生きるのが辛い・しんどい・疲れた時 生きるのがしんどい

声をかけてみようよ(言葉の力を知ろう)

ぺん子「どうしても元気がなさそうな人をみると、声をかけづらいわよね。」

ぺんぺけ「あんまんでも食べるぺけか?」

ぺん子「全然普通に声をかけてるわね。」

ぺんぺけ「肉まんもあるぺけけ〜」

ぺん子「たぶん他の言葉を求めていると思うわよ。」






声をかけてみようよ。あいつ、どうやら
悩んでいるみたいだよ。どうする?

「そっとしておいてあげよう」ってみんな言う
けどさ…それって違うんじゃない?

落ち込んでるときって、たいていは自分で這い
上がってみせるって思うものだけど…。

みんな自分の胸に手をあてて考えてみてよ。

やっぱり誰でもいいから声をかけてもらいたいって
思わなかった?

一人でいるのが寂しくてたまらなくなかった?

だからさ、あいつもおんなじなんだよ。
だから声をかけてみようよ。

いつも虚勢を張ってるあいつだから、声を
かけてもらうのが恥ずかしいのかもしれない
けどさ、こういうときだから声をかけてみようよ。

ありがた迷惑とか、大きなお世話なんて憎まれ口
言うかもしれないけど…きっとそれ本心じゃないから。

だから声をかけてみようよ。
「どうしたんだい?」って声をかけてみようよ。

すぐそこにいるんだから、みんなはれ物を見るような
目でみないでさ。メールなんか送ったら逆効果に
なるよきっと。だから声をかけてみようよ。

声をかけてもらったら、あいつも嬉しいんじゃ
ないかな。きっとそうだよ。

いつも強がってばかりいるけど、あんなに仕事で
こてんぱんにやられて落ち込んでるんだからさ…。

だから声をかけたらきっと嬉しいんだと思うよ。
心が温まるんじゃないかな。
それに心強いんじゃないかな。

「そっとしといてくれよ」なんて、いつにもなく元気の
ない声で言われると思う。でもやっぱり心配じゃない。

一人で立ち直ることも必要だけど、今は傍に
いておいてあげたほうがいいよ。

本当に一人にさせても大丈夫なときは、
そっと見守ればいいんだからさ。

それまでは、うんと傍にいてあげようよ。

自分が悩んでいるときや落ち込んでいるときに、
周りの人や同僚、そして友だちから
思いやりの声をかけられるとどうでしょうか。

「うるさいなあ…ほっといてくれよ」なんて、思って
しまうこともあるでしょう。それでもどうでしょうか。

一人でほっとかれるよりも声をかけてもらったほうが
嬉しくないですか?声をかけられることで元気に
なることのほうが多いんです。

一人だとあれやこれやネガティブなことを考えて
しまいますから、一人にさせないほうが大事なのです。

だから悩んでいる人を見たら、まずは
一声かけてあげましょう。

きっとあなたもこれまでの人生の中で、周りの人から
そういうふうにされて立ち直ってきたはずですよ。

だから、落ち込んでいる人を見たら声をかけて
あげましょう。気楽なひと言でもいいですし、
何も言わないで傍にいてあげるのもいいでしょう。

一人にさせないことが肝心なのですから。

それでもやっぱり苦しそうにしている時。
自分が苦しい時は。

本当に楽になる為には」の記事も読んで、
現実から元気を出して見てください。



スポンサーリンク



ぺん子「やっぱり声をかけてみることって大事なことなんだね。」

ぺんぺけ「お腹空いたから、しゃぶしゃぶでも食べに行きたいぺけ〜」

ぺん子「食べ物の声掛けばかりしてるわね。」

は王「人は言葉によって傷つき、言葉によって元気がでる。”言葉は魔法”だといことを忘れないようにしたいところだな。」



 

声をかけてみようよ(言葉の力を知ろう)関連ページ

心の豊かさとは(与えるという行動とは)
どんな時でも心豊かになれる日々。そういったものを追い求めている人こそ、知っておきたい本当の豊かさとは。
心が貧しい(心が豊かになる方法)
心が貧しいと自分が思う瞬間があれば、いつでも心豊かになることはできるでしょう。
+1の買い物を(プラスいちで心豊かに)
1つ何かを足したり、良いものにするだけで、気分も変わってくるものです。
一日の始めに(理想の1日を書いてみる)
毎日どんな素敵な日を送りたいかと毎朝考えることで、自然とそれに向かっていくでしょう。
生まれた環境を恨まない(未来は変えられる)
生まれた環境で確かに人生は難しくも、簡単にもなるが、それよりも前を見る方が建設的でしょう。
対峙する人を幸せにする意識を持つ(他人は無関係)
自分の今の精神状態や機嫌によって、他人と接する態度を変えるのは、やめたほうがいいでしょう。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール