生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

自分磨き(自分を磨く本当の目的とは)

ぺん子「仕事と週末娯楽だけの生活から抜け出して、少しはがんばって何かを始めなきゃ!」

ぺんぺけ「グルメ探しを始めるぺけか?」

ぺん子「今の流れでどうやったら、そうなるのよ…」





自分磨きで得られる好循環。。。


自分磨きをしている人は、素敵だと思います。
今は、30代の女性半数以上が、

“今より魅力的な自分に”

と自分磨きをしているといわれています。

自分磨きは自分への投資。

投資をするなら、長く効果が続く、
応用が利く自分磨きがいいと思います。

その1つにコミュニケーションがあります。

コーチングやカウンセリングは対人関係をよりよくするのに
役に立ちます。一生使えるスキルになるでしょう。

恋愛力を上げるのも1つです。(参照:恋愛どころではない(男性向け記事)

コミュニケーションアップの自分磨きをすると、
仕事もうまくいくようになるし、毎日が楽しくなってきます。
新しい自分を発見できるかもしれません。

自分磨きの上位に常にランクインしているのはダイエットです。

引き締まった体は自己管理ができている人、と見られるし、
シェイプアップすることで疲れがたまりにくくなります。

体が健康であれば、もっと多くのことにチャレンジしていけます。
健康は一生の宝物です!

また、癒し系のスキルを身に着けるのもおすすめです。

マッサージやアロマテラピーなど、自分の疲れを
自分でマネジメントできるようになります。

ところで、自分磨きの目的とはなんでしょうか。
それは、最後にお伝えします。

自分磨きをされる方は、

自分の得意分野をもっと極めたい。
ビジネスにつなげたい。
モテるようになりたい。

などいろいろ思ってられると思いますが、
自分磨きで大切なことが2つあります。

1つめは取り組む時に、
どんな自分になりたいのか前もって
イメージしておくことです。

資格を取るなら、資格をどう生かしたいのか。
ダイエットなら、理想の体型になった後何をしたいのか。
理想の自分をいつも思い描くことです。

学校を卒業すると、とたんに勉強などしたくなくなって
しまいますが、何にも取り組まないでただ過ごしている人より、
何かに取り組んで自分を向上させようとしている人のほうが、
何歳になっても魅力的なものです。

もう1つは「時間をお金で買う」という発想です。

学びは独学でもできますが、直接先生から学ぶと
モチベーションも上がるし、仲間もできます。

英会話など、工夫次第で無料でできるものもありますが、
多少はお金をかけたほうが目標へ早くたどり着くことができます。

普段からアンテナを巡らせておくのもいいですね。

タウン誌とか、フェイスブックとか、
自分磨きのきっかけとなる出来事をどんどん
探しに行きましょう。

そして、これだ!と思ったらある程度は
糸目をつけないこと。

1,000円、2,000円。
これを惜しむ人はその分時間を浪費します。

一生を80年とすると、約70万時間です。
といってもその37%、26万時間は
睡眠時間や食事の時間に消えてしまいます。

したがって、私たちの自由に使える時間は、
約44万時間ということになります。
この44万時間をどのように使いますか?

今よりも満足するため、「人生を変える」ために、
自分を磨くことは、素敵なことだと思いますし、
その影響によって、まわりもプラスに導くことが出来ます。

自分磨きをするという行動をすることで、自分に自信がつき、
自分を好きになる」ことも出来るのです。
そして、自分を好きになると人も好きになり、
人からも好かれ、さらに人に愛を与えられるようになります。

自分磨きの真の目的は、自分に生きる力を与えることです。

堕落しない生活、誘惑に勝った自分は何よりもの宝なのです。


スポンサーリンク



ぺん子「定番だけど、ダイエット頑張ってみようかな!英会話も捨てがたいわね!」

ぺんぺけ「グルメ巡りはしないぺけか〜?」

ぺん子「ダイエットと相反するじゃないの!それに、どこに自分磨きの要素が?」

ぺんぺけ「どんな店リクエストされても要望に応えられるぺけ〜」

は王「自分磨きは幸せや充実感を得るために重要なもの。充実感を得れば、人生の辛さも軽減できるからな。しかし、頑張りすぎて、目標が達成できないとかえって自信をなくし、次への原動力も奪われてしまうから、まずは達成出来そうなものから取り組み、達成感を得ることが重要だな。」



 

自分磨き(自分を磨く本当の目的とは)関連ページ

あなたがしたい生き方(無心に追いかけて、夢中になるもの)
それは昔夢中になれたことと関係しているかもしれません。本当にやりたいことを胸に手をあてて考えて見てはいかがでしょうか。
今やって見ましょう(想いは冷めていきます)
いいと思ったことは忘れないうちに実践してみましょう。
セルフイメージを高めよう(あなたがなりたい本当の自分とは)
人は自分の思っているイメージ通りの行動や言動をとっていきます。逆にいえば、ふるまいや言動を変えることで、自分自身はいくらでも変えていけるのです。
自分探し(自分の中の本当の気持ち)
自分探しをすることが人生の内に何度かあることと思います。しかし、大抵はそれを結論付けることは出来ない。ここで、自分探しのヒントを掴んで見て下さい。
人生の目標を達成する(そうなってる自分を強くイメージしよう)
人生の目標に対してどうイメージするかで、自分の人生は決まると言っても過言でなはない。
謙虚な姿勢(自分のみコントロール出来る)
人の心はコントロール出来ませんが、自分の心はコントロール出来ます。その心の持ち方に、謙虚な姿勢のヒントがあります。
まずは行動(行動の質と量)
まずは行動することが大切ですが、軌道修正しながらも継続することも大切になってきます。
反応を変える(自分の反応は相手にも影響する)
自分の反応を変えることで、自分を変えるだけでなく相手も変えていくことができます。良くするのも悪くするのも自分の反応次第です。
足ることを知る(欲のコントロール)
足ることを知ることで、本当に人生に感謝でき、幸せを手に入れることができるでしょう。
余裕の振る舞い(微笑むことから余裕が始まる)
余裕の人は常にクールで怖気づかず表情も怒っていません。まずは動作と表情に気を付けてみましょう。
協調性がない(一丸となる)
協調性は同調だけではなく、一丸となることが大切です。
誇りを持つ(自分に誇りを持つには)
真剣に長期間かけて取り組むことで、誇りを持つことができ、自信をつけることもできるでしょう。
謙虚と卑屈(人それぞれの基準)
謙虚と卑屈は似て非なるもの。あなたは謙虚でいてもいいですが、卑屈でいてはなりません。
やる気を出す(やる気がない時)
やる気を出すには、やる気を出す行動をとる必要があります。
平常心を保つ(沈着冷静でいるには)
十分に準備したり、経験を積むことで平常心を保てるようになるものです。
人生に輝き(良いセルフイメージを持とう)
自分が自分をどう思っているかのセルフイメージを上げることで、人生に輝きを増やせるばかりではなく、周りの人も輝かせることができます。
人望を得る(信頼される人になる)
人望を得るのに大事なのは、信頼される人になることが第一ともいえるでしょう。
精一杯生きる(充実した生き方)
精一杯生きることで、悔いのない充実した人生を送れることができるようになります。
人に優しくする(思った反応を期待しない)
人に優しくすることで、人生幸せに近づけるのです。
人を立てる(心から相手を立てる)
人を立てることで、人にパワーを与え、そしてそれがまた自分に返ってきます。
マニアよりプレーヤーであれ(評論するより実践)
プレイヤーであることは評論するよりも価値があります。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール