生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

あなたがしたい生き方(無心に追いかけて、夢中になるもの)

ぺんぺけ「毎日毎日、ひたすら美味しいものを食べたいぺけ〜」

ぺん子「ぺんぺけの人生って食べることしか頭にないの〜??」

ぺんぺけ「失敬だぺけ!寝ることも楽しみだぺけ〜!」

ぺん子「なんだかそんな単純な生き方もいいなって思うようになってきた。私の人生って一体なんなんだろう・・・」





人は最終的に生きたい生き方を求めるのです。。。


さて、この人生で何がしたいでしょうか。

人は生活する為に働いて、その余った時間で
自分の生きがいを求めたり、趣味を求めたりします。

本当は好きな事をやっていたいのに、
生きていくために働くのです。

そう、結構生きていくにはお金がかかるのです。

本来は水を必要とするならば、川までいかなければ
なりません。蛇口を片手でってのは最近の技術です。

火を必要とするならば、それをおこさなければなりません。
ガスがある現状のように片手って訳には本来いきません。。

電気などの明かりが必要ならロウソクなどが必要です。
片手で、スイッチって訳にはいきません。。。

世の中は便利になる反面、それが当たり前の
環境にもなってきました。

人はどんな環境にも慣れるものですが、そこに慣れてしまえば
それが当たり前と思ってしまいます。

現状で、 今、 数年先 、 10年先…。

一体何をしていたいでしょうか。

根本的に現代を生きるにはお金が必要です。
そして、その為に大抵の人は働いています。

自給自足の生活もありですが、やりたいことを
求めるには、時給で働いている方が
効率が良かったりする場合が多いです。

やりたいことがあっても、なくても、
生きている限り生活費を稼がなくてはなりません。

でも、その生活費はあくまで他のことをやりたい手段。
そこに手を取られ過ぎては、やりたいことも出来ません。

さて、あなたは何をこの人生でしたいでしょうか。

それは、遊びでしょうか。
それは、趣味でしょうか。
それは、仕事でしょうか・・・

それとも、特に目標も決まっていないでしょうか。

目標がなかったとしても、では生きてる意味もないから
死ぬって極端な話でもありません。

何かやりたいこともあるでしょう。
現世で、生きてやってみたいこともあるでしょう。
今はなかったとしても、心の奥深く、
夢中になって見たこともあるでしょう。

それが、何なのかは人それぞれだと思います。
それでも、このまま今の現状ではなく、
本当にやって見たかったことをやって見たくなる時、

本当に時間を忘れて夢中になっていたいことがあるはずなんです

今は現状に忙しくて、それを忘れてるかもしれません。
それをしたくても、夢物語かもしれません。

でも、「夢中になれたこと」はあるはずなんです。

それをどの場面で、現状の生活を度外視してでもそれを追いかけて見るのか。

その夢中になれる事をずっとしていたいから、今働くのか。

それをしながら、合間に働くのか。。。

時間は人々みな平等に与えられています。

本当にしてみたい生き方はどんなことでしょうか。

人生は死ぬ前に仕事を一生懸命やっておけばなんて、
言うことは少ないようです。最期には、やり残した
「重要だけど、緊急でないこと」をやりたいと思うものです。

本当にして見たい、生きて見たい生き方。

たまにはそれを思い出して、日々を送るのも良いかもしれないでしょう。
そして、それを迎える為にはどうしたらよいかも考えて
みると素敵な人生が歩めるかもしれません。。。


スポンサーリンク



ぺんぺけ「今日も一杯おいしいものを食べて幸せぺけ〜!お腹いっぱにいなったから寝るだぺけ〜」

ぺん子「食べて寝ること。人が生きる原点の欲求にこそ幸せが隠されているかも知れないね。」

は王「人は人生でそんなに多くのことは出来ない。その人生で一番何を欲しているのか。それは子供の頃に夢中になったことと関係しているかもしれない。夢中になれるものをひたすら出来る環境。それが一番幸せなのかもしれないな。」



 

あなたがしたい生き方(無心に追いかけて、夢中になるもの)関連ページ

今やって見ましょう(想いは冷めていきます)
いいと思ったことは忘れないうちに実践してみましょう。
セルフイメージを高めよう(あなたがなりたい本当の自分とは)
人は自分の思っているイメージ通りの行動や言動をとっていきます。逆にいえば、ふるまいや言動を変えることで、自分自身はいくらでも変えていけるのです。
心の豊かさとは(与えるという行動とは)
どんな時でも心豊かになれる日々。そういったものを追い求めている人こそ、知っておきたい本当の豊かさとは。
自分探し(自分の中の本当の気持ち)
自分探しをすることが人生の内に何度かあることと思います。しかし、大抵はそれを結論付けることは出来ない。ここで、自分探しのヒントを掴んで見て下さい。
自分磨き(自分を磨く本当の目的とは)
自分を磨くとはどういうことか。その目的を知ることで、道を見失わずに、力を与えてくれるでしょう。
人生の目標を達成する(そうなってる自分を強くイメージしよう)
人生の目標に対してどうイメージするかで、自分の人生は決まると言っても過言でなはない。
謙虚な姿勢(自分のみコントロール出来る)
人の心はコントロール出来ませんが、自分の心はコントロール出来ます。その心の持ち方に、謙虚な姿勢のヒントがあります。
まずは行動(行動の質と量)
まずは行動することが大切ですが、軌道修正しながらも継続することも大切になってきます。
反応を変える(自分の反応は相手にも影響する)
自分の反応を変えることで、自分を変えるだけでなく相手も変えていくことができます。良くするのも悪くするのも自分の反応次第です。
心が貧しい(心が豊かになる方法)
心が貧しいと自分が思う瞬間があれば、いつでも心豊かになることはできるでしょう。
足ることを知る(欲のコントロール)
足ることを知ることで、本当に人生に感謝でき、幸せを手に入れることができるでしょう。
余裕の振る舞い(微笑むことから余裕が始まる)
余裕の人は常にクールで怖気づかず表情も怒っていません。まずは動作と表情に気を付けてみましょう。
協調性がない(一丸となる)
協調性は同調だけではなく、一丸となることが大切です。
誇りを持つ(自分に誇りを持つには)
真剣に長期間かけて取り組むことで、誇りを持つことができ、自信をつけることもできるでしょう。
謙虚と卑屈(人それぞれの基準)
謙虚と卑屈は似て非なるもの。あなたは謙虚でいてもいいですが、卑屈でいてはなりません。
やる気を出す(やる気がない時)
やる気を出すには、やる気を出す行動をとる必要があります。
平常心を保つ(沈着冷静でいるには)
十分に準備したり、経験を積むことで平常心を保てるようになるものです。
人生に輝き(良いセルフイメージを持とう)
自分が自分をどう思っているかのセルフイメージを上げることで、人生に輝きを増やせるばかりではなく、周りの人も輝かせることができます。
人望を得る(信頼される人になる)
人望を得るのに大事なのは、信頼される人になることが第一ともいえるでしょう。
精一杯生きる(充実した生き方)
精一杯生きることで、悔いのない充実した人生を送れることができるようになります。
人に優しくする(思った反応を期待しない)
人に優しくすることで、人生幸せに近づけるのです。
人を立てる(心から相手を立てる)
人を立てることで、人にパワーを与え、そしてそれがまた自分に返ってきます。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール