生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

心が貧しい(心が豊かになる方法)

ぺん子「課長はちょっとしたことでガミガミ言ってくるし、ホント心が貧しい人だわ。」

ぺんぺけ「あんまんでも食べるぺけか?」

ぺん子「あんまんの話じゃなくて、心が貧しい話をしているの。」

ぺんぺけ「やっぱり肉まんの方が良かったぺけか〜」






心が貧しい状況とは。。。


自分や誰かに対して心が貧しいって感じたことはありますか。
もし、自分に対して感じたことがあったら、おめでとうございます。
心の貧しさを感じられる人は心が豊かだと言えるからです。
本当に心が貧しい人は、そのように感じることはできないからです。

この記事を読んでくださっている人は、少しでも心が豊かになりたい
いう人だと思います。

学習には四段階あって、最初は自分がわからないこともわからない。
次は自分がわからないことを知っている、という段階です。
心が貧しいなと思える、ということは第一段階はクリヤーしているわけです。

あなたはいつ、自分の心が貧しいなと感じますか。

ある人は誰かを悪く言ってしまった時だったり、
自分の利益のために嘘をついてしまったり、
募金箱の前を罪悪感を持ちながら素通りしてしまった時…、
他人の成功を素直に喜べない時でしょうか。

そして、どのような時、心が豊かになりますか。
芸術に触れた時。
人に親切にされた時。
人に親切にした時。
赤ちゃんに向かってほほ笑んだ時。
それともゴールを達成した時?

次の学習の段階は、意識すれば結果が出せる状態。
つまり、「どういうふうにすれば、心が豊かになるか」知っている
状態です。でも、その一方で

「どうすれば、心が豊かになるのか、そんなことはわかってる。
でも、その行為をする心の余裕がないんだ!」
と思う方もいるかもしれません。

私たちは「よい」とわかっていることをできないことがあります。

例えば、他人の成功を喜ぶことや人に親切にしたり、
優しくすること。「こうするのが正解だ」
とわかっていても行動に移せないのです。

なぜなのでしょうか。

それは、自分のプライドだったり経験だったり
ねたみだったりします。
「これを認めると自分がみじめになってしまう。」
そんな思いがあることで、心の豊かさから遠ざかってしまうのです。

心が豊かになるとき
それは、「自分が大事にされた」とか「自分を大事にしている」
という感覚ではないでしょうか。

人から大事にされるのは思うようにいかないし、
自分を大事にすることは時に時間がかかります。

それで、人は手っ取り早い方法を選んでしまいます。
それは他の人の陰口やうわさ話をすることで、
他人の価値を引き下げ、相対的に自分の価値を上げることです。

確かに、一時的には気分は良くなります。
でも、そのあとに「根本的な解決にはなってない」と
思う人も多いのではないでしょうか。

学習の第3段階は反復です。
1日5分でも10分でも心が豊かになる瞬間を持ちましょう。
最初はなかなかうまくいかないかもしれませんが、
行動しなければ変化は訪れません。

これを続けていくことで無意識のうちに心が豊かになる選択
できるようになることでしょう。そうなったら、まず何をしてみたいですか。

もっと視野を広げるため幸せを感じるため、
心を豊かになることに少しずつトライしてきましょう。

心が豊かになれば心も幸せになっていきます。
ぜひ幸せマインドをつかんでいきましょう。


スポンサーリンク



ぺん子「自分の心を豊かにすることが、心が貧しい人も受け入れられるってことね。」

ぺんぺけ「今度はカレーマンを持ってきたぺけ〜」

ぺん子「その気持ちはありがたく受け取っておくわ((((´〜`)モグモグ」

は王「自分の心が貧しいと、相手のちょっとしたことでも不快になる。やはり広く豊かな心を身に着けていくことが、心身ともに健康に生きる秘訣になろう。」



 

心が貧しい(心が豊かになる方法)関連ページ

あなたがしたい生き方(無心に追いかけて、夢中になるもの)
それは昔夢中になれたことと関係しているかもしれません。本当にやりたいことを胸に手をあてて考えて見てはいかがでしょうか。
今やって見ましょう(想いは冷めていきます)
いいと思ったことは忘れないうちに実践してみましょう。
セルフイメージを高めよう(あなたがなりたい本当の自分とは)
人は自分の思っているイメージ通りの行動や言動をとっていきます。逆にいえば、ふるまいや言動を変えることで、自分自身はいくらでも変えていけるのです。
心の豊かさとは(与えるという行動とは)
どんな時でも心豊かになれる日々。そういったものを追い求めている人こそ、知っておきたい本当の豊かさとは。
自分探し(自分の中の本当の気持ち)
自分探しをすることが人生の内に何度かあることと思います。しかし、大抵はそれを結論付けることは出来ない。ここで、自分探しのヒントを掴んで見て下さい。
自分磨き(自分を磨く本当の目的とは)
自分を磨くとはどういうことか。その目的を知ることで、道を見失わずに、力を与えてくれるでしょう。
人生の目標を達成する(そうなってる自分を強くイメージしよう)
人生の目標に対してどうイメージするかで、自分の人生は決まると言っても過言でなはない。
謙虚な姿勢(自分のみコントロール出来る)
人の心はコントロール出来ませんが、自分の心はコントロール出来ます。その心の持ち方に、謙虚な姿勢のヒントがあります。
まずは行動(行動の質と量)
まずは行動することが大切ですが、軌道修正しながらも継続することも大切になってきます。
反応を変える(自分の反応は相手にも影響する)
自分の反応を変えることで、自分を変えるだけでなく相手も変えていくことができます。良くするのも悪くするのも自分の反応次第です。
足ることを知る(欲のコントロール)
足ることを知ることで、本当に人生に感謝でき、幸せを手に入れることができるでしょう。
余裕の振る舞い(微笑むことから余裕が始まる)
余裕の人は常にクールで怖気づかず表情も怒っていません。まずは動作と表情に気を付けてみましょう。
協調性がない(一丸となる)
協調性は同調だけではなく、一丸となることが大切です。
誇りを持つ(自分に誇りを持つには)
真剣に長期間かけて取り組むことで、誇りを持つことができ、自信をつけることもできるでしょう。
謙虚と卑屈(人それぞれの基準)
謙虚と卑屈は似て非なるもの。あなたは謙虚でいてもいいですが、卑屈でいてはなりません。
やる気を出す(やる気がない時)
やる気を出すには、やる気を出す行動をとる必要があります。
平常心を保つ(沈着冷静でいるには)
十分に準備したり、経験を積むことで平常心を保てるようになるものです。
人生に輝き(良いセルフイメージを持とう)
自分が自分をどう思っているかのセルフイメージを上げることで、人生に輝きを増やせるばかりではなく、周りの人も輝かせることができます。
人望を得る(信頼される人になる)
人望を得るのに大事なのは、信頼される人になることが第一ともいえるでしょう。
精一杯生きる(充実した生き方)
精一杯生きることで、悔いのない充実した人生を送れることができるようになります。
人に優しくする(思った反応を期待しない)
人に優しくすることで、人生幸せに近づけるのです。
人を立てる(心から相手を立てる)
人を立てることで、人にパワーを与え、そしてそれがまた自分に返ってきます。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール