生きるのが辛い・しんどい・疲れた時 生きるのがしんどい

人生の目標を達成する(そうなってる自分を強くイメージしよう)

人生の目標を設定することは大切です。
目標というのは、「どうなりたいか」、ということ。

目標は夢ではなく、達成可能なものです。
いや、むしろ達成している自分を想像し、
あたかもそうなっていると思うのです。





強く強くイメージしてみるのです。。。


目標を定めれば、ゴールへの最短ルートをたどることができます。

ここで、人生の目標設定の大切さが
わかる作文を、1つ紹介します。

サッカー選手の本田圭佑選手が、
小学6年生の時に書いたものです。

------------------------------(以下引用)------------------------------
「将来の夢」

ぼくは大人になったら、
「世界一のサッカー選手になりたい、と言うよりなる。」

世界一になるには、世界一練習しないとダメだ。

だから、今、ぼくはガンバッている。
今はヘタだけれどガンバッて必ず世界一になる。
そして、世界一になったら、大金持ちになって親孝行する。

Wカップで有名になって、ぼくは外国から呼ばれて
ヨーロッパのセリエAに入団します。

そしてレギュラーになって10番で活躍します。
一年間の給料は40億円はほしいです。

プーマと契約してスパイクやジャンバーを作り、
世界中の人が、このぼくが作ったスパイクやジャンバーを、
買っていってくれることを夢みている。

一方、世界中のみんなが注目し、世界中で一番さわぐ
4年に一度のWカップに出場します。

セリエAで活躍しているぼくは、日本に帰りミーティングをし
10番をもらってチームの看板です。

ブラジルと決勝戦をし2対1でブラジルを破りたいです。

この得点も兄と力を合わせ、世界の強豪をうまくかわし、
いいパスをだし合って得点を入れることが、ぼくの夢です。

------------------------------(引用終了)------------------------------
本田選手はセリエAに所属していますし、レギュラーにもなりました。
プーマではないにしろ、本田モデルのスポーツ用品が
ブランド化されています。

ワールドカップにも出場しました。

本田選手は、どうして大半の夢、つまり
人生の目標を達成することができたのでしょうか。

彼が才能に恵まれていたから?
それもあるかもしれません。
でも、もっと重要なことは

「目標を達成した自分を具体的にイメージすること」

これに尽きます。

イチローを始め、活躍しているプレーヤーに見られる共通点です。

それではなぜ目標がはっきりしていると、成果が出るのでしょうか?

一つ目は目標がはっきりしていれば、
目標に到達するための方法もはっきりするからです。

本田選手は世界一のサッカー選手になるために、
今できることをはっきりと挙げています。

目標がはっきりすれば、そこへ到達するための方法や手順が
かなり明確になり、効率的かつ短時間で目標に
たどりつくことができます。

お金もかからないし、イメージするだけで、
達成できるかもしれないなんて、やるしかないでしょう。

さらに、実現の可能性を高める方法があります。
それは、目標を紙に書くことです。

目標を持たない人の成果を1とすると、
目標を自分の頭の中で想像している人は持たない人の3倍の成果を出し、
さらに、明確な目標を持ち、その目標を人に話したり
紙に書き出したり、いつも持ち歩いたりしている人
の成果は、なんと20倍の差があるそうです。

ここで、注意しなければいけないのが、
利害関係のない人に話す、ということです。

利害関係がからむと、激しく否定されかねませんから…

人生の目標なんて考えたこともないし…

でも、ヨーロッパへ旅行に行く、など
小さい目標を持つことから始めてみませんか。

小さい目標をたぐり寄せることができれば、
きっと人生の目標も見つかって、達成へと近づくはずです。

最高の人生を過ごすには、
最高の自分をイメージするのがセオリーなのです。


あなたは、もっともっと欲を出して、
手に入れたいもの「引き寄せて」良いのです。


スポンサーリンク



ぺん子「もっともっと自分を信じて、イメージしてみることが大事なのね。」

ぺんぺけ「次の目標は最高においしいにくまんを開発することだぺけ〜」

ぺん子「ぺんぺけならすぐに出来そうな気もするわね…」

は王「どれだけイメージすることが出来るかで、人生決まると言っても過言ではない。ぺんぺけがあらゆることが出来るのは、能力が高いのではなく、想像力が高いから。これほど自分の能力を解放し、イメージできる者とは出会ったことがない、今世紀最高の秀作だな。」

ぺん子「ぺんぺけもえらい褒められたものだわね!私には、やはり天然にしか見えないけど…」

ぺんぺけ「(o_ _)o.。oOOグゥグゥ・。・。・。zzzZZZ」

ぺん子「って寝てるし(ヘ;_ _)ヘ ばた」

は王「まあ、人生の目標とか固くならずに、なりたい自分に”なっていて当然”って思う習慣をつけるとよいかもな。」



 

人生の目標を達成する(そうなってる自分を強くイメージしよう)関連ページ

あなたがしたい生き方(無心に追いかけて、夢中になるもの)
それは昔夢中になれたことと関係しているかもしれません。本当にやりたいことを胸に手をあてて考えて見てはいかがでしょうか。
今やって見ましょう(想いは冷めていきます)
いいと思ったことは忘れないうちに実践してみましょう。
セルフイメージを高めよう(あなたがなりたい本当の自分とは)
人は自分の思っているイメージ通りの行動や言動をとっていきます。逆にいえば、ふるまいや言動を変えることで、自分自身はいくらでも変えていけるのです。
心の豊かさとは(与えるという行動とは)
どんな時でも心豊かになれる日々。そういったものを追い求めている人こそ、知っておきたい本当の豊かさとは。
自分探し(自分の中の本当の気持ち)
自分探しをすることが人生の内に何度かあることと思います。しかし、大抵はそれを結論付けることは出来ない。ここで、自分探しのヒントを掴んで見て下さい。
自分磨き(自分を磨く本当の目的とは)
自分を磨くとはどういうことか。その目的を知ることで、道を見失わずに、力を与えてくれるでしょう。
謙虚な姿勢(自分のみコントロール出来る)
人の心はコントロール出来ませんが、自分の心はコントロール出来ます。その心の持ち方に、謙虚な姿勢のヒントがあります。
まずは行動(行動の質と量)
まずは行動することが大切ですが、軌道修正しながらも継続することも大切になってきます。
反応を変える(自分の反応は相手にも影響する)
自分の反応を変えることで、自分を変えるだけでなく相手も変えていくことができます。良くするのも悪くするのも自分の反応次第です。
心が貧しい(心が豊かになる方法)
心が貧しいと自分が思う瞬間があれば、いつでも心豊かになることはできるでしょう。
足ることを知る(欲のコントロール)
足ることを知ることで、本当に人生に感謝でき、幸せを手に入れることができるでしょう。
余裕の振る舞い(微笑むことから余裕が始まる)
余裕の人は常にクールで怖気づかず表情も怒っていません。まずは動作と表情に気を付けてみましょう。
協調性がない(一丸となる)
協調性は同調だけではなく、一丸となることが大切です。
誇りを持つ(自分に誇りを持つには)
真剣に長期間かけて取り組むことで、誇りを持つことができ、自信をつけることもできるでしょう。
謙虚と卑屈(人それぞれの基準)
謙虚と卑屈は似て非なるもの。あなたは謙虚でいてもいいですが、卑屈でいてはなりません。
やる気を出す(やる気がない時)
やる気を出すには、やる気を出す行動をとる必要があります。
平常心を保つ(沈着冷静でいるには)
十分に準備したり、経験を積むことで平常心を保てるようになるものです。
人生に輝き(良いセルフイメージを持とう)
自分が自分をどう思っているかのセルフイメージを上げることで、人生に輝きを増やせるばかりではなく、周りの人も輝かせることができます。
人望を得る(信頼される人になる)
人望を得るのに大事なのは、信頼される人になることが第一ともいえるでしょう。
精一杯生きる(充実した生き方)
精一杯生きることで、悔いのない充実した人生を送れることができるようになります。
人に優しくする(思った反応を期待しない)
人に優しくすることで、人生幸せに近づけるのです。
人を立てる(心から相手を立てる)
人を立てることで、人にパワーを与え、そしてそれがまた自分に返ってきます。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール