生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

ストレスと解消法のレベルを合わせる(コーピング)

ぺん子「ストレスが溜まった時は、やっぱり甘いものを食べたいわね!」

ぺんぺけ「そこは、お酒に限るぺけ〜」

ぺん子「ぺんぺけお酒飲むんだったっけ?」

ぺんぺけ「お肉を食べに行くぺけけ〜」

ぺん子「なんかごまかされたような気が…」





ストレスレベルによる、ストレスの発散。。。


あなたにとってのストレス解消法とは
なんでしょうか。

ストレスは、さまざまな疾患の要因
とされています。

もちろん、それが全てではありません。

しかし心身症などは、ストレスが要因
とされている症状です。

そのため人生を生きやすくするためには、
ストレスを取り除き緩和していくという
ことが、重要になってくるのです。

しかし、今を生きている私たちの生活から
ストレスを取り除くことはほぼ不可能。

常に、強烈なストレスと向き合いつづけ
なければなりません。

ストレスが避けられないということであれば、
向き合い、それを緩和できる対策を講じ
続けることが大切です。

今、話題となっているのがコーピングです。

コーピングは、自分にとってのストレス
解消法を書き出し、それを実践していく
自分でできるストレス緩和方法のひとつです。

方法は簡単で、ストレス度合いに応じて、
どんな解消法を実践するのかということを
書き出して、実践するだけです。

例えば、カラオケがストレス解消だっとします。

しかし、何が何でもカラオケで解消
ということではありません。

10段階にストレスレベルを設定し、5であれば
カラオケ…というように、そのストレスレベルに
応じた解消法をしてみるということなのです。

そこまで強いストレスでなければ、カフェで
コーヒーとチーズケーキ、そこそこのストレス
であればラーメンとビール。

こんな感じでそれに合わせた解消法を
繰り返していくと、ストレスを受けた時に
「今日はどんな解消法かな?」と思い、
以前ほどストレスだけに集中すると
いうことが無くなります。

こんな簡単なことで、と思うでしょう。

しかしストレスレベルが違うのに、解消法
は常に一緒であるという生活を続けると、
全てが辛いストレスに感じてしまいます。

どんなに元気で健康な人であっても、
強烈なストレスを感じます。

しかしストレス耐性が強い人というのは、
そのストレスレベルと解消法のバランスを、
良く知っているのです。

そのレベルを合わせることを意識するだけで、
普段なら、「今日も嫌な日だった」と
思っていた事例も、「ランニングで解消
できるな」と思えるようになるのです。

明日、明後日で気持ちが切替えられる、
そういった話ではありません。

しかし実践しているか、
否かで人生は大きく変わってきます。

もちろん心底から人生を変えたい、
人生を幸せにしたいというのでしたら、
また方法が変わってきますので、
本当に幸せになるためには」から
読んでみるといいでしょう。



スポンサーリンク



ぺん子「レベル10は、海外旅行かしら。」

ぺんぺけ「ステーキと、焼き鳥と、ラーメンだぺけ〜」

ぺん子「それはそれは、ふくよかなお腹になるでしょうね…」

は王「ストレスが溜まった時はこれって言うのを持っている人は多いと思うが、段階に分けていくつかもつことを考えてみるのも、自分のストレスが把握できて、またいいものだろうな。」



 

ストレスと解消法のレベルを合わせる(コーピング)関連ページ

心の病気(まずは心の病と向き合おう)
当サイトでは心の病気と向き合って、積極的に治していく方法も記載していますので、ぜひ読んでみてください。
体の健康と心の健康(心の健康も意識しよう)
いかに体が健康でも、心が健康でなければウツになります。両方の健康を意識していきましょう。
病気は体のメッセージ(心に耳を傾ける)
心のメッセージを放っておくと、やがて心身は滅びていくでしょう。
自分デーを作る(やっぱり自分が大切)
自分を大事にすることで、幸せな気持ちになれるものです。
体内時計を整える(心の幸せの基本)
朝に起きて、夜に寝るのは、心の幸せの基本となります。
正解は一つじゃない(どの選択をするか)
複数の選択の中、どれを選んでも人は幸せになれるものです。
花を見に行きましょう(エネルギーを与える)
美しい花を見ることで、心は洗われるものです。
占いに振り回されてしまう(占いの活用とは)
占いは、よい人生をもたらしたいがためにあるはずだと自覚すべきです。
相手にしてもらえない(どういう自分になるか)
相手にしてもらえない時にどういう対応をするかで、その後の人生が変わるでしょう。
人がうらやましい(人は人自分は自分)
どんな与えられた人でも、誰かのどこかを羨ましいと思うものです。
すぐにへこんでしまう(忘れようとしない)
すぐにへこむことを責める必要は、本来ないのです。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール