生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

モテるにはどうするか(一撃必殺ではだめです)

モテる男になりたい、でも実際にどうしたらいいかわからない。

恋愛指南書を買ってもいいけど、ありすぎてどれがいいか分からない。

モテる男とは自分の魅力を地道に底上げしていくことです。。。

恋愛と言うのは多くの人が興味を持っている分野で、
特に男性は、性欲のために突き動かされている所があります。
そして、それは数を求めることが多く、

多くの女性から好かれたい=モテたい

と言う願望を多かれ少なかれもっています。

そして、またその願望を満たすかのように、多くの男性向けの
恋愛本が販売されています。

しかも、その本の多くは女性の口説き方やテクニックや、
ホテルに誘う誘導方法などをアピールしています。

しかし、冷静に考えて見てください。

本当にそんなに簡単にうまくいくものでしょうか。

こういった本を買い続けるとどんどんと間違った方向に
行ってしまいます。

本当の良い恋愛本とは、女性の落とし方や、
ホテルの誘い方を強調した本ではなく、
異性をきちんと異性としてみて、
恋愛を通じて自分を成長させていけるように
書いた本だと思います。

もちろん中には本当に「女性を落とす系」の本で、
効果的なものもありますし、実際私も紹介していますが、
考え方で重要なのは、女性とのコミュニケーション能力を高める
ということなのです。

ですので、恋愛は1つの学問と思って間違いありません。

手っとり早くモテたいがために、一撃必殺系の恋愛本を読んでいては、
いつまでたっても女性をホテルに誘えるようにはなりません。
誘えるような気になるだけです。

実際に恋愛を学問として学び、1つ覚えたら即実践し、
失敗したことと成功したことを交互に学んでいく。

人は失敗から学び、成功体験を通じて自信を持っていきます。
モテる男になる為には、自分自身の人間力を磨いていくことが必須になります。

長期的な視野で見る。これこそが数々の女性をホテルに誘えるようになる
最強のモテるテクニックかも知れません。

実際にそのような野心を抱かなくても、モテるようになるというのは
スキルの一種ですので、一旦身に着くと一生ものの能力になります。

ですので、モテる男になるためには、モテる知識を学び、即実践し、
失敗と成功を重ねることを1〜2年続けることだと思います。

では具体的には、どのように自分を磨いていけばいいのか。

間違った方向に行かない為にも、
正しいモテ方」をご参考下さいませ。




スポンサーリンク



ぺんぺけ「おいしい食べ物屋を見つけるコツは、本を鵜呑みにするのではなく、コツコツと自分の足で店に運んで食べ続けることだぺけ〜」

ぺん子「ぺんぺけは毎日にようにお店に行ってるから、努力家よね!」

は王「何事も習得しようと思えば、継続して長期的なスパンでみることが重要だな。当サイトはマインドを変えることを最終目標としているが、それも重要なのは継続して実践することなんだな!」








 

モテるにはどうするか(一撃必殺ではだめです)関連ページ

恋愛どころではない(そんな時こそ異性を見つめなおして見よう(男性向け記事))
人生異性どころじゃない時でも、異性を忘れないでそのパワーを授かるということ。こういったマインドを一度ゆっくり見つめて見るのもいいかもしれません。
モテるメリット(人生を幸せに導ける効果)
異性に必要とされることにより、幸せマインドを素直に受け入れられるようになる可能性は格段にあがります。
正しいモテ方(間違った方向に行かないようにしましょう)
間違った方向に進めば、どんどんと異性を遠ざけます。多くの異性から好かれることは、自分の自信を取り戻せます。
恋愛指南書の比較(なりたい自分をイメージしましょう)
お勧めの指南書はいくつかありますが、何を重視するかによって違いが出てきます。レビューを参照に一番興味を惹かれたものを選んで頂けたらと思います。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール