生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

もう限界(永遠には続かない)

ぺん子「もう限界。こんな細かい仕事やってられないわ。」

ぺんぺけ「じゃあほったらかして、ご飯食べに行くぺけ〜。」

ぺん子「ぺんぺけみたいにそこまで無責任にはなれないわさすがに、でも限界…」





視点を変えてみよう。。。


やってもやっても終わらない仕事。
何度言ってもわかってくれない人。
体力的につらくてたまらない。
自分だけつらく当たられているような気がする。

孤独と体力の限界を感じ、ただこの場所から逃れたい。
朝が来るのが怖い。永遠に眠り続けたい。もう限界だ!

そんな風に思った時に人は死にたくなるのかもしれません。

しかし、歴史を見てみると自分よりひどい目にあったり
ひどい境遇にあった人も多くいます。
そして、望みを捨てずに立ち直った人もいます。

だからもう限界だ!と思った時には
「本当に限界なのか?何か方法はないのか?」
と自分に問いかけてほしいのです。

あの人にはできるけど、私にはできない。
そう思うかもしれません。ですが、一度自分の限界という
枠を取り払ってみましょう。

もし自分が何でも解決できるスーパーマンだとしたら、
今の問題にどう取り掛かるだろう。
そのように考えることで、考えの幅が広がってくるのです。
ギリギリいっぱいになってしまった時、考えの幅を広げましょう。

本を読んだり、誰かに話したり行動を取るのです。
「それもそうかもしれないな。」
と多少納得するまで行動を取りましょう。

今あなたが「もう限界だ!」と感じているとしたら、
それはあなたが問題と一体化しているからかもしれません。
大きな餅の中で、そこから抜け出そうとしている人を
イメージしてみてください。

まずは餅に包まれて抜け出せない人になってみましょう。
次に、まずは視点を変えてそれを見ている人になりましょう。

視点を変えるとどうするべきなのか不思議と見えてきます。
これは身近に頼れる人がいなくても、自分の力で行える
解決法の1つです。

人生を振り返って考えてみると、もう限界だなんて
何度も思ったことがあるはずです。

でも、今こうして生きているということは、何度も乗り切ってきた
という証拠です。

「この問題は何とかして乗り切れる」
「この問題は永遠には続かない

そう考えてみることです。

かかる時間は同じかもしれませんが、精神的な負担は
大分軽減されるでしょう。

自分を追いつめて、悲劇の主人公になったところで
現実は甘くはありません。
ドラマのように励ましてくれる人が、タイミングよく
登場することもありません。

それならどうするのが現実的かというと
周りに助けを求めて、自分を理解してもらい、
時には自分が相手を理解して、
助けてもらえる人になることです。

いい人間関係を築きましょう。
もうダメだ。もう限界だ、と思った時にこそ
それがあなたの力になってくれます。

それでもどうしても辛い時は「本当に楽になる為には」の
記事もご参考くださいませ。


スポンサーリンク



ぺん子「やっぱり明日の朝やろうかな。すっきりすると考えも変わるかもしれないし!」

ぺんぺけ「ここをこうしたらいいぺけ〜」

ぺん子「あっほんとど!なんかすごくいい感じになった!!」

は王「誰か違う人の視点から見ると、その限界はそんなに辛くなかったりもする。普段から人脈を築き、視野を広げることをしておくといいな。」



 

もう限界(永遠には続かない)関連ページ

人生終わった(望みを捨てない思考を持つ)
本当に終わった時でも前に行動するあなたに、人は感動するのです。
人生詰んだ(それでも切り開かれていくものです)
どんなに悲惨で人生詰んでも、沈み続ける人生はないものです。希望を持てなくても、とりあえず今を生きましょう。
人生つまづいた(やっぱり前を見る)
時には人生つまづくこともありますが、やっぱり進むしかない時も多くあります。
つまらないことばかり(現状を分析する)
ずっとつまらない状態が続いていても、人はその中でも楽しいことを見つけようとしていきます。
貧困からの脱出(自分に出来ること)
支出を減らすだけでなく、どうやって収入を増やすのか。また心の健康を保つことも、貧困からの脱出に必要となります。
無気力(本当に欲しているものを見つける)
無気力を長い期間感じていると人生そのものが分からなくなりますが、そんな時は自分が欲しているものを見つけてみましょう。
行き詰りやすい性格(解決できた人はいる)
行き詰まりやすい性格はなかなか直せませんが、人を頼りにしてでも解決していくことで、徐々に改善されていくことでしょう。
心の病気(まずは心の病と向き合おう)
当サイトでは心の病気と向き合って、積極的に治していく方法も記載していますので、ぜひ読んでみてください。
派遣で一人暮らし(道は動き出すことで開ける)
派遣で一人暮らしでも絶望的になることはありません。
苦しいときに(苦しみは成長させてくれる)
苦しい時でも耐えて笑うことで、幸せを引き込むことができます。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール