生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

本当に会社を辞めたい(精神論では無理…)

ぺん子「本当に会社を辞めたい。仕事が辛いってこういうことを言うのかしら。」

ぺんぺけ「会社を辞めたら、おいしいものを朝から晩まで食べられるぺけ〜」

ぺん子「そのお金はどこから沸いてくるのかしら。」

ぺんぺけ「なんとかなるぺけけ〜」

本気で会社を辞めたい時は。。。


もう本当に会社を辞めたい。
もう限界、これ以上は無理。

サラリーマンを続けていると会社を辞めたくなるのは
それほど珍しいことではないと思いますが、それでも
本気で辞めたくなる時が、定期的に訪れてくること
かと思います。

こんな本当に会社を辞めたくなった時に、どういった
対処をとっていけばいいのでしょうか。

インターネットでも探してみましたが、これらで見つかる
サイトのほとんどが説得です。

仕事で辛いのは当たり前、怒られるのも当たり前、
それでもみんな頑張って仕事をしている。

それがサラリーマンと言うもの。

こんなよく分からない庶民的な意見がまかり
通っています。

当サイトは違います。人それぞれ色々な人がいる通り、
簡単に仕事が辛い状態を克服できる訳がありません。

特に本気で会社を辞めたいくらいにまで追い詰められて
いるのでしたら、そんな精神論や一般的な話が通じる
はずもございません。

本当に会社を辞めたいと言うのは、本気であり、
説得や励ましなどがもはや通じない状態になって
いることかと思います。

それを想定できないのであれば、上司も失格です。

一般的な会社を辞めたいと言うのは、単なる飲み会の
愚痴であり、本当に会社を辞めたいのとは全く性質が
異なります。

毎日朝起きたら胸が苦しい、吐き気もする、死にたく
なる時もある、精神科にも行ったことがある。

こんな状態が長く続いていて、いよいよ限界になっている。

これが本当に会社を辞めたい状態であり、単なる愚痴と
一緒にされては大いに困ります。

会社が嫌になってきますと、いよいよ生きるのが辛い状態と
なり、生きる意味も見いだせなくなります。

仕事も辛いし、人生も辛い。なんでこんな辛い思いをして
まで生きなきゃならないのかも分からない。

当サイトは最終的には幸せを目指すサイトとなっていますが、
ここまでの状態に陥っては、実際私も陥ったので分かりますが、
幸せ所ではありません。

よってまずは本当に会社を辞めたいくらい辛い状況を、打破
することが必要になります。

そのような状態を打破していくためには、
会社に行くのが嫌すぎる」の記事を
読んで頂ければと思います。

希望なくしては人生はありません。
何かしらの希望を当サイトや「会社に行くのが嫌すぎる
の記事から見つけ出してほしいと思っています。


スポンサーリンク



ぺん子「本当に会社を辞めたいくらいまで追い詰められているのなら、精神論ごときでは立ち直れない所があるわね。」

ぺんぺけ「やっぱりおいしいもの食べて元気をだすぺけけ〜」

ぺん子「食べ物論の話をしている訳でもないのよ。」

は王「本当に会社を辞めたい時は、説得や精神論ではなく、自分の人生が楽に幸せになる方法を考えることが大事になる。そういったことを叶えるのが私がホームページを立ち上げたことでもあるから、仕事が辛いなら”会社に行くのが嫌すぎる”の記事をまずは読んで欲しいと思う。何かしら希望が見えてくるのが、一番嬉しいことになるな。」



スポンサーリンク


 

本当に会社を辞めたい(精神論では無理…)関連ページ

会社に行くのが嫌すぎる(サラリーマンを辞めたい)
会社に行くのが嫌になりすぎると、サラリーマンでいること事態がとても嫌になってきます。そんな時ことこの記事を読んで、希望と見つけて欲しいです。
サラリーマンが向いていない(自力で収入源を作るイメージをもとう)
サラリーマンが向いていない人は思いの他います。そんな時に自力で稼げる能力があれば、心に余裕が出てサラリーマンを続けられるかも知れません。
今すぐ会社を辞めたい(一個ずつ冷静に考える)
今すぐ会社を辞めたい時に冷静な判断は大抵出来ません。後で後悔しないためにも、事前に想定出来ることはしておきましょう。
仕事の責任が重い(具体的な現状を考える)
仕事の責任が重い状態が続くと、毎朝会社に行くのが辛すぎる状態になります。現状をしっかり見つめ、今後の人生に対応していきましょう。
人間関係が辛い(職場のストレス)
職場のストレスで代表的なものが人間関係です。克服するのも大事ですが、そういったものが発生しない仕事をするのも視野に入れましょう。
仕事が辛すぎる(辛いなら辞めてもいい)
本気で仕事が辛すぎるなら仕事を辞めても構いません。ただし辞める前に知っておいた方がいいことはあります。
仕事中胃が痛い(何度も言うこと)
仕事中胃が痛くて苦しんでいるのは、何かをためているからです。そんな時は思いのたけを何度も言うことも大事になります。
くじけないための処方箋(前向きに意味づける)
言われたことに対してへこむより前向きに意味づけることが、くじけないための処方箋になります。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール