生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

プラス1の仕事をする(お金がないを解決)

ぺん子「特に贅沢しなくても、貯金ってなかなかできないものね。」

ぺんぺけ「貯金がなくても何とかなるぺけ〜」

ぺん子「やっぱいざと言う時は、お金が大事になってくるわよ。」

ぺんぺけ「収入を増やすことを考えてみるぺけ〜」





急がば回れ。。。


今回は「お金がない」ことについて考えてみたいと思います。

大きな借金を抱えていたり、病気だったり、
過剰な浪費癖がある場合は別として、
毎日仕事をして、朝から晩まで働いて、
贅沢な生活をしているわけではないのに
「お金がない。」そんな悩みを抱えている場合です。

あなたは「仕事」について、どのように考えていますか?

本当はしたくないけれど、生きていくためには
やらなければならないもの。

義務。

業務時間内の我慢料をもらうもの。

時間内だけ仕事場にいればいいもの。

努力をするのは嫌だけれど、お給料はもっと欲しい。
などなど…

確かに全然働いていないように見えるのに、
収入が多い人もいるでしょう。

ですがもし、あなたが普通に働いているにも関わらず、
日常生活を送るための衣食住にも不自由するくらい
「お金がない」というのなら…

「プラス1の仕事」をしてみてください。

プラス1の仕事、たとえば人よりも早く出て、
フロアの掃除をしてみましょう。

プラス1の仕事、たとえば同期の人よりも
1ヶ所だけ多く、営業をしてみましょう。

プラス1の仕事、たとえば廊下ですれ違った相手には、
必ず笑顔であいさつをしてみましょう。

プラス1の仕事、たとえば他の人よりも
1時間だけ多く残業をしてみましょう。

あるいは、
家に帰っても、1時間だけ会社の仕事をする。

家に帰ったら毎日、1時間だけ仕事の勉強をする。

家に帰ったら毎日、仕事のための体調管理として軽い運動をする。

仕事場で、1日1回は同僚にねぎらいの言葉をかける。

お客さんに、毎回1つだけオマケをつける。

お客さんの、仕事以外の愚痴や世間話にも喜んでつきあう。
などなど…

プラス1の仕事は、直接収入には関わりません。
それどころか若干の支出が必要になるかもしれません。

ですが入ってくる金額を考えたり、
損得で計算する事なしに、純粋な気持ちで
「プラス1」を実践してみるのです。

そうすると、何故か仕事の量が増えてきます。
責任のある仕事を任せてもらえるようにもなるでしょう。

同僚やお客さんから声をかけてもらいやすくなりますし、
仕事にやりがいを感じるようになってきます。

そうすれば、自然と収入もあがってくるのです。

大きな出世や極端な増収に結びつくかどうかは別として、
日常生活に困るような状態ではなくなってくるはずです。

お金に対する不安を一度脇に置いて、追加の
金銭を求めず、損得を考えず、純粋な気持ちで
「プラス1の仕事をする」こと。

そうすれば、あなたは自然と仕事に恵まれるように
なってくるでしょう。


そして、

「家賃を払うお金がない…」
「食事をするお金がない…」
「服を買うお金がない…」

そういった、衣食住にまつわるお金への不安は、
いつの間にか消えていくのです。

しかしそれでも物理的にお金がなくて、人生が辛い
状態の方もいるでしょう。

目に見える形で行動して、お金の問題を解決
したいと言う方も大勢いると思います。

そういった方はぜひ「本当に楽になる為には」の記事を
読んで頂ければと思います。

きっと何か、助けになると思います。


スポンサーリンク



ぺん子「長い目で見ると、プラス1の精神は大事になってくるわね。」

ぺんぺけ「手っ取り早く稼ぎたいぺけ〜」

は王「そういった方はぜひ”本当に楽になる為には”の記事を読んでみるといいだろうな。」



 

プラス1の仕事をする(お金がないを解決)関連ページ

お金がなくて辛い(幸せはどこにあるのか)
人生が辛くなった時、生きるのが辛くなったとき。きっかけは色々あると思います。そのきっかけは何だったのでしょうか。仕事がうまくいかなかったのか。人づきあい、人間関係がうまくいかなかったのか。片想いに苦しくなったのか。失恋したのか。生きる希望を失ったのか。事業に失敗したのか。燃え尽きたのか。そんな時に、もしも文章を読む気力が残されているのなら、当サイトを覗いて見ていって下さい。
お金の知識(お金は色々な側面をもつ)
一言にお金と言っても色々な側面があります。ここではその概要だけをご紹介します。
お金は稼ぎは難しいのか(お金の価値をどこまで置くのかで変わります)
お金を稼ぎが難しいのか、簡単なのかはどの程度お金に対して比重を置いてるかで変わってきます。
派遣と言う働き方(時間とお金のバランス)
好き好んで派遣をされてない方も多いと思いますが、そこは社員より得られやすい時間と社内の精神的苦痛の緩和を上手に使いましょう。
月収の壁(人それぞれに金銭感覚は異なります)
月収はある程度のところで、本人の価値観が大きく支配していきます。あなたはどこの水準に壁をおいているでしょうか。
金持ちマインド(自分がお金持ちのイメージを強く持ちましょう)
お金持ちになるために一番重要なのは、金持ちマインドを持つことです。この意識なしに一般人の枠から超えることは出来ません。
何にお金をかけるか(価値を置いているもの)
何に重点的にお金をかけるかで、自分の人生で何に価値を置いているかを把握できます。
支払う時には感謝を添えて(お金は気持ち)
お金は気持ちを伝えるもので、本来気持ちよく渡すものなのです。
お金の使い方で人生が変わる(お金主体)
お金に対する考え方や使い方で、あなたの人生は大きく変わってくるでしょう。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール