生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

人生きつい(乗り切れる自分の方法を作ってみよう)

ぺん子「人生って、うまくいかないし、楽しいこともないし、生きてるだけで嫌になるわ。」

ぺんぺけ「おいしいもの食べて、お昼寝したら幸せになれるぺけ〜」

ぺん子「そんな単純な思考をもてれば、もっと楽になれるのにな〜!」





少し違った角度で考えて見よう。。。

  • もう人生きつい。
  • 仕事もうまくいかないし。
  • 何しても楽しくないし。
  • 大変なことばかり頼まれるし。
  • 周りの人は私をイライラさせるし。
  • もう全部イヤ!
と、キレそうになったことが私もあります。

でも、人生がきついのではなく、
自分が人生をきつくしていたんだ、と最近気づきました。

心理学者の巨人と言われる、
アルフレッド・アドラーは“人生がきつい”
と言っている人の様子を次のように例えました。

あなたの前に高さが1メートル50センチくらいの
戸口があります。
この戸口を通り抜けるために、どうしたらいいでしょうか。

1 まっすぐ進む

2 背中を曲げて入る。

1の方法をとると、横木に頭をぶつけて痛い思いをします。

2の方法ならスムーズに入れますね。

実際に戸口があったら、まず2の方法を取るでしょう。

でも、人生の出来事においては、1の方法を取り、
こんなところに横木があるのが悪い。
正しいのは私だ。と言って、
背中を曲げようとしないのです。

あなたの人生きついという解釈は、
誰にでもあてはまる正しいものでしょうか。

ひょっとしたら、ちょっと姿勢を変えるだけで、
いい方向へ向かうかもしれません。

あなたが人生きついと思ったのは、
つらい出来事があったからでしょうか。

でも、今のあなたがあるのは、ここまで成長してこられたのは、
過去の大変な出来事を乗り越えてきたからだと思います。

牧師さんから聞いた話です。

「人生はジグソーパズルのようなもので、
全部組み合わせればきれいな絵が完成するのです。

例えば、それが真夏に咲くひまわりだったとします。

ピースには、土、空、花、のピースがあります。

神様はあなたにピースをひとつ渡します。
あなたは、それをパズルにはめ込みます。

土のピースは、ちょっとしんどいピース。
いらない、と言って捨ててしまうと、
神様はあなたにまたそのピースを

『ちゃんとはめなさい。』

と言ってもう1度渡してくれます。

でも、受け取ってちゃんとはめると
神様は試練のピースを二度と渡さなくなるんだよ」

という話でした。

試練のピースは二度と渡さない。

これを心に繰り返して、なんとか乗り切ったことがあります。

それと、人生きつい、と心の中で繰り返していると
それが強化されて、ますますきつくなってしまうのも事実・・・

簡単に気分を変えられる方法を一つご紹介します。
それは、語尾を変えることです。

人生きついでござる。

人生きついぴょん。

人生きついナッシー!!!

言っている間に馬鹿馬鹿しくなってきます。

気分を変えて、このきつさは自分の宝物になる。
そう信じて1日1日歩んでいくことが大切!

でも、本当に キツイ、死にたいと思ってしまうような切実な時は

うつ病かもしれない

などの記事もご参照ください。

辛い時に、無理して元気になろうとすると、
余計に辛くなることがあります。そして、

一人で悩まないことも大切です。

私もまだまだ自信がないですが、
一歩一歩進んでいくことが力になっていくと信じています。
一緒に歩んでいきましょう^^


スポンサーリンク



ぺんぺけ「やっぱりおいしいもの食べて、お昼寝することが元気が出る秘訣ぺけ〜」

ぺん子「どこにもそんなこと、書いてなかったような…」

は王「辛い時に元気を出す方法は色々あるんだが、自分の気持ちに反して、明るく考えようとすると、余計に胸が苦しくなってしまうこともある。時間を決めて、今から1時間だけはへこむけど、その後20%だけ立ち直るとかでもよい。ポジティブ思考を無理しすぎないのも重要なんだな。」





 

人生きつい(乗り切れる自分の方法を作ってみよう)関連ページ

最初に読んで欲しいページ(夢も希望も必要なんてありません)
別に人生がんばる必要も、夢も希望も必要なんてないはずです。
人生がつまらない(それを嘆くこともありません)
人生を面白くする必要なんて誰が決めたルールでしょうか。つまらない人生でも満足出来るかどうかは思考次第かも知れません。
満足の水準(生活水準を下げて見よう)
生活水準が低くても、満足の水準が低かったら、十分満足できます。
人生の目標(生きる目標はなくても幸せになれます)
目標のない人生でも、幸せに生きることは十分できます。そして、目標は決めることではなく、勝手に決まることかも知れません。
人生に疲れた(ネガティブとマインド変化の共存)
人生に疲れた。日々の人生に疲れたとしても、どこかに突破口はあるかもしれません。どんな時でも、幸せを意識することが、人生を楽しく生きるコツにつながるかもしれません。
人生に疲れた時から立ち直る(自分に癒しを与えよう)
人生に疲れた時は、体が疲れていることがほとんどです。体をいたわり、肉体から回復していくことが、精神の回復につながる場合も多いです。
人生が苦しい(生きることは苦しいことなのか)
人生が苦しい本当の理由は何なのでしょうか。少しだけ思考のトレーニングをして見ませんか?
人生に絶望(何を言われても、言い訳ばかりで否定的な人生)
人生に絶望するのは簡単ですが、その世界はあなただけの思考だと言うことを受け入れることが出来たなら、180度変わった人生も簡単に見えてくる出しょう。
人生に希望が持てない(本当に必要な心とは)
人生に希望が持てない時もあります。たった1つの習慣を変えるだけで、希望がない人生すら幸せを感じることが出来るかもしれません。
その日暮らし(その日暮らしから抜け出すには)
いつまでもその日暮らしに甘んじることなく、計画を立てれば1〜2年で普通にその日暮らしから抜け出して、それなりの生活を歩むことができます。
堂々としてなさい(まっすぐに堂々とするのです)
何も恥じることはありません。自分の行いにたいして、堂々とするようにして見ましょう。
片思いがしんどい(皆その経験を味わっています。)
片想いは強くなりすぎると叶わないもの。恋のバランスを保つために、相手との想いを均衡化して育んでいきましょう。
うつで眠れない(1歩前進してみましょう)
心が苦しい時。ウツかなって思った時は早めに対処するのが重要かもしれません。
精神的に辛い(好きなことをイメージする)
嫌なことや辛いことが続くと、誰もが精神的に辛い状況になってしまいます。しかし、どこにフォーカスするかによって状況を変えることは出来ます。
人生がつらくて動悸がとまらない(普通のことです)
人生がつらくて動悸がしても、それほど珍しくなく一般的なことが多いです。
日本に生まれた段階で恵まれている(良い点を見つめよう)
日々のストレスや不満を感じても、それでも日本は幸せな国と言えるでしょう。
人生の闇を払う方法(たった1つの方法)
闇を払うのに必要なのは、少しの光なのです。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール