生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

今すぐ会社を辞めたい(一個ずつ冷静に考える)

ぺん子「仕事がきつすぎて、今すぐ会社を辞めたいわ。」

ぺんぺけ「おいしいもの食べて元気だすぺけけ〜」

ぺん子「心底参ってくると、食欲すらなくなるんだよ…」

ぺんぺけ「いつになくへこんでいるぺけ〜」





現状を冷静に見つめてみる。。。


今すぐ会社を辞めたい。
本当に切羽詰まるとこのような状態になります。

私もあまりにも会社に行くのが辛すぎて、
辞意を伝えた後1週間くらいで正社員を辞めたことがあります。

この時はまだ20代前半から半ばくらいでしたので、
なんとかなったということもありますが、給料が良かった
上に家賃も会社が9割負担でしたので、同じ生活水準に
戻るのに、実に7年はかかりました。

それでも激務をこなすあの会社を辞めたことに後悔は
なかったです。

とは言っても今の会社も本気で辛くて今すぐ会社を辞めたい
と思ったことは、1度や2度ではありませんが、冷静に
年齢を考えて、くいとどまりました。

さすがに30歳を超えると早まった決断は、人生詰んでしまう
可能性があります。

今でこそ会社を辞めても生活出来るくらいの収入は
別途ありますが、それでもいつどうなるのか分かりませんので、
嫌々ながらもなんとか会社員を務めています。

今は今すぐに会社を辞めたいと思うほどになることは
少ないですが、その一番の理由は副業を始めた
ことにあると思います。

結局のところ3年くらい仕事が続いているのであれば、
辞めたいと思う時は、部署が変わったり、上司が変わったり
した時になると思います。

とは言え一から仕事を覚えなおす訳でもなく、例えば
私は従業員200人くらいの会社ですので、人の名前も
大体知っていますし、事務職ですから電話の取り方、
パソコンの扱い方、お得意先への挨拶など一通りできますので、
冷静に考えればそれほど苦痛なことではありません。

しかし、副収入など精神的に余裕がない時は、
仕事があまりにつらくなりますと、たとえそれが一時的で
そのうち人間関係も含め慣れていくと分かっていましても、
今すぐ会社を辞めたいとなってしまったりします。

よって私は今すぐ会社を辞めたい時は、冷静に1つずつ
考えること
をお勧めしています。

例えば生活費。

1人暮らしでなければなんとかなりますが、1人暮らしですと
生活自体が詰んでしまう可能性があります。

例えば年齢。

20代ならなんとかなりますが、35歳以上になりますと、さすがに
正社員での就職はぐっと少なくなります。

今までの経験があり役職についていたり、介護系など供給が
少ない所は別ですが、ある程度年齢がいっているなら、
今すぐ会社を辞める前に考えることはいっぱいあります。

他にも会社を辞めた後にどうするか。

結局転職するのであれば、今度こそ1から仕事を覚えなおし
かもしれないですし、人の名前も覚えていかないといけません。

そういったもろもろの事を含めてどういった行動を今おこなうのかが
一番かを考えることが大事ですが、大抵の場合こうした大きな
決断はすぐにせずに、時間をおいた方がいい
と思います。

また時間を置くことで例えば今からパソコンを使って少しでも副業で
収入を上げたいと思った時にも、いきなり会社を辞めて始めるよりも
色々と生活費がある内に活動出来て、心に余裕が出てきます。

そうは言っても辛い仕事は辛いと思います。

今すぐ会社を辞めたい、本当に余裕がない時は、
会社に行くのが嫌すぎる」の記事もご参考頂ければと思います。


スポンサーリンク



ぺん子「やっぱり今すぐ会社を辞めたいけど、それまでに出来ることがないか他の記事も参考に読んでみるわ。」

ぺんぺけ「人生何とかなるぺけけ〜」

ぺん子「日本じゃお金ないと何とかならずに詰んじゃうわよ。」

は王「今すぐ会社を辞めたい気持ちはよく分かるが、明日にでも辞表をだすとかでなく、週末にでも”会社に行くのが嫌すぎる(サラリーマンを辞めたい)”からゆっくり記事を読んで欲しいと思う。私もガチで辞表だしてから3年以上経つが、まあ何とか今の仕事を続けていたりするもんだよ。やはりどんな環境でも人は次第に慣れていくってことかもしれないな。」



 

今すぐ会社を辞めたい(一個ずつ冷静に考える)関連ページ

会社に行くのが嫌すぎる(サラリーマンを辞めたい)
会社に行くのが嫌になりすぎると、サラリーマンでいること事態がとても嫌になってきます。そんな時ことこの記事を読んで、希望と見つけて欲しいです。
サラリーマンが向いていない(自力で収入源を作るイメージをもとう)
サラリーマンが向いていない人は思いの他います。そんな時に自力で稼げる能力があれば、心に余裕が出てサラリーマンを続けられるかも知れません。
仕事の責任が重い(具体的な現状を考える)
仕事の責任が重い状態が続くと、毎朝会社に行くのが辛すぎる状態になります。現状をしっかり見つめ、今後の人生に対応していきましょう。
人間関係が辛い(職場のストレス)
職場のストレスで代表的なものが人間関係です。克服するのも大事ですが、そういったものが発生しない仕事をするのも視野に入れましょう。
本当に会社を辞めたい(精神論では無理…)
本当に会社を辞めたいくらいに切羽詰まっているなら、本気でそれを実行できる状況にもっていくことが必要でしょう。
仕事が辛すぎる(辛いなら辞めてもいい)
本気で仕事が辛すぎるなら仕事を辞めても構いません。ただし辞める前に知っておいた方がいいことはあります。
仕事中胃が痛い(何度も言うこと)
仕事中胃が痛くて苦しんでいるのは、何かをためているからです。そんな時は思いのたけを何度も言うことも大事になります。
くじけないための処方箋(前向きに意味づける)
言われたことに対してへこむより前向きに意味づけることが、くじけないための処方箋になります。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール