生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

謙虚と卑屈(人それぞれの基準)

ぺん子「謙虚と卑屈ってその基準はどこからくるものなんだろう。」

ぺんぺけ「行列が嫌味に感じたら卑屈だぺけ〜」

ぺん子「なるほど、嫌味に感じるか感じないかか〜」





自分の価値を客観的に見る。。。


「○○さんて、いいところがたくさんあるのに
ちょっと自分を卑屈にみているところがあるよね。」

私が数年前に言われた言葉です。

そのころ、私は

「私は本当は腹黒い。」
「私は誰にでもいい顔をする偽善者だ。」
「みんなの前では元気なふりをしなくちゃいけない。誰もわかってくれない。」
「私に生きる価値なんかあるのかな。」

そんなことを思っていました。

「だって」、「でも」、「どうせ」が口癖でした。

ある時から卑屈になることをやめたのは、
「こんなこと思っていると、それが現実になってしまう。
自分にとって、なんのいいこともない」
と気が付いたからです。

私がそういう言動や態度をしていたのはただ、他の人から
「かまってほしい、大事にされたい」
という気持ちの裏返しだったのです。

卑屈、と混同されがちなのが、謙虚という言葉です。

「私なんか、まだまだです。」

そのように言いながらも、内なる自信を外に向けて
発信している人が、あなたの周りにもいると思います。

その人は本当に「まだまだ」と思っているのでしょうか。
聞いているあなたからすれば、
「もうこれ以上する必要ないじゃないか」
と思うような人です。

謙虚の効能は特に日本で顕著です。

相手を立てることが日本ではいいこととされているからです。
かといって、相手を立てることで自分が卑屈になる必要はありません。
そういう人は謙虚の効能を知っているのでしょう。

また、「私なんかはまだまだです」という時、その人は基準が高いのかも
しれません。月収100万を目指している営業マンが
話している時点で月収50万だったら、やはり「まだまだ」となるわけです。

その基準が自分と違うからと言って、卑屈になる必要は全くありません。
他人と自分は違うもの。そのように言う時は、
何と比べてそう思うのかを意識しましょう。

自分には価値がない、と卑屈になっているあなたに
伝えたいことがあります。例えば、あなたに忘れたくない、
すばらしい思い出があるとして、それを
「100万円で売ってほしい」
と言われても売らないですよね。

それは、あなたがお金に変えられない価値あるものを
持っているということです。お金には代えられないものを
持っているなら、あなたには価値があるのです。

自分の価値を知っている人が謙虚になってこそ、
人に勇気を与えられるものです。

卑屈な人が謙虚なふりをしても本人が苦しいだけで、
何もいいことはありません。それどころか、
「関わりたくない対象」として見られる可能性すらあります。

いい加減自分の価値を否定するのはやめましょう。

遅すぎる、ということはありません。
「今さら」ではなく「今から」始めていきましょう。

そうして謙虚と卑屈が分かり、自分を心地良い場所に
おくことから、幸せマインドは訪れてくることと思います。


スポンサーリンク



ぺん子「結局謙虚と卑屈の違いって、自分の価値を知っているか知っていないかの差なのかしら。」

ぺんぺけ「楽しく感じたらなんでもいいぺけ〜」

ぺん子「ぺんぺけっていつも楽しくしてる気はするけどね!」

は王「謙虚と卑屈の違いは難しいのだが、そこにポジティブと感じるかネガティブと感じるかが分かりやすいと言えるな。ポジティブと感じるなら謙虚、ネガティブと感じるなら卑屈。とりあえずこの基準で相手の言葉を聞いてみると分かりやすいだろう。」



 

謙虚と卑屈(人それぞれの基準)関連ページ

あなたがしたい生き方(無心に追いかけて、夢中になるもの)
それは昔夢中になれたことと関係しているかもしれません。本当にやりたいことを胸に手をあてて考えて見てはいかがでしょうか。
今やって見ましょう(想いは冷めていきます)
いいと思ったことは忘れないうちに実践してみましょう。
セルフイメージを高めよう(あなたがなりたい本当の自分とは)
人は自分の思っているイメージ通りの行動や言動をとっていきます。逆にいえば、ふるまいや言動を変えることで、自分自身はいくらでも変えていけるのです。
自分探し(自分の中の本当の気持ち)
自分探しをすることが人生の内に何度かあることと思います。しかし、大抵はそれを結論付けることは出来ない。ここで、自分探しのヒントを掴んで見て下さい。
自分磨き(自分を磨く本当の目的とは)
自分を磨くとはどういうことか。その目的を知ることで、道を見失わずに、力を与えてくれるでしょう。
人生の目標を達成する(そうなってる自分を強くイメージしよう)
人生の目標に対してどうイメージするかで、自分の人生は決まると言っても過言でなはない。
謙虚な姿勢(自分のみコントロール出来る)
人の心はコントロール出来ませんが、自分の心はコントロール出来ます。その心の持ち方に、謙虚な姿勢のヒントがあります。
まずは行動(行動の質と量)
まずは行動することが大切ですが、軌道修正しながらも継続することも大切になってきます。
反応を変える(自分の反応は相手にも影響する)
自分の反応を変えることで、自分を変えるだけでなく相手も変えていくことができます。良くするのも悪くするのも自分の反応次第です。
足ることを知る(欲のコントロール)
足ることを知ることで、本当に人生に感謝でき、幸せを手に入れることができるでしょう。
余裕の振る舞い(微笑むことから余裕が始まる)
余裕の人は常にクールで怖気づかず表情も怒っていません。まずは動作と表情に気を付けてみましょう。
協調性がない(一丸となる)
協調性は同調だけではなく、一丸となることが大切です。
誇りを持つ(自分に誇りを持つには)
真剣に長期間かけて取り組むことで、誇りを持つことができ、自信をつけることもできるでしょう。
やる気を出す(やる気がない時)
やる気を出すには、やる気を出す行動をとる必要があります。
平常心を保つ(沈着冷静でいるには)
十分に準備したり、経験を積むことで平常心を保てるようになるものです。
人生に輝き(良いセルフイメージを持とう)
自分が自分をどう思っているかのセルフイメージを上げることで、人生に輝きを増やせるばかりではなく、周りの人も輝かせることができます。
人望を得る(信頼される人になる)
人望を得るのに大事なのは、信頼される人になることが第一ともいえるでしょう。
精一杯生きる(充実した生き方)
精一杯生きることで、悔いのない充実した人生を送れることができるようになります。
人に優しくする(思った反応を期待しない)
人に優しくすることで、人生幸せに近づけるのです。
人を立てる(心から相手を立てる)
人を立てることで、人にパワーを与え、そしてそれがまた自分に返ってきます。
マニアよりプレーヤーであれ(評論するより実践)
プレイヤーであることは評論するよりも価値があります。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール