生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

自分探し(自分の中の本当の気持ち)

ぺん子「私一体この人生で何がしたいんだろう」

ぺんぺけ「おいしいものをいっぱい探すんだぺけ〜」

ぺん子「それは、ぺんぺけの人生でしょ!」

ぺんぺけ「深く考えずに、ご飯でも食べにいくぺけ!」

ぺん子「こんな能天気に生きられたらどんなに幸せなことか。」





どういった人生を心の底で歩みたいと思っているのか。。。


「自分探し」で悩んでいる人はいませんか。
自分探しについては、実に答えた人の数だけ
答えがあると言えます。

どうして、自分がわからなくなってしまうのでしょう。

自分がどこかへ行ってしまったのでしょうか。
小さい頃、自分探しをしようとは思わなかったのに・・・

そのきっかけは、就職活動の自己分析かもしれません。

あれ、自分は何が好きなんだっけ。
あれ、自分は何が得意なんだっけ。
あれ、自分は何になりたかったんだっけ。

いくつもの心理分析をしてみてもいまいちピンと来なくて、
インドに行けば見つかるという人もいるし、
人生は本当の自分を探す旅ともいう人もいます。

一生かかったって見つからないよ」と言う人もいます。

心に悩みがある時、こんなのは自分じゃないと思って、
「自分探し」をしてしまうような気がします。

ただなんとなく1日、1週間、1ヵ月、1年が過ぎて
これでいいのかなあ・・・と思った時。

まただらだら過ごすのではなく、「自分を磨こう」と思った時も、
「自分探し」をしてしまう時があるようです。

自分探しをするというのは、自分の存在意義を
見つける
ことと言い換えられるかもしれません。

よく、海外へ行くと人生が変わると言います。

今の場所を離れて、異なる価値観に触れることは、
確かにそのきっかけになるでしょう。

かつてウツ病と診断されたMさんのお話をします。

彼女はウツを患いながらも、それでもアルバイトをして
ある程度お金もためました。

欲しいものを自分で買う充実感を知りました。

でも、ウツ病のきっかけとなった、
「何のために生きているのだろう。」
という答えは得られないままでした。

そこで彼女は、「そうだ、海外に行けばなにかあるかも」
と思って、オーストラリアへワーキングホリデーに行きました。

きれいなものを見たり、おいしいものを食べたり、
楽しいこともあり、ちょっと大変なこともあったけど、
結局彼女は飽きて、帰ってきてしまいました。

彼女が思ったのは、

「結局海外へ行っても本当の自分というものは見つからなかった。」

ということでした。

Mさんは今、もう1人の自分が見つかったようです。
彼女が大きくかわるきっかけになったのは、

「〜しなければいけない」

と考えるのをやめたことでした。そのかわり、

「よくても、悪くても、これを選んだのは自分なんだ。」

と、考えることにしました。

誰かのせいにするのをやめました。

そして自分で決めたことがうまくいったときには、
自分を褒めるようにしました。

そうすると不思議なことに少しずつ、
自信がついてくるようになりました。

Mさんの話から、何がわかりますか?

結果ではなくプロセスを楽しむということかもしれないし、
自分の考えに責任を持つ、ということかもしれません。

それは、あなただけが知っていることです。

愛し、愛されたい。

反対の態度をしてしまっても、本当は愛されたいんだ。
その気持ちに素直になるのもいいかもしれません。

自分の中の本当の気持ち、
それがあなたが探しているものかもしれません。


そして自分に素直になれた時は、当サイトで最終的に
目指している「幸せマインド」により一歩近づけたことでしょう。


スポンサーリンク



ぺん子「自分の中の本当の気持ちか〜。私は日常仕事に追われていて、そんなものどこかに忘れているのかもしれないな。」

ぺんぺけ「旅に出て、おいしいものでも食べながら、思いだすぺけけ〜」

ぺん子「旅に出て心に余裕を持つことで自分を振り返れるから、みんな旅にでるのかな?っておいしいものはセットなんだね(^^;」

は王「子供の頃に憧れた生活。子供の頃に描いていた環境。そういったものを忘れて、現実の仕事や生活に追われているとどんどんと自分を見失う。引き寄せの法則でも書いたが、思い描けばいつでも夢は叶えられるんだ。そこから目を背けていては、いつまでたっても自分探しは終わらないだろう。固定概念を外した時に、本当の自分が見つかるってことなんだな。」



 

自分探し(自分の中の本当の気持ち)関連ページ

あなたがしたい生き方(無心に追いかけて、夢中になるもの)
それは昔夢中になれたことと関係しているかもしれません。本当にやりたいことを胸に手をあてて考えて見てはいかがでしょうか。
今やって見ましょう(想いは冷めていきます)
いいと思ったことは忘れないうちに実践してみましょう。
セルフイメージを高めよう(あなたがなりたい本当の自分とは)
人は自分の思っているイメージ通りの行動や言動をとっていきます。逆にいえば、ふるまいや言動を変えることで、自分自身はいくらでも変えていけるのです。
心の豊かさとは(与えるという行動とは)
どんな時でも心豊かになれる日々。そういったものを追い求めている人こそ、知っておきたい本当の豊かさとは。
自分磨き(自分を磨く本当の目的とは)
自分を磨くとはどういうことか。その目的を知ることで、道を見失わずに、力を与えてくれるでしょう。
人生の目標を達成する(そうなってる自分を強くイメージしよう)
人生の目標に対してどうイメージするかで、自分の人生は決まると言っても過言でなはない。
謙虚な姿勢(自分のみコントロール出来る)
人の心はコントロール出来ませんが、自分の心はコントロール出来ます。その心の持ち方に、謙虚な姿勢のヒントがあります。
まずは行動(行動の質と量)
まずは行動することが大切ですが、軌道修正しながらも継続することも大切になってきます。
反応を変える(自分の反応は相手にも影響する)
自分の反応を変えることで、自分を変えるだけでなく相手も変えていくことができます。良くするのも悪くするのも自分の反応次第です。
心が貧しい(心が豊かになる方法)
心が貧しいと自分が思う瞬間があれば、いつでも心豊かになることはできるでしょう。
足ることを知る(欲のコントロール)
足ることを知ることで、本当に人生に感謝でき、幸せを手に入れることができるでしょう。
余裕の振る舞い(微笑むことから余裕が始まる)
余裕の人は常にクールで怖気づかず表情も怒っていません。まずは動作と表情に気を付けてみましょう。
協調性がない(一丸となる)
協調性は同調だけではなく、一丸となることが大切です。
誇りを持つ(自分に誇りを持つには)
真剣に長期間かけて取り組むことで、誇りを持つことができ、自信をつけることもできるでしょう。
謙虚と卑屈(人それぞれの基準)
謙虚と卑屈は似て非なるもの。あなたは謙虚でいてもいいですが、卑屈でいてはなりません。
やる気を出す(やる気がない時)
やる気を出すには、やる気を出す行動をとる必要があります。
平常心を保つ(沈着冷静でいるには)
十分に準備したり、経験を積むことで平常心を保てるようになるものです。
人生に輝き(良いセルフイメージを持とう)
自分が自分をどう思っているかのセルフイメージを上げることで、人生に輝きを増やせるばかりではなく、周りの人も輝かせることができます。
人望を得る(信頼される人になる)
人望を得るのに大事なのは、信頼される人になることが第一ともいえるでしょう。
精一杯生きる(充実した生き方)
精一杯生きることで、悔いのない充実した人生を送れることができるようになります。
人に優しくする(思った反応を期待しない)
人に優しくすることで、人生幸せに近づけるのです。
人を立てる(心から相手を立てる)
人を立てることで、人にパワーを与え、そしてそれがまた自分に返ってきます。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール