生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

自分が主役(どんな主役を演じたいか)

ぺん子「一度でいいから自分が主役の映画に出演したいものね!」

ぺんぺけ「グルメリポートの主役をしてみたいぺけ〜」

ぺん子「結構1日に色々なもの食べさせられてしんどいみたいよ。あれは。」

ぺんぺけ「腹ペコで出演するぺけけ〜」





自分が主役になるには応援してくれる人も必要。。。


観客でいっぱいのスタジアムをイメージしてください。
95%と5%。何の数字だと思いますか。

答えは人生において声援を送る人と、
送られる人の割合です。

「人にはどれだけの才能があると思いますか。」

この質問に大体の人が「無限」と答えます。

では、「人は無限の才能を十分に生かしていますか」
という質問には、大体の人が「そうではない」と答えます。

そして「もし、自分の才能を理解してフルに発揮できるなら
自分はその声援を送られる5%になれると思いますか。」

という質問には、大体の人が「そう思う」と答えます。

あなたは「自分」という映画の主役としてこの世に
生まれてきました。山田太郎さんなら、
「山田太郎の一生」という映画の主役といった具合です。

あなたの役はあなたしか演じることができません。
どのように演じるかは自分で決めることができます。
あなたは今、「自分」という映画に出演していますか?

魅力的な人は「人生の主役は自分自身だ」と考えています。
魅力的な人になりたいと思っているのなら、
「人生の主役は自分自身だ」と考えるのが早道です。

わかりやすくするために映画で主役になれる人を
考えてみましょう。何が必要でしょうか。

1 実力が必要

時代劇俳優の里見浩太朗さんは、
水戸黄門に「助さん」という脇役で出演していた時、

「いつかは自分も黄門の役になるのだ。
自分が黄門ならどう演じるだろうか。」

と、考えながら出演していたそうです。
改善しながら継続し、あきらめない。そうすれば必然的に
実力は身に付きます。きっと誰もが思い当たるはずです。

2 自信が必要

大きなことを成し遂げた時は自信がわきます。では、
大きいことを成し遂げるにはどうしたらいいのでしょう。

アメリカの著名なコンサルタント、ブライアントレーシーは
こう述べています。

「もし、大きいカエルを食べなければいけないとしたら
どうしますか。煮ますか?焼きますか?」

「答えは一口ずつ食べる」

です。プランを立て小さな成功を確実に積み重ねて
いくことが、大きな成功につながります。

問題が起きても対処の仕方がわかれば、
自信がある自分でいられますよね。

3 応援してくれる人が必要

声援を送られている時、あなたは
「自分が主役だ」
と思うのではないでしょうか。

あなたが今応援している人はどんな人ですか。
大好きな人、どんな境遇でもあきらめず夢に
向かって頑張っている人、他人に元気を与えようと
している人。このような人ではないでしょうか。

「私はふてくされてしまうし志もない。あきらめてしまう。」

それなら、ふてくされた自分を最高に演じればいいのです。
怒られても、うまくいかなくても、自分が主役の映画の
役作りです。そう考えると、楽しくなりませんか。

飽きたら演じる役を変えればいいのです。
自分が主役でありながらも、出演する映画も
選べることが出来るのです。

自分を大事にした自分が主役になった人生は、
幸せに近づく第一歩の考えと言えます。


スポンサーリンク



ぺん子「主役になるためには、やはり努力は常に必要ってことね。」

ぺんぺけ「色々なものを食べて味覚を鍛える努力をするぺけ〜」

ぺん子「確かにグルメリポーターには必須のスキルね。」

は王「自分の人生といえどやはり自分が主役になるには、それなりの努力と魅力が必要になる。努力なしでは、最高の人生の役を演じられないってことだな。」



 

自分が主役(どんな主役を演じたいか)関連ページ

楽しく生きる(幸せを呼ぶ言葉の習慣化)
楽しく生きるために4つの言葉を意識してみましょう。
刺激がない毎日(日常のマンネリを抜け出すには)
刺激がない日々は退屈で人生嫌になってきます。活力を手に入れるためにも新しいことに、今動き出して見ましょう。
楽しいことだけを考える(シンプルな思考を持ちましょう)
なぜいつもいつも、わざわざネガティブなことばかり考えて、行動するのでしょうか。素直にシンプルに楽しいことだけを考えると、普通に幸せは訪れてきます。
ワクワク出来る生き方(ワクワクをイメージしよう)
ワクワクは待ってても訪れて来ません。自分でイメージして色々なことにワクワク出来る生き方をすれば、楽しい日々を送れることになるでしょう。
1度きりの人生(どの人生を選択するか)
人生は1度きりです。その人生をポジティブに生きるのか、ネガティブに生きるのかはあなたが選択出来るのです。
非日常を楽しむ(気分転換は非日常から)
毎日同じような生活をしていると、刺激もうすれ人生が辛くなってきます。意図的に非日常を過ごすことで、人生楽しくもなるでしょう。
忙しい毎日(どう感じるか)
20歳を超えると忙しい人は多くなります。その中で、自分がどう忙しく生きるかは、自分で決められます。
今を生きる(今を楽しむ)
今を生きることは今を楽しむことが大切であります。
人生を楽しむ(楽しい日々を過ごすには)
人生を楽しむためには楽しいことを考える癖をつけることが大切です。
面白いことがない(主体的になる)
面白いことも面白くないことも、あなたの脳で自由に決められるのです。
幼少のころ(本当に歩みたい人生)
本当にしたい人生とは、幼少のころにヒントが隠されているかもしれません。
休日にやることがない(人生を充実させるために)
休日にやることがないのなら、とりあえず一歩外へでることをしてみましょう。
無趣味な人(趣味を探すことを趣味にする)
趣味は人生をより豊かにし、健康を保つ秘訣になります。
思った通りじゃなくても(今を生きる)
人生思った通りじゃなくても、前向きに今を生きることで、好転するものです。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール