生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

人生に疲れた時から立ち直る(自分に癒しを与えよう)

ぺん子「(ノ_-;)ハア…毎日毎日大変でいよいよ人生に疲れたわ!」

ぺんぺけ「おいしい物食べて、ゆっくり寝たら元気がでるぺけ〜」

ぺん子「そんな単純なことで、疲れは回復しないわよ〜」

ぺんぺけ「何とかなるぺけけ〜」





体と心の両方のメンテナンスをしよう。。。


1日の仕事が終わって、暗い気持ちで外へ出るドアを開けました。
明日は残業確定です。
立て続けの行事。やらなければいけないことはてんこもり。
できるかどうか自信がない。

「人生に疲れた…」

朝起きて、
「あぁ、今日も会社に行かなくちゃ」
「失敗したらどうしよう」
考えるだけで不安になって
涙まで出てきます。

やっとの思いでバスに乗って、会社へ歩く。
横断歩道で信号待ちをしている時
「飛び込めば逃げられる」
そう思いつつ勇気が出ませんでした。
これは、1年前の私の話です。

結論から言うと、そんな勇気いりません。

疲れるのは当たり前。
それに、「人生に」とついてしまうのは
なぜなのでしょう。

1つは、あなたが疲れていることです。
疲れすぎていると、脳は
「休んでほしい」
と命令を出します。

しかし、理性で休まないままでいると
思考回路が正常に働かなくなり
「人生に疲れた」
と思ってしまうのです。

ところであなたは 四六時中「人生に疲れた」と思っていますか。

時間、場所、どんな時、体調、一緒にいる人・・・
傾向を分析してみましょう。
体調が悪いとき、マイナス思考になるのは当然なのです。

女性なら、生理前でホルモンバランスが乱れていたり
男性なら、食べ過ぎで胃もたれしていたり、
そんな時、前向き思考でいるのはなかなか難しいです。

上司に怒られた。人間関係が嫌。
仕事をやめれば済むはずなのに
やめられない、と自分で思い込んで

人生に疲れた。

となってしまうのです。

人生に疲れた、と思うのは、
あなたがここまで頑張ってきた証拠でもあります。
社会で働くと、人から褒められる機会は少なくなってしまうからこそ
自分で自分をほめることが大切です。
1日がんばったら、ごほうび。
1週間がんばったら、ごほうび。

がんばっている自分を認めてあげましょうよ。

週末を目指す生き方だっていい。
それがだんだん、変わっていくはずですから。

悩んだとき、自己啓発書を読むのもいいですが、
それより簡単なのは

「姿勢を変えること」です。

心の姿勢ではなく、体の姿勢です。

人生に疲れた、と思う時
どんな姿勢を取っていますか。

うなだれて、視線は下の方、猫背、とぼとぼ歩く

そんな姿勢ではないでしょうか。

今から説明する姿勢を実際にとってみてください。
まず、肩幅に足を開いて立ってみましょう。
そして、両手を腰に当てて、スーパーマンのポーズをとります。
視線は少し上の方。

これで、人生に疲れた・・と考えてみてください。
おそらく、考えることは難しいと思います。

この姿勢を取っているスーパーマンは
きっと自信にあふれているはずです。
その姿勢を真似するだけで、あなたにも自信と勇気が湧いてきます。

お笑いを見るのもお勧め。

「あれ、なんで悩んでたんだっけ。」

と思いますよ。

他には

自然に触れること。
温泉に行くこと。
一人でじっくり考える時間を取ること。
内向きになりすぎないこと
パワーをくれる誰かに会うこと。

もお勧めです。
体だけでなく、心のメンテナンスも大切に、
自分を大切に過ごしていきましょう。

もちろん当サイト推奨の「幸せマインド」を
手に入れることも重要です。


スポンサーリンク



ぺん子「パワーをくれる誰かか〜。ぺんぺけ一緒にご飯でも食べに行こっか〜!」

ぺんぺけ「なら最近できた、海鮮料理を食べに行くぺけけ〜」

ぺん子「ぺんぺけってヘルシー路線も行けるのね!」

は王「自分にとって癒されるもの。パワーを与えてくれるものを把握しておくことは、大事なことの1つなんだな。もちろんそれよりも、日々疲れない思考を持って、小さなことでも幸せを喜びを感じられるようになれば、人生に疲れることもどんどんと減っていくだろう。」



 

人生に疲れた時から立ち直る(自分に癒しを与えよう)関連ページ

最初に読んで欲しいページ(夢も希望も必要なんてありません)
別に人生がんばる必要も、夢も希望も必要なんてないはずです。
人生がつまらない(それを嘆くこともありません)
人生を面白くする必要なんて誰が決めたルールでしょうか。つまらない人生でも満足出来るかどうかは思考次第かも知れません。
満足の水準(生活水準を下げて見よう)
生活水準が低くても、満足の水準が低かったら、十分満足できます。
人生の目標(生きる目標はなくても幸せになれます)
目標のない人生でも、幸せに生きることは十分できます。そして、目標は決めることではなく、勝手に決まることかも知れません。
人生に疲れた(ネガティブとマインド変化の共存)
人生に疲れた。日々の人生に疲れたとしても、どこかに突破口はあるかもしれません。どんな時でも、幸せを意識することが、人生を楽しく生きるコツにつながるかもしれません。
人生が苦しい(生きることは苦しいことなのか)
人生が苦しい本当の理由は何なのでしょうか。少しだけ思考のトレーニングをして見ませんか?
人生に絶望(何を言われても、言い訳ばかりで否定的な人生)
人生に絶望するのは簡単ですが、その世界はあなただけの思考だと言うことを受け入れることが出来たなら、180度変わった人生も簡単に見えてくる出しょう。
人生に希望が持てない(本当に必要な心とは)
人生に希望が持てない時もあります。たった1つの習慣を変えるだけで、希望がない人生すら幸せを感じることが出来るかもしれません。
人生きつい(乗り切れる自分の方法を作ってみよう)
人生きついですが、皆さまギリギリ乗り切ってきたことだと思います。そんな時、何で自分を立ち直らせることができたのか。そのパターンをいくつか作って頂ければと思います。
その日暮らし(その日暮らしから抜け出すには)
いつまでもその日暮らしに甘んじることなく、計画を立てれば1〜2年で普通にその日暮らしから抜け出して、それなりの生活を歩むことができます。
堂々としてなさい(まっすぐに堂々とするのです)
何も恥じることはありません。自分の行いにたいして、堂々とするようにして見ましょう。
片思いがしんどい(皆その経験を味わっています。)
片想いは強くなりすぎると叶わないもの。恋のバランスを保つために、相手との想いを均衡化して育んでいきましょう。
うつで眠れない(1歩前進してみましょう)
心が苦しい時。ウツかなって思った時は早めに対処するのが重要かもしれません。
精神的に辛い(好きなことをイメージする)
嫌なことや辛いことが続くと、誰もが精神的に辛い状況になってしまいます。しかし、どこにフォーカスするかによって状況を変えることは出来ます。
日本に生まれた段階で恵まれている(良い点を見つめよう)
日々のストレスや不満を感じても、それでも日本は幸せな国と言えるでしょう。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール