生きるのが辛い・しんどい・疲れた時

人がうらやましい(人は人自分は自分)

ぺん子「自分の才能がないと思うと、何でもすぐに出来る人が羨ましいわ。」

ぺんぺけ「褒められても困るぺけ〜」

ぺん子「全くもってぺんぺけのことは褒めてないわよ!」

ぺんぺけ「ぷんすこぷんすこだぺけ〜」





人は人自分は自分。。。


人がうらやましいと思っていませんか?

人がうらやましいと思っている人は、何かにつけて
やっていることが良く見えてしまいます。

反対に自分がやっていることが、どうしても陳腐
なものに思えるのです。

あの人の仕事はいいな、あんな生き方がいいなって、
すごくうらやましくなるのです。

そんなあなたは自分に自信がないのでしょう。

人がうらやましいと思っているのはあなただけではありません。

みんな自信満々にやっているように見えると思いますが、
そんなふうに見えるようにみんながんばっているのです。

何をやっても人と同じようにできないと思っていませんか?
そんなことはありません。自分が思うほど人はそれほど
気にしてないですよ。

人がうらやましいと思っていても、人は人、あなたは
あなたでしょう。今までがんばってきたじゃないですか。

自信を持ってください。あなたは素晴らしいのです。

もう少しの辛抱で、もう少しの努力で今よりもっと
楽しくなりますよ。あなた自身ががんばっていることに
気づいてください。

人がうらやましいと思っているあなたは、どうして人と
同じことができないのだろうと思っているのではないですか?

それでも、それに向かって努力をしているのではないですか。
その努力がきっと報われますよ。

すぐにできる人、すぐにできなくてもできるように努力する人。
あなたはその後者かもしれません。

それでも、一度身につけたらすぐにできる人よりも
きっとうまくできていますよ。

努力して身につけたものですからそれは一生ものです。
そんなたいしたものではないと思わないでください。

どんな小さなものでもマスターしたのですから、
あなたの宝物だと思いましょう。

どうか人がうらやましいなんて思わないで。あなたも
素晴らしいのです。周りの人もあなたがうらやましいって
思っているかもしれませんよ。

いつも人がうらやましいって思っていないで、
自信を持ってください。

じっと目を閉じて今の自分を見つめてみましょう。
何かできるはず、何か工夫ができるはずなのです。

何をしてもうまくいかない、そんなことは誰にでもあることです。

いつもうまくできない、人と同じようにできない、あなたが
そう思っているだけです。大丈夫、あなたはできますよ。

もう無理だなんて投げ出さないでください。

あなたはきっとできますよ。

もう一つだけ言わせてください。

あなたのこれまで歩んできた道を大切にしてください。
あなたのこれまでのがんばりを信じてください。
あなたにはあなただけの素晴らしさがあるのです。

人は人、あなたはあなたですよ。

自分愛せるようになれば、「幸せマインド」は
自ずと身に付くのです。



スポンサーリンク



ぺん子「遅咲き派だと思えばいいのね!」

ぺんぺけ「問題解決したところで、ご飯いくぺけ〜」

ぺん子「問題解決してなくても、仕事が残っていてもぺんぺけはご飯優先でしょ!」

は王「人が良く見えることもあるが、自分を受け入れて愛さない限り、いつまでたっても幸せは訪れてこないので、前向きに考えたいところだな。」



 

人がうらやましい(人は人自分は自分)関連ページ

心の病気(まずは心の病と向き合おう)
当サイトでは心の病気と向き合って、積極的に治していく方法も記載していますので、ぜひ読んでみてください。
体の健康と心の健康(心の健康も意識しよう)
いかに体が健康でも、心が健康でなければウツになります。両方の健康を意識していきましょう。
病気は体のメッセージ(心に耳を傾ける)
心のメッセージを放っておくと、やがて心身は滅びていくでしょう。
自分デーを作る(やっぱり自分が大切)
自分を大事にすることで、幸せな気持ちになれるものです。
体内時計を整える(心の幸せの基本)
朝に起きて、夜に寝るのは、心の幸せの基本となります。
正解は一つじゃない(どの選択をするか)
複数の選択の中、どれを選んでも人は幸せになれるものです。
花を見に行きましょう(エネルギーを与える)
美しい花を見ることで、心は洗われるものです。
占いに振り回されてしまう(占いの活用とは)
占いは、よい人生をもたらしたいがためにあるはずだと自覚すべきです。
相手にしてもらえない(どういう自分になるか)
相手にしてもらえない時にどういう対応をするかで、その後の人生が変わるでしょう。
すぐにへこんでしまう(忘れようとしない)
すぐにへこむことを責める必要は、本来ないのです。

トップページ 当サイトの目的 プロフィール