生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

人生に輝き(良いセルフイメージを持とう)

ぺん子「なんか最近の私ってぱっとしてなくて、輝いてない気がするわ。」

ぺんぺけ「ライトで照らしてみるぺけけ〜。」

ぺん子「単に眩しいだけじゃないのそれじゃ。」

ぺんぺけ「何とか輝けるぺけ〜」





人生に輝きを与えるためには。。。


いくつになっても輝いて生きたいって思いますよね。
普段から人生輝いて生きたいですよね。

華やかな仕事をしている人は輝いて見えることが
多いですが、あなたにとって「輝いている人」とは
どんな人ですか?

輝いている人に共通するのは、
「輝いていることは自分ではわからない」
ということです。

なりふり構わず必死になって仕事をしていると、

「大変そうだけど、なんかステキだよね」
「がんばってるね」

と言われたり、応援されたりします。
言われた本人は気付かないことがほとんどです。

夜空をイメージしてください。
太陽は自らが輝いていることがわかりません。
反対に地球が光っているように見えます。
もちろん他の光っている星も見えますが…

もしあなたの周りに輝いている人がいたら、
実はあなたが輝かせているのかもしれませんよ。

あなたの

「がんばってね!」
「お疲れ様です。」

という一言、笑顔、思いやり。
そんなちょっとしたことが相手を輝かせます。

自分を他人と比べる。一生懸命やっていない
モチベーションがない成績が悪い人と比較して、
落ち込む。

そんなことをしている暇があったら人を輝かせましょう。
そうしたら、その光が自分に返ってきてお互いが
輝きますよね。

お互い、輝いていることはわからないですけど、

「最近なんか、いい感じだな」

そう思えてきたら輝いてきたサインでしょう。

輝くことが何なのかよくわからない人は自分に
素直になって、

「どうなりたいのか?」
「誰のようになりたいのか」
「どんな自分なら輝いていると感じられるのか」

を、考えることから始めたらいいでしょう。

輝いている人はいいセルフイメージを持っています。

人には輝いてるね、って評価されたい。
でも人は思うように評価してはくれないものです。

もしいつも自分は輝いていると思えたらどうでしょう。
人に言われなくても、「自分は輝いているんだ」と
実感できたらどうでしょう。

行動はどう変わっていくでしょう。能力、出会う人、
環境はどうなっていくでしょうか。

いつも自分は輝いている。他人から言われなくても
自分でいつもそう思えていたら、どんな人生が
待っているでしょう。

私は頑張れない。輝けないと言う人もいます。
そういう人は自分で「私は輝かない、頑張らない」と
決めているだけです。そうしてはいけないと、
言われて育ってきたのかもしれません。

嫌なことがある、と学んでしまったのかもしれません。
もしかしたらあなたの邪魔をするかもしれません。

そういう人を見かけたら、

「輝くことってステキなことだよ」
「一生懸命っていいよ」

とあなたが教えてあげたらいいですよね。

そうすることで、お互いが幸せマインドを持つことが
出来るようになり、幸せな人生を築いていけることと
思います。


スポンサーリンク



ぺん子「やっぱり良い言葉をかけて、良いセルフイメージを持たないとだめね。」

ぺんぺけ「おいしいものを食べると、気分もあがるぺけ〜」

ぺん子「常に人生に輝きをもっていたいものね。」

は王「人生に輝きを与えるのは、自分が自分をどのように思って行動するかにかかっている。自分が輝けば、周りの人にも良い影響を与えるので、どんどん輝いて、幸せの輪を広げていきたい所だな。」



 

人生に輝き(良いセルフイメージを持とう)関連ページ

あなたがしたい生き方(無心に追いかけて、夢中になるもの)
それは昔夢中になれたことと関係しているかもしれません。本当にやりたいことを胸に手をあてて考えて見てはいかがでしょうか。
今やって見ましょう(想いは冷めていきます)
いいと思ったことは忘れないうちに実践してみましょう。
セルフイメージを高めよう(あなたがなりたい本当の自分とは)
人は自分の思っているイメージ通りの行動や言動をとっていきます。逆にいえば、ふるまいや言動を変えることで、自分自身はいくらでも変えていけるのです。
心の豊かさとは(与えるという行動とは)
どんな時でも心豊かになれる日々。そういったものを追い求めている人こそ、知っておきたい本当の豊かさとは。
自分探し(自分の中の本当の気持ち)
自分探しをすることが人生の内に何度かあることと思います。しかし、大抵はそれを結論付けることは出来ない。ここで、自分探しのヒントを掴んで見て下さい。
自分磨き(自分を磨く本当の目的とは)
自分を磨くとはどういうことか。その目的を知ることで、道を見失わずに、力を与えてくれるでしょう。
人生の目標を達成する(そうなってる自分を強くイメージしよう)
人生の目標に対してどうイメージするかで、自分の人生は決まると言っても過言でなはない。
謙虚な姿勢(自分のみコントロール出来る)
人の心はコントロール出来ませんが、自分の心はコントロール出来ます。その心の持ち方に、謙虚な姿勢のヒントがあります。
まずは行動(行動の質と量)
まずは行動することが大切ですが、軌道修正しながらも継続することも大切になってきます。
反応を変える(自分の反応は相手にも影響する)
自分の反応を変えることで、自分を変えるだけでなく相手も変えていくことができます。良くするのも悪くするのも自分の反応次第です。
心が貧しい(心が豊かになる方法)
心が貧しいと自分が思う瞬間があれば、いつでも心豊かになることはできるでしょう。
足ることを知る(欲のコントロール)
足ることを知ることで、本当に人生に感謝でき、幸せを手に入れることができるでしょう。
余裕の振る舞い(微笑むことから余裕が始まる)
余裕の人は常にクールで怖気づかず表情も怒っていません。まずは動作と表情に気を付けてみましょう。
協調性がない(一丸となる)
協調性は同調だけではなく、一丸となることが大切です。
誇りを持つ(自分に誇りを持つには)
真剣に長期間かけて取り組むことで、誇りを持つことができ、自信をつけることもできるでしょう。
謙虚と卑屈(人それぞれの基準)
謙虚と卑屈は似て非なるもの。あなたは謙虚でいてもいいですが、卑屈でいてはなりません。
やる気を出す(やる気がない時)
やる気を出すには、やる気を出す行動をとる必要があります。
平常心を保つ(沈着冷静でいるには)
十分に準備したり、経験を積むことで平常心を保てるようになるものです。
人望を得る(信頼される人になる)
人望を得るのに大事なのは、信頼される人になることが第一ともいえるでしょう。
精一杯生きる(充実した生き方)
精一杯生きることで、悔いのない充実した人生を送れることができるようになります。
人に優しくする(思った反応を期待しない)
人に優しくすることで、人生幸せに近づけるのです。
人を立てる(心から相手を立てる)
人を立てることで、人にパワーを与え、そしてそれがまた自分に返ってきます。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール