生きるのが辛い・しんどい・疲れた時 生きるのがしんどい

他人の目をあきらめる(人は自分を気にしていない)

ぺん子「仕事終わったけど、みんな働いてるからまだ残ってた方がいいかな!」

ぺんぺけ「終わったから帰るぺけ〜!」

ぺん子「ちょっと、みんな働いているのに、そんな堂々と…」

ぺんぺけ「今日は何食べるぺけかな〜!!」





なんのために人目を気にするのか。。。


今日は他人の目をあきらめる、という考え方を紹介します。

他人に悪くみられるより、よく見られたい。
いい人だと思われたい。

多かれ少なかれ、人にはそのような欲があります。

そのために、頼まれたことを限界を超えて引き受けたり、
自分の気持ちと反対に、優しい言葉をかけたり、
平気なふりをしたり、意に反することをする人もいます。

でもそれは、自分に嘘をつくことでもあります。

本当は苦しいと言っているのに他人の目を気にしすぎると、
大切なことを見失いかねません。

そこで、役に立つのが”他人の目をあきらめる”
という考え方です。

実は、他人はあなたが思うほどあなたのことを見ていません。
ちょっと思い出してみてください。

あなたがお友達と写真を撮りました。
デジカメで画像をチェックします。
真っ先に目が行くのは友達?自分?

もちろん自分ですよね。

友達の写真写りが悪くても気にしないはずです。
でも自分の写真写りが悪いと、
なんとも気分が悪くなってしまいます。

よく写るのにこしたことはないですが、
他の人のことはあまり気にならないですよね。

また、時に他人はあなたがうれしい時であろうと、
悲しみに打ちひしがれている時であろうと、
土足であなたの心に入り込むかのように、
好き勝手に言うものです。

その程度のものなのだと、他人の目をあきらめる。

あきらめるとは、悟ってやめることです。

全ての人にいい人だと思われるのは誰にもできません。
自分がすり減るばかりです。

あなたが期待に応えようとしている人は、
いざというとき助けてくれる人ですか?

あなたがピンチになった時、クモの子を散らすように
逃げていく人の期待に、必死になっていませんか。

自分の人生を生きていますか。

「他人の目を気にする」というのは、
他人の価値観で生きるということです。


「私は周りの人と同じようになりたいかなあ。」
と改めて考えてみるのは大切です。

自分がやりたいことをやって、
結果として「いい人だ」とついてくるのはいいのです。

でも、それが逆になってしまったら本末転倒です。

マザーテレサ。彼女は押しも押されぬいい人の代表格です。
でも、彼女のモチベーションは「他人によく思われたい」
ではありませんでした。

最初から、他人の目をあきらめる。そう決めていました。
そうでなければ、あのように大きなことはできません。

彼女のモチベーションは、イエスキリストだったのです。

彼女はイエスキリストから霊感を受けていたと、
書簡集に書いてあります。

彼女が行動をためらっていた際に、イエスの霊感が
このように語りかけたそうです。

「私のかわいいパートナー。私のために動いてくれないのか」

マザーはイエスが大好き。こんなこと言われたら、
動かないわけにはいかないでしょう。

あなたが大好きな人のために行動するとき
100%以上の能力が発揮されるのです。
それが、周りの人を励ますのです。

他人の目を気にするなんて、ナンセンスです。

一度きりの人生です。
自分の成長のため。
大切な人のために
他人の目をあきらめることです。

人の目から解放された時に、あなたの人生は楽になります。

人生が楽になるとプラスの思考が巡ってきて、
人生楽しく」幸せになります。

他人の目に左右されない。
これが、幸せの第一歩かもしれません。


スポンサーリンク



ぺん子「人目を気にするのって余分なエネルギーをいっぱい使ってしまいそうだね。」

ぺんぺけ「明日も早く帰ってご飯食べに行くぺけけ〜」

ぺん子「ぺんぺけほど無神経なのも考えものな気もするけどね。」

は王「空気を読むことも大事だが、それと人目を気にするのは全く持って違う話。過剰に人目を気にしていると、本来自分がやりたいことも出来なくなり、自分が望む人生とは程遠いものになる。自分の人生は自分が主役なので、自分を殺すことが楽に生きられると、勘違いをしないようにすることだな。」



 

他人の目をあきらめる(人は自分を気にしていない)関連ページ

喋るのを諦める(多くの価値観を受け入れて見ましょう)
自分のことを喋るのを諦めることで、多くの人の価値観に触れる機会が増えます。自分を受け入れて欲しい場合はまずは人を受け入れて見ることです。
人生を諦める(肩の力を抜いて見ましょう)
人生を諦めることも出来ますが、少しだけ前向きになれば、180度考えが変わることもあります。少し肩の力を抜いて見ましょう。
周りの評価を諦める(自分らしくあるためには)
前向きに考えることも重要ですが、時には諦めの精神を持って見ると心が楽になれる時があります。
感情のコントロールを諦める(ネガティブな感情も受け入れる)
ネガティブな感情を無理してなくそうとすると、余計に心が苦しむこともあります。そんな時は素直に心に委ねて、感情を受け入れのもいいでしょう。
いい人をやめる(ストレスを抱えると意味がない)
いい人を続けていても、ストレスがたまっていくのであれば、いい人をやめることをした方が幸せになれるかもしれません。
夢を諦める(簡単には叶わない)
時には諦めたくなる時でも、諦めずに突き進む。その結果でも夢は達成されるかもしれないだけなのです。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール