生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

足ることを知る(欲のコントロール)

ぺん子「カバンも欲しいし、服も欲しいし、大きなマンションに住みたいし…お金がいくらあっても足りないわね。」

ぺんぺけ「焼肉もラーメンもチャーハンも食べたいから、お腹がいくらあっても足りないぺけ〜」

ぺん子「やっぱり生まれてきたからには、より上を目指したいものね。」





今持っているものを見つめてみる。。。


ことわざのクイズです。「情けは人の為ならず」
の本当の意味は?

情けは人の為ではなく、巡り巡って自分に返ってくるの
だから人には親切にしましょう。

という意味でしたね。

ことわざとはちょっと違いますが、
「足ることを知る」という言葉を聞いたことがありますか。

人の欲にきりはないので、あるものに感謝して分相応のところで
満足すべきである。というものです。

食べ物、洋服、アクセサリー、人間関係
車、交通手段、インフラなどなど…
私たちは今あるものにどれだけ感謝できているでしょうか。

そりゃ、貧しい国々に比べたら恵まれているかも
しれないけど、もっとお金も服もほしいし
ハイセンスなものに囲まれた暮らしがしたい!

私も含めてそんな風に思う人が日本には多いような気がします。

人には欲があります。誰だって、幸せになりたいし
幸せになるためにはもっとお金が、
もっと物が、もっと時間が、もっといい人間関係が
あったらいいなぁ、と思います。

ある意味、欲が文明を押し進め経済発展に
つながってもいると言えます。

だから、別に足ることを知らなくても
いいんじゃないかな、と思っていました。

足ることを知る、という言葉には実は続きがあります。
知足者富、強行者有志。

足るを知る者は富み、強(つと)めて行なう者は志有り。

中国の思想家、老子の言葉です。
足ることを知る人は心が豊かな人で、努力して行う人は
すでに志を達成している、という意味です。

足ることを知ると心が豊かになる
それがわかったら、一度は足ることを知ってみたいものです。
どうしたらいいのでしょうか。

そのためには必要な分を知ること、つまり、
何がどのくらい足りないのか知ることが大切です。

例えば時間。朝、あと5分寝ていられたら…
1日25時間あればいいのに!

でもその5分は友達とおしゃべりをしている時間、
フェイスブックをしている時間、テレビを見る時間。

少し工夫すれば簡単に作れるのではないでしょうか。
お金も・・・・

あれが欲しい、これが欲しい、いろいろあるけれど、
家に帰ったら似たようなものを持っていた、というのも
よくある話です。

でも、世界には飢えて死んでしまう人や悲しみに
暮れている人、生活に不自由している人がたくさんいる。
その人にも足ることを知れって言うの?!

「足ることを知る」は、人に言う言葉ではなく
自分自身に語り掛ける言葉だと私は思います。

自分が足りているもの、足りないものを知って、
行動を起こすことが大事なのです。
満ち足りて前向きな人こそが周りにいい影響を与え、
人を助けることができます。

何がどれくらい欲しいのか、なぜそれが自分に必要なのか。
はっきりさせる。

それだけでも、足ることを知ることに一歩近づきそうです。

そして足ることを知れば、また一歩幸せマインド
近づくことが出来たと言えるでしょう。


スポンサーリンク



ぺん子「足ることを知らないと、いくらでも欲が付きそうにないわね。一旦省みないと。」

ぺんぺけ「食べるものを厳選する必要がでてきたぺけ〜」

は王「人間の欲は果てしないが、そのおかげで今の便利な世の中があるともいえる。しかし、それを追いかけると疲れてかえって幸せは遠のくので、今持ってるもので幸せを感じられるようにすることが大切だな。」



 

足ることを知る(欲のコントロール)関連ページ

あなたがしたい生き方(無心に追いかけて、夢中になるもの)
それは昔夢中になれたことと関係しているかもしれません。本当にやりたいことを胸に手をあてて考えて見てはいかがでしょうか。
今やって見ましょう(想いは冷めていきます)
いいと思ったことは忘れないうちに実践してみましょう。
セルフイメージを高めよう(あなたがなりたい本当の自分とは)
人は自分の思っているイメージ通りの行動や言動をとっていきます。逆にいえば、ふるまいや言動を変えることで、自分自身はいくらでも変えていけるのです。
心の豊かさとは(与えるという行動とは)
どんな時でも心豊かになれる日々。そういったものを追い求めている人こそ、知っておきたい本当の豊かさとは。
自分探し(自分の中の本当の気持ち)
自分探しをすることが人生の内に何度かあることと思います。しかし、大抵はそれを結論付けることは出来ない。ここで、自分探しのヒントを掴んで見て下さい。
自分磨き(自分を磨く本当の目的とは)
自分を磨くとはどういうことか。その目的を知ることで、道を見失わずに、力を与えてくれるでしょう。
人生の目標を達成する(そうなってる自分を強くイメージしよう)
人生の目標に対してどうイメージするかで、自分の人生は決まると言っても過言でなはない。
謙虚な姿勢(自分のみコントロール出来る)
人の心はコントロール出来ませんが、自分の心はコントロール出来ます。その心の持ち方に、謙虚な姿勢のヒントがあります。
まずは行動(行動の質と量)
まずは行動することが大切ですが、軌道修正しながらも継続することも大切になってきます。
反応を変える(自分の反応は相手にも影響する)
自分の反応を変えることで、自分を変えるだけでなく相手も変えていくことができます。良くするのも悪くするのも自分の反応次第です。
心が貧しい(心が豊かになる方法)
心が貧しいと自分が思う瞬間があれば、いつでも心豊かになることはできるでしょう。
余裕の振る舞い(微笑むことから余裕が始まる)
余裕の人は常にクールで怖気づかず表情も怒っていません。まずは動作と表情に気を付けてみましょう。
協調性がない(一丸となる)
協調性は同調だけではなく、一丸となることが大切です。
誇りを持つ(自分に誇りを持つには)
真剣に長期間かけて取り組むことで、誇りを持つことができ、自信をつけることもできるでしょう。
謙虚と卑屈(人それぞれの基準)
謙虚と卑屈は似て非なるもの。あなたは謙虚でいてもいいですが、卑屈でいてはなりません。
やる気を出す(やる気がない時)
やる気を出すには、やる気を出す行動をとる必要があります。
平常心を保つ(沈着冷静でいるには)
十分に準備したり、経験を積むことで平常心を保てるようになるものです。
人生に輝き(良いセルフイメージを持とう)
自分が自分をどう思っているかのセルフイメージを上げることで、人生に輝きを増やせるばかりではなく、周りの人も輝かせることができます。
人望を得る(信頼される人になる)
人望を得るのに大事なのは、信頼される人になることが第一ともいえるでしょう。
精一杯生きる(充実した生き方)
精一杯生きることで、悔いのない充実した人生を送れることができるようになります。
人に優しくする(思った反応を期待しない)
人に優しくすることで、人生幸せに近づけるのです。
人を立てる(心から相手を立てる)
人を立てることで、人にパワーを与え、そしてそれがまた自分に返ってきます。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール