生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

無趣味な人(趣味を探すことを趣味にする)

ぺん子「私って意外と無趣味だから、わりと休日たいくつなんだよね。」

ぺんぺけ「食べ歩きをするぺけ〜」

ぺん子「ぺんぺけは食べること以外に趣味はないの?」

ぺんぺけ「お昼寝だぺけ〜」

ぺん子「ブーデーに一直線ね…」





趣味を楽しんでいる自分をイメージしよう。。。


平日は仕事をしているから忙しいけれど、休日は
仕事がないから暇、持て余してしまうという人がいます。

仕事を一生懸命やることはもちろん良いことです。
しかしこのような人は年を重ねて仕事を辞めることに
なった時にどうするのだろう、とふと思います。

女性はいろいろ趣味があるから、仕事をやめた後は
生き生きし、男性はやることがなくなりぬれ落ち葉
状態になるという話を聞いたことがあります。

ぬれ落ち葉というのは、ぬれた落ち葉のように
地面からなかなか離れず、仕事も趣味も仲間もなく、
妻に頼りきって離れようとしない定年退職後の
男性を指す言葉です。

妻や家族がどこかに行こうとすれば、
「どこに行くんだ」と監視するような男性です。

こういう状態はお互いに楽しくないですよね。

ですからお互いが自分の時間を楽しめる、
「趣味」が必要になってくるわけです。

何か好きなことがあって、それをしていると楽しい、
時間が過ぎるのも忘れてしまう、そんなものがあると
良いですよね。

本当は誰もが子供のころ持っていたものです。
趣味がある人とない人が今後どうなっていくのか、
ちょっと考えてみましょう。

趣味がある人は運動系のものや相手がかかわる
ものであれば、チャレンジや行動をしようとします。
そして、いつまでも健康でいる必要があります。

元気だから人と会うのが楽しく、友達も増え、
人生がより楽しくなっていくわけです。

反対に無趣味な人はどうでしょうか。

家にばかりいるので太ります。太ると動きたく
なくなります。人と会わなくなり、コミュニケーションも
とらなくなります。不健康になり、病気になるかも
しれません。

亡くなるときに「人生無駄に過ごしちゃったなあ」とか、
「人生こんなもの」と思うかもしれません。

インドア系の趣味でも、内容を誰かとシェアしたり、
ネットに発表することで楽しみが広がります。

あるパソコン教室では、教室の仲間で小旅行をし、
体験したことをブログに掲載する実習をしています。

やり方がわからなければいくらでも学べる時代ですね。

無趣味な人は趣味を探すことを趣味にしては
いかがでしょうか。趣味とは言えなくても、何か
仕事以外のことに取り組んでみる姿勢が大切です。

例えば死ぬ前にぜひこれをやりたい、ということを
リストアップします。フルマラソンを走りたいとしたら
練習を始めますよね。それも趣味になるわけです。

趣味という言葉に気負わず、自分が好きなことをやる。

シェアしたり一緒にやったりして楽しむ、
というスタンスがよさそうですね。

趣味を持つことで、より人生が充実し、幸せな人生
送れるようになることでしょう。


スポンサーリンク



ぺん子「やっぱり趣味がないと、人生の充実感が減ってしまうわね。」

ぺんぺけ「グルメの道は深いぺけ〜」

ぺん子「お菓子作りでも始めてみようかしら。」

は王「趣味があるから仕事を楽しめる人も多いので、無趣味な人は趣味探しを本気でしてみることをお勧めする。全く手がかりがない時は、小さいころに熱中になったことなどからヒントを得るといいだろう。」



 

無趣味な人(趣味を探すことを趣味にする)関連ページ

楽しく生きる(幸せを呼ぶ言葉の習慣化)
楽しく生きるために4つの言葉を意識してみましょう。
刺激がない毎日(日常のマンネリを抜け出すには)
刺激がない日々は退屈で人生嫌になってきます。活力を手に入れるためにも新しいことに、今動き出して見ましょう。
楽しいことだけを考える(シンプルな思考を持ちましょう)
なぜいつもいつも、わざわざネガティブなことばかり考えて、行動するのでしょうか。素直にシンプルに楽しいことだけを考えると、普通に幸せは訪れてきます。
ワクワク出来る生き方(ワクワクをイメージしよう)
ワクワクは待ってても訪れて来ません。自分でイメージして色々なことにワクワク出来る生き方をすれば、楽しい日々を送れることになるでしょう。
1度きりの人生(どの人生を選択するか)
人生は1度きりです。その人生をポジティブに生きるのか、ネガティブに生きるのかはあなたが選択出来るのです。
非日常を楽しむ(気分転換は非日常から)
毎日同じような生活をしていると、刺激もうすれ人生が辛くなってきます。意図的に非日常を過ごすことで、人生楽しくもなるでしょう。
忙しい毎日(どう感じるか)
20歳を超えると忙しい人は多くなります。その中で、自分がどう忙しく生きるかは、自分で決められます。
今を生きる(今を楽しむ)
今を生きることは今を楽しむことが大切であります。
人生を楽しむ(楽しい日々を過ごすには)
人生を楽しむためには楽しいことを考える癖をつけることが大切です。
面白いことがない(主体的になる)
面白いことも面白くないことも、あなたの脳で自由に決められるのです。
幼少のころ(本当に歩みたい人生)
本当にしたい人生とは、幼少のころにヒントが隠されているかもしれません。
休日にやることがない(人生を充実させるために)
休日にやることがないのなら、とりあえず一歩外へでることをしてみましょう。
自分が主役(どんな主役を演じたいか)
自分が主役の映画に出られるとしたら、どんな映画の主役をしたいでしょうか。そこに生き方のヒントがあるかもしれません。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール