生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

仕事の責任が重い(具体的な現状を考える)

ぺん子「ある程度勤めていると、どんどん仕事の責任が重くなってきて、ストレスがたまる一方だわ。」

ぺんぺけ「何とかなると考えたら楽になるぺけけ〜」

ぺん子「ぺんぺけは単に責任感がないだけでしょ!」





逃避だけはやめましょう。。。


仕事の内容がきつすぎる。仕事の責任が重すぎる。

本当に会社をいくのが辛くなる原因として、
仕事の内容が自分には困難すぎるというのがあります。

誰だってできるだけ楽(らく)して働きたいものです。

ある程度自分を成長させるために、目標を立てたりして
仕事をしていくのはもちろん必要になることもあるでしょう。

しかし身近に相談したり、頼ったり出来る上司などが
いないと、どうにもこうにも行き詰まってしまうことになります。

毎日毎日が過酷…手探り状態で仕事をする状態。
トラブルばかりで処理しきれない。

このように仕事の責任が重い状態が続きますと、
気力も失われてきて、うつ状態になっていきます。

私が過去に2度正社員を辞めたのも、仕事の責任が重くて
対応しきれなかったのも原因の1つでした。

仕事がもっと簡単でしたら良かったのですが、入って1年目
とは思えないくらい責任が重い仕事を任され、
毎日毎日帰ってはお酒とネットで逃避するだけでした。

もちろん立ち向かおうと最初の内は頑張っていたのですが、
どんどん責任が重くなっていき、そこに終わりが見えずに
途方に暮れることになりました。

もう本当に会社に行きたくないと思い、そこから2ヶ月も
しないうちに会社を辞めることにしました。

もちろん後先のことなど考えていませんでしたので、
貧困生活は必死でした。

社宅扱いでしたので、寮を出るのは当然で、そこからの
1人生活は本当にキツく、なんとかアルバイトや派遣などで
掛け持ちして生活していたのをよく覚えています。

ですが、仕事の責任が重いのから逃れられ、単に
言われたことをやる仕事は、精神的にはとても楽でした。

あの時はまだ年齢的にも若かったですから、なんとか
再び気力を取り戻して正社員に戻れましたが、今いる
その会社も常々辞めたいとは思っています。

どっちが楽だったかと言われれば、責任が軽くなった
フリーター生活でしたが、今この年齢になると軽率には
辞めていなかったと思います。

おそらく無理して通い続け、うつ診断されて休職する
道を選んでいるでしょう。

もちろん体壊してまで会社に通うのは、何のための
人生か分からないって方もいると思います。

しかしリアルに会社を辞めると、30歳を過ぎている場合、
本当に人生自体が詰んでしまう可能性もあります。

辞めずに倒れてしまえば休職で何とか会社に
籍を残すことも出来ますし、休職中にゆっくり人生を
考え直す
こともできます。

これが精神の安定を求めていきなり退職しますと、無職ということで、
違う意味で精神が疲れてしまうことにもなるでしょう。

どっちの道も辛いですが、過労死するくらいまで追い詰め
られていないのでしたら、仕事の責任が重くてもなんとか
精神科に通いつつ、会社に籍を残すことをお勧めします。

とは言っても、いつまでも辛い状態で会社に通い続ける
ことは出来ません


数年なら我慢出来るかもしれませんが、数十年となりますと、
確実に病んでしまって、それこそ何のための人生か分からなく
なってくると思います。

ここを読まれている方は当時の私か、それ以上に仕事で
追い詰められた状態だと思いますので、「会社に行くのが嫌すぎる
の記事なども参考に、具体的な解決策を出して
いってほしいと思います。

とりあえずお金さえあれば、この日本どうとでも生きていけますので、
生きていくためのヒントを掴んで頂ければと思います。

まずは生きること。そうすれば余裕が出てきて自然と
幸せとかも考えられるようになるでしょう。


スポンサーリンク



ぺん子「なんとか会社に籍だけ残しつつ、打開案を前向きに考えていく必要があるわね。」

ぺんぺけ「仕事終わりにおいしいもの食べ続ければ、毎日幸せだぺけ〜」

ぺん子「逃避はダメって書いてあるでしょ!」

は王「転職などの逃避をしても結局年齢がいくほどそれなりの責任を与えられるようになっていく。そうではなく、自分の今の状態をしっかり見つめ、どうやったら”より楽に”生きていけるかを冷静に考えることが大切だな。中途半端に辞めるくらいなら、本当にうつ診断された方がいい場合もあるので、正社員のハードルの高さをしっかりと見つめるようにしよう。」



 

仕事の責任が重い(具体的な現状を考える)関連ページ

会社に行くのが嫌すぎる(サラリーマンを辞めたい)
会社に行くのが嫌になりすぎると、サラリーマンでいること事態がとても嫌になってきます。そんな時ことこの記事を読んで、希望と見つけて欲しいです。
サラリーマンが向いていない(自力で収入源を作るイメージをもとう)
サラリーマンが向いていない人は思いの他います。そんな時に自力で稼げる能力があれば、心に余裕が出てサラリーマンを続けられるかも知れません。
今すぐ会社を辞めたい(一個ずつ冷静に考える)
今すぐ会社を辞めたい時に冷静な判断は大抵出来ません。後で後悔しないためにも、事前に想定出来ることはしておきましょう。
人間関係が辛い(職場のストレス)
職場のストレスで代表的なものが人間関係です。克服するのも大事ですが、そういったものが発生しない仕事をするのも視野に入れましょう。
本当に会社を辞めたい(精神論では無理…)
本当に会社を辞めたいくらいに切羽詰まっているなら、本気でそれを実行できる状況にもっていくことが必要でしょう。
仕事が辛すぎる(辛いなら辞めてもいい)
本気で仕事が辛すぎるなら仕事を辞めても構いません。ただし辞める前に知っておいた方がいいことはあります。
仕事中胃が痛い(何度も言うこと)
仕事中胃が痛くて苦しんでいるのは、何かをためているからです。そんな時は思いのたけを何度も言うことも大事になります。
くじけないための処方箋(前向きに意味づける)
言われたことに対してへこむより前向きに意味づけることが、くじけないための処方箋になります。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール