生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

体の健康と心の健康(心の健康も意識しよう)

ぺん子「こうも毎日残業続きだと、心が病んでくるってものだわね。」

ぺんぺけ「美味しいものを食べて回復するぺけ〜」

ぺん子「ぺんぺけは単に残業せずに帰ってるだけでしょ!」





体と心の健康は密接している。。。


あなたは体の健康に気を付けていますか?

風邪をひいたら薬を飲んだり休んだりしますし、
お腹が痛くなったら温めたり、薬を飲んだりしているし、
時々運動もしている…。

今、「もちろん」という声が聞こえました。
体は見えるから対策が取りやすいですね。

それでは心の健康はどうでしょう。
心の健康、と聞くとストレス解消を思い浮かべるでしょうか。

ストレスはお酒で解消しているし、
甘いものを食べて忘れるようにしているし、
たばこを吸ったりして一息ついたりするし、
友達に話したり…、カラオケやスポーツで発散できてるし!

中にはストレスクリニック等に行ったりしている方も
いらっしゃるかもしれませんね。

お酒や甘いものは適量ならいいのですが、
度を過ぎると体の健康を害してしまいますね。
症状が重くなれば病院へ行かなければならないし、
薬も量が増え、薬物依存になることもあります。

あなたが取っている解決法は根本的な解決に
なっているでしょうか。

ガンになって完治しても生活習慣を改めなければ
簡単に再発してしまうように、心、つまり考え方も
習慣を改めなければ
何かの拍子に、簡単に元に
戻ってしまいます。

話す時に頬杖をつく、歩き方、姿勢…
体のくせや習慣はわかりやすいですが、
考え方のくせ、と聞くとイメージしづらいかもしれませんね。

直さなければいけない、考え方のくせ、なんてあるの?
と思いますよね。

考え方のくせ、つまり、このときはこうだ、とパターン化されている
考えのことです。考え方の傾向とも言えます。

例えば怒られたら「私ってダメね」と思うのか、
「見込みがあるから注意されたんだ。次は気を付けるぞ」
と思うのか。悲観的にとらえるのか、前向きにとらえるのか。
あなたはどちらが多いですか。これも心のくせです。

私たちは1日に15000回思考を繰り返しているそうです。
自分で自分に語りかけています。
あなたはいつも、自分にどんな質問をしていますか。
例えば、何かうまくいかないことがあった時

「どうしてうまくいかないんだろう?」
「どうやったらうまくいくんだろう?」

どちらも欲しい結果は同じなのに、心にははっきりとした差が出ます。

体内に入るものはそれがどういった質のもので、どんな影響を
体に与えるのかよく考える人が多いですが、自分にしている
質問がどういった質のもので、どのような影響を自分に与えて
いくのか気づいている人はあまりいません。

あなたがしている質問は、あなたにパワーを与えてくれますか?

体が健康でも、心が健康でなければ行動し続けることはできません。
心の健康にも気を配っていきたいものです。

体の健康と心の健康がそろってこそ、幸せな人生
歩めるようになります。


スポンサーリンク



ぺん子「体の健康と心の健康をバランスよく保つことが、やっぱり大事ってことね。」

ぺんぺけ「どっちも食べ物で何とかなるぺけ〜」

は王「心と体は密接していてどちらかがダメになっても、うまくはいかないもの。体の健康と心の健康をバランスよく保っていきたいところだな。」



 

体の健康と心の健康(心の健康も意識しよう)関連ページ

心の病気(まずは心の病と向き合おう)
当サイトでは心の病気と向き合って、積極的に治していく方法も記載していますので、ぜひ読んでみてください。
病気は体のメッセージ(心に耳を傾ける)
心のメッセージを放っておくと、やがて心身は滅びていくでしょう。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール