生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

人生楽しむ(楽しい日々を過ごすには)

ぺん子「人生を楽しむことってなかなかできないものよね〜」

ぺんぺけ「食がある限り楽しい日々は尽きないぺけ〜」

ぺん子「そんな単純に人生を楽しめたらどれだけ幸せか。」





考え方の癖を変えてみる。。。


もしも毎日が遠足に行く前の日のように、デートの日のように、
誕生日でみんなにお祝いしてもらっている日のように、
楽しかったり、うれしかったりしたら…最高だと思いませんか。

でも天気がいいときもあれば悪いときもあるように、
人の心にも浮き沈みがあるもの。

あなたは楽しいイベント尽くしの毎日を送ることって可能だと
思いますか?それともそんなことできるわけない、と思いますか?

ところであなたは遊園地に行ったことはありますか。ジェットコースター
など絶叫系マシンって好きですか?嫌いですか?

好きな人もいるし、苦手だ、という人もいるでしょう。
理由を考えてみると、

好きな人はきっと、
「上がったり下がったりして、スピードが速くて、楽しい。」
と感じているだろうし、苦手な人はきっと、
「上がったり下がったりするので気持ち悪くなるし、怖い」
と感じているのではないでしょうか。

ジェットコースターが苦手な人が、ジェットコースターを
好きになるには何が必要でしょうか。

そうです。上がったり下がったりするのが楽しいと感じられたら
楽しくなりますよね。ジェットコースターの構造自体は変え
られないから、気持ちを変えるしかありません。

だから楽しいと感じるためには、物事のいい面に
目を向ける
ことが必要になってきます。

物事にはどんなことにもマイナス面とプラス面があります。
例えば雨の日。ある人にとっては傘を差さなければいけないし、
服が汚れることもあるしなんとなく憂鬱。

でも、農家の人にとってはずっと雨が降らないと困るわけです。

どんなことも捉え方によって自分のメリットにすることができます。
例えば、上司に注意されること。「この人キライ。いなきゃいいのに。」
と思いますか。

そう考えそうになってしまった時は、ジェットコースターのことを
思い出してください。いい面に目を向ければ楽しくなると。

最初は難しいかもしれないけど、だんだんできるようになるはずです。
あなたは何かを探すとき、ぼーっと探し物が出てくるのを待ちますか。

カギを探しているときカギの方から、

「僕はここだよ」

なんて言わないですよね。探さないと見つからないままなんです。

楽しいイベントが天から偶然に降ってくるのを待つのもいいですが、
身近なことを楽しむ心の姿勢を作ることでも
同じ効果が得られるようです。

プロセス自体を楽しんでしまえば、楽しい毎日、
楽しく毎日を送ることは可能です。

ものごとを楽しくなるように見る。
頭の隅に置いておくと役に立つ考え方です。

そすることで幸せマインドにまた一歩近づくことが出来るでしょう。


スポンサーリンク



ぺん子「分かってはいてもついついネガティブに考えてしまうところだよね。」

ぺんぺけ「今日は何を食べるか思案中ぺけ〜」

ぺん子「ぺんぺけは食しか頭にないのね。」

は王「思考の癖というのは数ヶ月くらいでわりと変えられるもの。ぺんぺけのような思考の習慣を身につけて、人生楽しむようにしたい所だな。」



 

人生を楽しむ(楽しい日々を過ごすには)関連ページ

楽しく生きる(幸せを呼ぶ言葉の習慣化)
楽しく生きるために4つの言葉を意識してみましょう。
刺激がない毎日(日常のマンネリを抜け出すには)
刺激がない日々は退屈で人生嫌になってきます。活力を手に入れるためにも新しいことに、今動き出して見ましょう。
楽しいことだけを考える(シンプルな思考を持ちましょう)
なぜいつもいつも、わざわざネガティブなことばかり考えて、行動するのでしょうか。素直にシンプルに楽しいことだけを考えると、普通に幸せは訪れてきます。
ワクワク出来る生き方(ワクワクをイメージしよう)
ワクワクは待ってても訪れて来ません。自分でイメージして色々なことにワクワク出来る生き方をすれば、楽しい日々を送れることになるでしょう。
1度きりの人生(どの人生を選択するか)
人生は1度きりです。その人生をポジティブに生きるのか、ネガティブに生きるのかはあなたが選択出来るのです。
非日常を楽しむ(気分転換は非日常から)
毎日同じような生活をしていると、刺激もうすれ人生が辛くなってきます。意図的に非日常を過ごすことで、人生楽しくもなるでしょう。
忙しい毎日(どう感じるか)
20歳を超えると忙しい人は多くなります。その中で、自分がどう忙しく生きるかは、自分で決められます。
今を生きる(今を楽しむ)
今を生きることは今を楽しむことが大切であります。
面白いことがない(主体的になる)
面白いことも面白くないことも、あなたの脳で自由に決められるのです。
幼少のころ(本当に歩みたい人生)
本当にしたい人生とは、幼少のころにヒントが隠されているかもしれません。
休日にやることがない(人生を充実させるために)
休日にやることがないのなら、とりあえず一歩外へでることをしてみましょう。
無趣味な人(趣味を探すことを趣味にする)
趣味は人生をより豊かにし、健康を保つ秘訣になります。
自分が主役(どんな主役を演じたいか)
自分が主役の映画に出られるとしたら、どんな映画の主役をしたいでしょうか。そこに生き方のヒントがあるかもしれません。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール