相談しても、
「そんなものだよ」
という答えが返ってくるかもしれません。

あなたは人生を自分で面白くするのと、
他人が面白くしてくれるのを待つのとどちらがいいですか?

面白いことがない、と思う人は面白いことがなくなります。
面白いことばかりだ、と思う人は面白いことばかりになります。

世の中は自分の思った通りになります。
出来事は自分次第で、面白くも、つまらなくもできるのです。

あなたは面白いことがない、と言いながら外に出ない自分が
好きなのではありませんか。
外に出て嫌な思いをする可能性があるのなら、出ない方が
いい。そう思っていませんか。

安定を大事にするのも悪くはありませんが、大事に
しすぎると、行動の幅が狭くなりいつもと同じ人、
同じ場所、同じことを続けることになってしまいます。

人は安定と同時に不確実さ、ドキドキやワクワクも
必要とする生き物です。
面白いことがない、と感じた時は不確実さやドキドキが
満たされていないのです。

このままでいたくないなら思い切って行動をする必要が
あります。

初めての場所に行ったり、人に会ったり、行動を変えるのです。

そう言われてもめんどくさい・・・と思うかもしれません。
それが1年、2年と続いた場合のことを考えてください。
本当にそれでいいのですか?

そろそろ主体的に面白い人生を始めませんか。
人生のルールは自分で決めた人が勝つのです。

主体的に面白い人生を進もうとすることで、
また一歩幸せな人生に近づくでしょう。


スポンサーリンク



ぺん子「どんなことでも面白いと思うようにすることが大切ってことね。」

ぺんぺけ「食べるのも寝るのも面白いぺけ〜」

は王「面白いと思うようにすることと、やっぱり行動することが大切だな。人生楽しんだ方がより幸せに近づけるし、辛いと感じることも減っていくだろう。」



 

面白いことがない(主体的になる)関連ページ

楽しく生きる(幸せを呼ぶ言葉の習慣化)
楽しく生きるために4つの言葉を意識してみましょう。
刺激がない毎日(日常のマンネリを抜け出すには)
刺激がない日々は退屈で人生嫌になってきます。活力を手に入れるためにも新しいことに、今動き出して見ましょう。
楽しいことだけを考える(シンプルな思考を持ちましょう)
なぜいつもいつも、わざわざネガティブなことばかり考えて、行動するのでしょうか。素直にシンプルに楽しいことだけを考えると、普通に幸せは訪れてきます。
ワクワク出来る生き方(ワクワクをイメージしよう)
ワクワクは待ってても訪れて来ません。自分でイメージして色々なことにワクワク出来る生き方をすれば、楽しい日々を送れることになるでしょう。
1度きりの人生(どの人生を選択するか)
人生は1度きりです。その人生をポジティブに生きるのか、ネガティブに生きるのかはあなたが選択出来るのです。
非日常を楽しむ(気分転換は非日常から)
毎日同じような生活をしていると、刺激もうすれ人生が辛くなってきます。意図的に非日常を過ごすことで、人生楽しくもなるでしょう。
忙しい毎日(どう感じるか)
20歳を超えると忙しい人は多くなります。その中で、自分がどう忙しく生きるかは、自分で決められます。
今を生きる(今を楽しむ)
今を生きることは今を楽しむことが大切であります。
人生を楽しむ(楽しい日々を過ごすには)
人生を楽しむためには楽しいことを考える癖をつけることが大切です。
幼少のころ(本当に歩みたい人生)
本当にしたい人生とは、幼少のころにヒントが隠されているかもしれません。
休日にやることがない(人生を充実させるために)
休日にやることがないのなら、とりあえず一歩外へでることをしてみましょう。
無趣味な人(趣味を探すことを趣味にする)
趣味は人生をより豊かにし、健康を保つ秘訣になります。
自分が主役(どんな主役を演じたいか)
自分が主役の映画に出られるとしたら、どんな映画の主役をしたいでしょうか。そこに生き方のヒントがあるかもしれません。
思った通りじゃなくても(今を生きる)
人生思った通りじゃなくても、前向きに今を生きることで、好転するものです。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール