生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

今やって見ましょう(想いは冷めていきます)

ぺんぺけ「美味しいお店を教えてもらったぺけ〜!後でネットで調べてみるぺけ〜」

ぺん子「ぺんぺけいつも美味しいお店聞いて回ってるけど、実際どれくらいちゃんと調べたの?」

ぺんぺけ「大体が忘れているぺけけ〜」

ぺん子「全然駄目じゃないのよ!」

ぺんぺけ「だってその時は焼き肉の気分でも、時間がたてばお寿司の気分になったりしてるから仕方ないぺけ〜」

ぺん子「納得するようで、納得しないような理由。なんか損しているような気がするんだよね〜」





今の想いや情熱は変わっていきます。。。


なんかいい事を聞いた。あとで調べて見よう。
美味しいお店教えてもらった。あとで調べて見よう。
いいお話を聞いた。あとでメモっておこう。
飲み会の席で聞いたこと。あとで見て見るわ。

あとで、あとで、あとで、あとで・・・

その「あとで」はたしてどれくらい実行されるのでしょうか。

私たちはいいと思ったものでも、なんとなく先延ばしに
してしまいがちです。現状で特に不満がなければ、
それ以上のことをしようとしなかったりします。

今はスマホがある時代。飲み会で聞いたこともすぐに
調べることが出来ます。しかし場の雰囲気からなんとなく
後にしてしまったりします。

人間の脳は本来記憶することは苦手に出来ているかも
しれません。覚えようと思ったことは覚えようとしますが、
大抵は何度も繰り返して覚えていくものだと思います。

習慣化してこそ記憶は定着していくものであり、
習慣から外れて時がたてば、忘れていくものだったりします。

ですので覚えることは脳に任せず、紙に任せてしまいましょう。

断片的な単語だけでも書いておけば、
後で思い出しやすくなります。

もともと記憶力のいい人はいますが、それはある程度
限られた方で、普通の方はそれほど記憶に優れていません。

とくに会話の端々ででてきたような内容はよっぽど興味がないと
普通忘れてしまいます。ですので、「後でやる」の「やる」は
なかなか実行されないでいてしまいます。

そりゃもともと記憶するのが得意でない「脳」な上に、
後回しにしてもいいようなことなら、なおさら実行される
ことは少ないでしょう。

ですのでその時でも「やろう」と思ったことは熱が冷めないうちに、
とりあえずやって見るのもいいかもしれません。

特に私の場合は記事を書いたりすることがそうなのですが、
ときどきふと書きたい記事が出てきたりします。

その時「今度書こう」と、とりあえずタイトルだけメモすることがあります。

しかし書こうと思っていた内容は思いだせるのですが、
情熱は思い出せず、結局書けないか書いてもいい文章が
書けなかったりすることが多いです。

やはりその時、一番”情熱”をもった時こそ、一番真価が発揮
されるときだと思いますので、今は書こうと思ったら、すぐ書くようにしています。

どうしても書けない時は、タイトルと、結論とキーワード数個と
「その時の想い」をメモするようにしています。

キーワード数個と結論さえあれば、記事は書けるのですが、
その時の想いを忘れてしまっては、良い記事は書けません。

人は熱い想いをもった時に一番行動しようと出来ていたりします。
ライブ行った後の熱い想いや、感動したような時に、100円募金を
見かけたら、通常よりも入れやすくなったりします。

人間の情熱は冷めてしまいますので
少しでもやりたいと思ったことは、極力早いうちに、
まさに「今」やって見るのをおすすめして見ます。

そういったことが、積み重なれば、長期的に見て多くの変化を体験して
行けることと思います。人間は経験したことでしか学べないことも多いです。

やって見たいと思ったことは、その情熱がある「今」やって見て、
少しでも「経験」や「やって見た」という満足感を自分に与えて見るのも、
考えてみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク



ぺんぺけ「美味しい焼肉屋を聞いたから早速調べて見たぺけ!評価よいし、家から近いから行って見るぺけ〜!」

ぺん子「すぐに動く習慣をつけると、良いことあるかもね!」

は王「人は緊急でないことは、後回しにしてしまいがちなもの。「今やって見る」習慣を意識していくのも、後でやることが増えずに、楽に生きる習慣かもしれないな。まあ、試してみて変化をみるとよいかもな。」



 

今やって見ましょう(想いは冷めていきます)関連ページ

あなたがしたい生き方(無心に追いかけて、夢中になるもの)
それは昔夢中になれたことと関係しているかもしれません。本当にやりたいことを胸に手をあてて考えて見てはいかがでしょうか。
セルフイメージを高めよう(あなたがなりたい本当の自分とは)
人は自分の思っているイメージ通りの行動や言動をとっていきます。逆にいえば、ふるまいや言動を変えることで、自分自身はいくらでも変えていけるのです。
心の豊かさとは(与えるという行動とは)
どんな時でも心豊かになれる日々。そういったものを追い求めている人こそ、知っておきたい本当の豊かさとは。
自分探し(自分の中の本当の気持ち)
自分探しをすることが人生の内に何度かあることと思います。しかし、大抵はそれを結論付けることは出来ない。ここで、自分探しのヒントを掴んで見て下さい。
自分磨き(自分を磨く本当の目的とは)
自分を磨くとはどういうことか。その目的を知ることで、道を見失わずに、力を与えてくれるでしょう。
人生の目標を達成する(そうなってる自分を強くイメージしよう)
人生の目標に対してどうイメージするかで、自分の人生は決まると言っても過言でなはない。
謙虚な姿勢(自分のみコントロール出来る)
人の心はコントロール出来ませんが、自分の心はコントロール出来ます。その心の持ち方に、謙虚な姿勢のヒントがあります。
まずは行動(行動の質と量)
まずは行動することが大切ですが、軌道修正しながらも継続することも大切になってきます。
反応を変える(自分の反応は相手にも影響する)
自分の反応を変えることで、自分を変えるだけでなく相手も変えていくことができます。良くするのも悪くするのも自分の反応次第です。
心が貧しい(心が豊かになる方法)
心が貧しいと自分が思う瞬間があれば、いつでも心豊かになることはできるでしょう。
足ることを知る(欲のコントロール)
足ることを知ることで、本当に人生に感謝でき、幸せを手に入れることができるでしょう。
余裕の振る舞い(微笑むことから余裕が始まる)
余裕の人は常にクールで怖気づかず表情も怒っていません。まずは動作と表情に気を付けてみましょう。
協調性がない(一丸となる)
協調性は同調だけではなく、一丸となることが大切です。
誇りを持つ(自分に誇りを持つには)
真剣に長期間かけて取り組むことで、誇りを持つことができ、自信をつけることもできるでしょう。
謙虚と卑屈(人それぞれの基準)
謙虚と卑屈は似て非なるもの。あなたは謙虚でいてもいいですが、卑屈でいてはなりません。
やる気を出す(やる気がない時)
やる気を出すには、やる気を出す行動をとる必要があります。
平常心を保つ(沈着冷静でいるには)
十分に準備したり、経験を積むことで平常心を保てるようになるものです。
人生に輝き(良いセルフイメージを持とう)
自分が自分をどう思っているかのセルフイメージを上げることで、人生に輝きを増やせるばかりではなく、周りの人も輝かせることができます。
人望を得る(信頼される人になる)
人望を得るのに大事なのは、信頼される人になることが第一ともいえるでしょう。
精一杯生きる(充実した生き方)
精一杯生きることで、悔いのない充実した人生を送れることができるようになります。
人に優しくする(思った反応を期待しない)
人に優しくすることで、人生幸せに近づけるのです。
人を立てる(心から相手を立てる)
人を立てることで、人にパワーを与え、そしてそれがまた自分に返ってきます。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール